【必見】Zoomが重い・遅い・止まる!確認すべき9つの原因と改善策まとめ

  • Pocket
  • LINEで送る
Zoomが重い・遅いときの解決方法を解説する先生と喜ぶ女性

Zoom(ズーム)はビデオ会議やミーティング、オンライン授業をはじめ、プライベートでも手軽に利用できる便利なツールですよね。

その一方で、実際に利用していると、

  • とにかく動きが重い…。
  • 映像が遅くてカクカクする。
  • 画質が悪くて見えにくい。
  • 映像が止まることもある。

と、いうようにZoomの利用に支障をきたし、ストレスが溜まっている…という人も多いのが事実です。

悩む女性

大事な会議や授業中にサクサク快適に利用できないのは本当に困るわよね…。

そこで当ページではZoomが「重い・遅い・止まる」と感じる原因とその改善策をわかりやすく解説していきます。

説明する男性

順々にチェックしていくことで、自分にとって最適な改善策が見つかるでしょう。

Zoomが重い・遅いと感じる9つの原因と改善策

Zoomが快適に利用できない原因として以下の9つが考えられます。

  1. 通信制限にかかっている。
  2. 大人数で利用している。
  3. CATV回線のインターネットを利用している。
  4. ネット回線が混雑している。
  5. 利用しているWiFiの強度が弱い。
  6. 電子レンジと併用している。
  7. 他のソフトやアプリも同時に利用している。
  8. 端末側(スマホやPCなど)に問題がある。
  9. 通信障害が発生している。
説明する男性

それぞれの原因に最適な改善策も合わせて紹介していますので、順々に確認していきましょう。

原因1.通信制限にかかっている。

携帯ショップなどで契約したスマホやタブレットを使ってZoomを利用している人は、通信制限にかかっていて重く感じている可能性があります。

通信制限にはかかっていないという人は次の原因を確認する

au・docomo・SoftBankなどで契約したスマホやタブレットは基本的に毎月使える通信量(ギガ)に制限があります。

例えば、docomoの「ギガライト」と呼ばれるプランを契約している場合、月々に利用できる通信量は最大GBです。

そして、ひと月のうちに7GB全てを使い切ってしまうと、通信速度の制限がかかってしまいます。

説明する男性

通信制限がかかると、速度が低下するためZoomをサクサク快適に利用することが難しくなるのです。

※テザリングを利用している人も要注意!

