サービス別で消費するデータ通信量の目安を一挙公開!一体どれだけ消費してるのか?

  • Pocket
  • LINEで送る
データ通信量の目安を解説する先生と話を聞く女性

気づかないうちに消費しがちなデータ通信量(GB)。

スマホ料金にも関係するので無視するのはちょっと怖いですよね。

ですので、みなさんが利用しているアプリ・Webサイト・ゲームで、どれぐらいデータ通信量(GB)を消費するのか実際に調査してみました。

一度確認しておくだけで今後の通信量(GB)節約に繋がることは間違いないでしょう。

立ち振る舞う女性

自分が利用するサービスでどれだけデータ容量がなくなっているのかは知っておくべきね。

もし、「まだWiFi環境がなくて、データ通信量を気にしなければいけない」という状況の人なら特に必見の内容です。

Webページの閲覧におけるデータ通信量の目安

スマホでインターネットを使う女性

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス 消費レベル 通信量 時間
Webページの閲覧 少ない 0.3MB 1ページ

Webページの閲覧でかかる通信量の目安は1ページあたり0.3MBと少なめです。

説明する男性

Webページを100ページ閲覧しても30MBにしかならない計算になります。

とはいえ、Webページの構成や画像・動画の有無によって消費する通信量は変わるため、必ずしも消費する通信量が少なくなるというわけではありません。

例えば、最近ではWebページ内に自動で再生される動画広告が掲載されていることが増えています。

動画が自動再生されると、動画を視聴しているときと同じように通信量がかかるため注意が必要です。

説明する男性

閲覧しているページ内で動画が自動再生されていたら通常よりも多く通信量がかかっていると思っておきましょう。

WiFiで通信量に縛られない方法

メールにおけるデータ通信量の目安

スマホでメールを送信する

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス 消費レベル 通信量 時間
1.メール
(GmailやYahoo!メールなど)
少ない 0.15~0.3MB 1通
2.LINEトーク 少ない 0.15MB
説明する男性

メールやLINEのトークでメッセージを送信する際にかかる通信量は、容量の大きなファイルや写真などを添付しない限り比較的少なめです。

1.メール

うまく見れない場合はスライドが可能

利用目的 単位 通信量の目安
メール 1通送信 0.15~0.3MB

※300文字のメール/写真のみのメール/文字+写真のメールをそれぞれGmailで送信し通信量の目安を調査。

メールは、1通0.15~0.3MBの通信量が目安としてかかります。

立ち振る舞う女性

メールを100通やり取りしても、15~30MBにしかならないのね。

説明する男性

そうですね。メールは簡単なやり取りであれば通信量はほとんど消費しないので、安心して利用することができます。

ただし、メール本文の文字数や添付(画像やファイルなど)の有無によって消費する通信量多くなることもあるということは頭に入れておきましょう。

WiFiで通信量に縛られない方法

2.LINEトーク

うまく見れない場合はスライドが可能

利用目的 単位 通信量の目安
LINE(トーク) 1回送信
※文字のみ100文字
0.15MB

LINEのトークでメッセージを送る際に消費する通信量は、1回(文字のみ100文字)で0.15MBと少なめです。

説明する男性

LINEでメッセージのやり取りを100回したとしても、消費する通信量は15MBほどにしかなりません。

また、LINEスタンプの送信も1回0.15MB程度と、上記の結果と変わりません。(スタンプのデザインやスタンプが動くか動かないかで消費する通信量が変わります。)

立ち振る舞う女性

LINE(トーク)は大きな通信量がかからないから通信量をそこまで気にせずに気軽に使えそうね!

WiFiで通信量に縛られない方法

音声・ビデオ通話におけるデータ通信量の目安

スマホで電話をする女性

\ 音声通話 /
サービス 消費レベル 通信量 時間
1.LINE 少ない 4MB 10分間
2.FaceTime 少ない 10MB
3.Skype 普通 30MB
立ち振る舞う女性

音声通話は比較的少ない通信量で利用することができるのね!

\ ビデオ通話 /
サービス 消費レベル 通信量 時間
1.LINE やや多い 50MB 10分間
2.FaceTime 多い 150~300MB
3.Skype 多い 300MB
悩む女性

ビデオ通話になると消費する通信量が格段に増えるわね…。

説明する男性

そうですね。ビデオ通話の場合、長時間利用すると気が付いたら多くの通信量を消費してしまったということにもなり兼ねませんので注意が必要です。

以下にて、有名な3つの音声(ビデオ)通話サービスの通信量の目安についてそれぞれまとめておきました。

  1. LINE(ライン)
  2. FaceTime(フェイスタイム)
  3. Skype(スカイプ)

よく利用しているサービスをタッチして、確認しておきましょう。

1.LINE

うまく見れない場合はスライドが可能

利用目的 利用時間 通信量の目安
LINE(音声通話) 10分 4MB
LINE(ビデオ通話) 10分 50MB

LINEは音声通話・ビデオ通話共に他のサービスより消費する通信量が比較的低めです。

説明する男性

1時間利用しても通信量の目安は、

  • 音声通話で、24MB
  • ビデオ通話で、300MB

となりますので、日常的な利用であれば安心して利用できるでしょう。

WiFiで通信量に縛られない方法

2.FaceTime

うまく見れない場合はスライドが可能

利用目的 利用時間 通信量の目安
FaceTime(音声通話) 10分 10MB
FaceTime(ビデオ通話) 10分 150~300MB

FaceTimeは、ビデオ通話に関して消費する通信量が多めです。

説明する男性

1時間利用すると通信量の目安は、

  • 音声通話で、60MB
  • ビデオ通話で、900MB~1,800MB(1.8GB)

となりますので、ビデオ通話の長時間利用は特に注意が必要です。

※1,000MB=1GB

WiFiで通信量に縛られない方法

3.Skype

うまく見れない場合はスライドが可能

利用目的 利用時間 通信量の目安
Skype(音声通話) 10分 30MB
Skype(ビデオ通話) 10分 300MB

Skypeは音声通話・ビデオ通話共に、消費する通信量が他サービスよりも多いです。

説明する男性

1時間利用すると通信量の目安は、

  • 音声通話で、180MB
  • ビデオ通話で、1,800MB(1.8GB)

となりますので、長時間の利用は特に注意が必要です。

※1,000MB=1GB

WiFiで通信量に縛られない方法

SNSサービスにおけるデータ通信量の目安

スマホでSNSにあげる写真を撮る

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス 消費レベル 通信量 時間
1.Twitter 普通 10~40MB 10分間
2.Facebook やや多い 20~300MB
3.インスタグラム 多い 100~500MB
Aの札を掲げる男性

SNSは近年、文字や写真の投稿以外に動画の投稿も増えており、この動画を再生することで多くの通信量がかかってしまう傾向があります。

通信量は、文字<画像<動画の順に消費する量が多くなります。

ですので、利用しているSNSで動画を閲覧することが多かったり、動画が自動再生されている場合は通信量が多くかかっている可能性が高いということになるのです。

以下にて、人気