スマホやタブレットで直接Zoomを利用していなくても、テザリングを使ってノートパソコンでZoomを利用している場合は要注意です。

テザリングはスマホやタブレットで契約している通信量を別の端末にシェアできる便利な機能です。

ですが、テザリングを使ってノートパソコンなどでZoomを利用するとあっという間に通信制限になってしまいます。

説明する男性

スマホよりもノートパソコンの方が画面サイズも大きくなるので、通信量の消費も多くなります。

それでは、通信制限にかかってZoomが快適に利用できていない人向けの改善策を確認していきましょう。

【改善策1】通信量を追加購入する。

一番早い改善策は、お使いのスマホやタブレットの通信量を追加で購入することです。

説明する男性

通信量を増やすことができれば、通信制限を即時解除することができます。

ただし、この方法は一時的な対策になるだけで、またすぐに通信制限になってしまうことが多いです。

その場合は以下の【改善策2】がおすすめです。

【改善策2】無制限で使える通信環境を整える。

通信制限を気にすることなくいつでも快適にZoomを利用するなら、光回線の通信環境を整えると良いでしょう。

なぜなら、光回線は高速なインターネット通信を無制限で利用することができるからです。

ZoomのようなWeb会議ツールでは、相手の映像を受信(ダウンロード)するだけでなく、自分の映像を相手に送信(アップロード)する必要がありますよね。

そのため、インターネット通信の環境はダウンロード速度とアップロード速度のどちらも高速であることが求められます。

任せてというジェスチャーをする男性

光回線はダウンロード速度・アップロード速度ともにインターネットの中で最速なのでZoomの利用に最適と言えるのです。

光回線の利用でZoomが快適に利用できている人の声

なお、人気の光回線サービスを速度で比較した結果は以下のページで紹介しています。

サービス選びをする際は参考にしてみてください。

\ 光回線の速度比較 /
データ・リアルな口コミが確認できる。

原因2.zoomを大人数で利用している。

Zoomを大人数で利用しているときのPC画面

Zoomは1対1に限らず、複数人で同時に繋がることができるため大人数で行うミーティングや講義・セミナーなどの利用に最適です。

しかし、同時に利用する人数が多ければ多いほど映像が重くなったり、接続が途絶えたりすることがあります。

大人数での利用は無いという人は次の原因を確認する

説明する男性

Zoomでは接続する人数分の映像データの送受信が行われるため、大人数での利用になるほど重くなりがちです。

悩む女性

数十人~100人規模で通信をする必要があるときはしっかり接続できるか不安になるわね…。

説明する男性

実際に、「インターネット接続が不安定です」と表示されて通信が途絶えてしまうこともあります。

大人数での利用でもZoomが重くなるのを避けるために、以下の改善策を試しましょう。

【改善策1】Zoomの設定を変更する。

改善策の1つとして、Zoomの設定を変更して無駄な通信を行わないようにする方法があります。

例えば、授業などでこちら側が発言をする機会がない場合はZoomを利用している端末で、

  • ビデオをOFFにしておく
  • マイクをミュートにしておく

といった対策を取るだけでも通信を軽くすることは可能です。

説明する男性

ビデオとマイクを使わないことで、こちら側の映像や音声のデータをアップロードする必要がなくなる(=通信が軽くなる)からです。

また、「バーチャル背景」をOFFにするのも無駄な通信を減らす方法の1つです。

【改善策2】通信環境を見直す。

2つ目の改善策はご利用中の通信環境を見直す方法です。

大人数でZoomを利用する場合は、少人数の利用時よりも高速で安定した通信環境が必要です。

そのため、利用中のインターネット環境が電波を利用する

  • ポケットWiFi
  • ホームルーター(SoftBank Airなど)

といったモバイル回線の場合は大人数での利用に対応できない可能性も高くなります。

説明する男性

つまり、最大速度が最も高速で通信が安定した光回線サービスを利用するのがベストということになります。

光回線に乗り換えてZoomが快適に利用できるようになったという声

なお、光回線サービス選びをする際は以下のページを参考にすることで、現金キャッシュバックなどの特典がついでに貰えます。

\ 光回線の特典一覧 /
現金キャッシュバック・WiFiルーターが貰える!

原因3.CATV回線のインターネットを利用している。

Zoomを利用しているインターネット環境が、ケーブルテレビ(CATV)のインターネットではありませんか?

説明する男性

当てはまる人でZoomに遅延があると感じているのであれば最大速度の遅さが原因になっている可能性があります。

CATV回線のインターネットは利用していないという人は次の原因を確認する

実は、ケーブルテレビのインターネットは他のインターネットと比べて最大速度が遅いという特徴があります。

回線の種類 ダウンロード
速度(下り)
アップロード
速度(上り)
CATV回線
(J:COM)
12Mbps
~320Mbps
2Mbps
~10Mbps
光回線 最大1Gbps~
(1,000Mbps)
ホームルーター
(WiMAX HOME L02)
558Mbps 30Mbps
ポケットWiFi
(WiMAX W06)
558Mbps 30Mbps

ケーブルテレビ(CATV)のインターネットの例)J:COM NET

例えば、J:COMでダウンロード速度(下り)が320Mbpsのプランを選んだ場合、アップロード速度(上り)はたったの10Mbpsです…。

説明する男性

ケーブルテレビのインターネットはケーブルテレビ回線を利用しているため光回線ほどの高速な最大速度を出すことができません。

ケーブルテレビのインターネットがインターネット利用に不向きな理由は以下のページにて詳しく解説しています。

【改善策】最大速度が速い回線の契約を検討する。

Zoomが最も快適に利用できるインターネット回線は最大速度が高速な光回線です。

光回線は速度が高速であるだけでなく、通信量も無制限で利用できます。

ちなみに、光回線の中でもNURO光は最大速度が2Gbpsということでより快適な環境を求める人に人気です。

NURO光を利用してZoomが快適に使えている人の声

説明する男性

ただし、NURO光は提供エリアが限定されていますので検討する際は必ず以下を確認しておきましょう。

\ NURO光が丸わかり /
最新のキャンペーン情報もチェック。

原因4.利用しているネット回線が混雑している。

Zoomを利用しているインターネット環境が、

  • マンションやアパートで利用できる無料インターネット
  • 大学やカフェなどの公衆無線LAN(Free WiFi)

上記に当てはまりませんか?

説明する男性

当てはまる人はインターネット回線の混雑により通信が遅くなりZoomが重く感じている可能性があります。

当てはまらない人は次の原因を確認する

まず、マンションやアパートで利用できる無料インターネットはLAN配線方式と呼ばれる接続方式を利用しているものが多いです。

LAN配線方式の仕組みがわかるイラスト

LAN配線方式では1本の光回線をLANケーブルを使って各部屋で共有します。

そのため、マンション内でインターネットを利用している人が多ければ多いほど回線が混雑し、速度が遅くなり、通信が重くなりやすいのです。

不安になる女性

学生マンションでみんながオンライン授業をしているという状況だと、回線が混み合いやすそうね…。

また、大学内や街中のカフェなどに設置されている公衆無線LAN(フリーWiFi)も不特定多数の人が同時に利用していますよね。

公衆無線LAN(フリーWiFi)は電波による通信なので、利用者が多いとその分通信が不安定になりやすいです。

説明する男性

通信が不安定だとZoomの映像がカクカクしたり最悪の場合、途切れてしまったりするのです。

【改善策】回線品質のよいネット環境を確保する。

インターネットの回線品質が最も良いのは光ファイバーケーブルを利用している光回線のインターネットです。

自宅に光回線の環境を整えることができれば自宅まで直接、光ファイバーケーブルが繋がるため安定した通信が可能になります。

説明する男性

しかし、光回線は自宅のみでの利用になるという欠点もあります。

ですのでもし、

  • 「外出先でもWiFi環境が必要!」
  • 「いつでもどこでもZoomが利用できる環境が欲しい」

というのであればポケットWiFi(WiMAX)を契約すべきです。

ポケットWiFi(WiMAX)は速度や安定性の面で光回線には劣りますが、公衆無線LANを利用するより快適な通信が可能です。

\ ポケットWiFiベスト3選 /

原因5.利用しているWiFiの強度が弱い。

まず、Zoomを利用している端末(スマホ、PC、タブレット)で接続しているWiFiマークを確認してみましょう。

Wi-Fiマークが減るイラスト

上記のようにWiFiマークが減っていませんか?

WiFiマークがMAXではないということは、利用しているWiFi環境が弱い=電波が端末にしっかりと届いていないという状況を表しています。

WiFiマークは減っていないという人は次の原因を確認する

説明する男性

WiFiの強度を高めるために以下の改善策を試してみましょう。

【改善策1】電波強度の強いWiFiルーターを利用する。

電波強度を高めるには利用しているWiFiルーターを高性能のものに変更する方法があります。

WiFiルーターはお住まいの部屋数やフロア数(1階建てか2階建てか)によって最適なスペックが決まっています。

基本的に価格が上がるほど性能も上がりますが、利用状況に合わせて購入するのがおすすめです。

実際にWiFiルーターを変更した人の声

喜ぶ女性

高性能なWiFiルーターが利用できればZoomも快適に使えそうね!

説明する男性

そうですね!WiFiルーターを選ぶ際は以下のページを参考にすることで自分に最適な1台を見つけることができます。

\ WiFiルーターの選び方 /
高速で使うためのポイントもわかる。

【改善策2】中継器を利用する。

WiFiルーターは高性能なのに電波が弱い場合は、

  • WiFiルーターから離れた部屋でZoomを利用している。
  • 扉を閉め切っていて電波が上手く飛んでいない。

といった状況が考えられます。

このような場合はWiFiの中継器を設置する方法がおすすめです。

実際に中継器を設置した人の声

説明する男性

高性能なWiFiルーターも中継器も一度購入すれば長く利用できるので、この機会に一度検討してみると良いでしょう。

原因6.電子レンジと併用している。

Zoomを利用中に近くで電子レンジを使っていませんか?

電子レンジはWiFiルーターの電波と干渉するため同時に利用するとネットが不安定になったり、通信が止まってしまうことがあります。

併用していないという人は次の原因を確認する

説明する男性

どうしても電子レンジとの併用が避けられない場合は以下の改善策を試しましょう。

【改善策】5GHzの周波数帯で利用する。

実はWiFiルーターは以下2つの周波数帯のいずれかを選んで利用することができます。

周波数帯 特徴
2.4GHz
  • メリット
    └ 障害物(壁や扉など)に強い
  • デメリット
    電波の干渉に弱く安定性が弱い
5GHz
  • メリット
    電波の干渉に強く安定性が高い
  • デメリット
    └ 障害物(壁や扉など)に弱い

そして、上記2種類の周波数帯のうち電子レンジと併用する場合は「5GHz」を利用するのがおすすめです。

「5GHz(5ギガヘルツ)」の周波数は電波の干渉に強い特徴を持っています。

ですので、

  • 電子レンジのある部屋でZoomを利用する。
  • Zoomの利用中に家族が電子レンジを使う可能性がある。

という場合には、Zoomを利用するときだけでも「5GHz」の周波数帯でWiFiを利用しておくと安心でしょう。

原因7.他のソフトやアプリも同時に利用している。

Zoomを利用中に他のソフトやアプリも同時に利用している場合はZoomが重くなりやすいです。

同時に利用していないという人は次の原因を確認する

特に、仕事などで容量の重いファイルを送受信しながらZoomを利用すると一気に通信量を消費するため、Zoomの映像が乱れることもあります。

【改善策】大容量の通信にも対応できる光回線を利用する。

仕事上、他のソフトやアプリとZoomを同時に利用する状況は避けられないという人も多いかと思います。

普段からテレワークが多く、自宅でZoomを利用することが多い場合にはこのような状況を回避するためにも、光回線を利用しておくのがベストです。

とはいえ、

  • テレワークがいつまで続くかわからない。
  • 光回線を長期的に利用するかわからない。

というように、光回線契約は敷居が高い…という思いから、なかなか契約に踏み出せないという人もいらっしゃるかと思います。

説明する男性

そのような人には契約期間がない縛りなしの光回線サービスがおすすめです。

縛りなしの光回線とは、いつ解約しても解約金が発生しないサービスのことをいいます。

短期間の利用でも解約金を気にすることなく最大速度1Gbpsの高速なネット環境を整えることができるため安心です。

【改善策2】すでに光回線を利用している場合は乗り換えの検討も視野にいれる。

すでに光回線サービスを利用しているのに、Zoomの利用で支障が出ているのであればサービスの乗り換えを検討するのも1つの手です。

実は光回線には大きくわけて以下4種類のサービスが存在します。

  • 光コラボレーションサービス
  • 電力系のインターネットサービス
  • auひかり
  • NURO光

最大速度が同じ場合でもどのサービスを利用するかによって使用感が変わることもあります。

それぞれの特徴については以下のページにて詳しく解説しています。

\ 光回線の種類・特徴がわかる! /
リアルなおすすめNo.1も。

原因8.利用している端末(スマホやPCなど)に問題がある。

Zoomを利用する端末(スマホ、PC、タブレット)で何かしらの不具合が起きた場合に、Zoomが正常に利用できないことがあります。

【改善策1】端末を再起動してみる。

パソコンでZoomを利用している場合はZoomを含む、開いているページ全てを一度終了し、再起動することで不具合が解消する可能性があります。

また、スマホ・タブレットの場合も利用しているアプリなどを全て閉じて、以下の手順で端末の再起動を行いましょう。

androidを利用中の人
  1. 電源ボタン長押し
  2. 再度電源ボタン長押しで再起動
iPhone(iPhone8以降の端末)を利用中の人
  1. 音量上ボタンを押す
  2. 音量下ボタンを押す
  3. サイドボタン長押し

iPhoneの場合はいずれにせよ、Appleのロゴが表示されるまで長押しすることで再起動が完了します。

【改善策2】アプリを最新版にする。

スマホ・タブレットの場合、Zoomのアプリが自動で最新版に更新されていないことが原因でZoomが正常に作動していない可能性があります。

以下にてアプリが最新版になっていることを確認し、アップデートが必要な場合は実行しましょう。

原因9.zoomで通信障害が起きている。

説明する男性

原因1~8までの改善策を試しても解決しない場合には、Zoom自体で通信障害が起きている可能性があります。

障害情報についてはズームサービスステータス にて確認することができますので、参考にしてみてください。

【要注意】Zoomで使う通信量(データ容量)はこんなに多い!

Zoomをビデオ通話で利用した場合、10分間の通話で約60MBを消費します。

説明する男性

つまり、Zoomを1時間利用すると約360MBのデータ量を使うことになります。

不安になる女性

ということは、3時間の利用であっという間にGBもなくなるのね…。

Zoomはネット環境さえあれば電話代をかけずに大人数でも通話ができる非常に便利なツールです。

ですが、毎月使える通信量に制限があるスマホでの利用の場合、

  • 通信制限にかかり、Zoomが快適に使えなくなる。
  • 制限解除のためにデータ量を追加購入し、毎月の通信費が割高になる。

といった悩みを抱えやすくなります。

また、ひと月に使えるデータ容量に制限があるポケットWiFiも同様で、通信制限を気にしながらZoomを利用しなければなりません。

これらのことを踏まえると、

  • 毎月通信制限を心配する必要がない。
  • 高速なインターネットをデータ容量無制限で使える。
  • 高品質で安定した通信が可能になる。

といったネット利用を実現することができる光回線の利用は一度検討しておきたいところです。

ちなみに、光回線は一度環境を整えてしまえばZoomに限らず、

  • YouTubeなどの動画サービス
  • instagram(インスタグラム)
  • オンラインゲーム

などの通信量を多く消費するサービスもサクサク利用することができます。

また、パソコンでZoomを利用する場合は有線接続をすることで無線(WiFi)での利用よりも遥かに快適な通信ができるようになります。

喜ぶ女性

Zoomをはじめ、その他のネット利用で「重い・遅い」といったストレスを抱えないためにも光回線の利用は検討しておきたいわね。

\ サービス選びの参考に。 /
2020最新の光回線ランキング
\ サービスが決まっている人向け /
現金キャッシュバックやWiFiルータープレゼントも。

また、もしどうしても外出先でZoomを利用することがあるという人はポケットWiFiの中でも「WiMAX」を準備しておくのがおすすめです。

WiMAXは月間のデータ容量が無制限で使えるだけでなく、工事不要で簡単に利用を始めることができます。

説明する男性

ちなみに、WiMAXは日本全国幅広いエリアで利用できる点も嬉しいポイントです。

まとめ

Zoomが重い・遅いと感じているのにそのままの状況で使い続けるのは非常にストレスです。

解説してきた9つの原因と改善策を確認し、いち早く快適なZoomの利用を実現させましょう。

以下の項目をタッチすることでもう一度おさらいすることができます。
  1. 通信制限にかかっている。
  2. 大人数で利用している。
  3. CATV回線のネットを利用している。
  4. ネット回線が混雑している。
  5. WiFiの強度が弱い。
  6. 電子レンジと併用している。
  7. 他のアプリと併用している。
  8. 端末側(スマホやPCなど)に問題がある。
  9. 通信障害が発生している。
説明する男性

今後Zoomをはじめ、その他のネット利用で悩まないためにもこの機会にしっかりと自分の通信環境を見直しておきましょう。

\ 光回線の特典一覧 /
現金キャッシュバック・WiFiルーターが貰える!
\ 縛りなしの光回線 /
契約期間・違約金なしで使える!
\ ポケットWiFiベスト3選 /
月間のデータ容量無制限で使える!
  • Pocket
  • LINEで送る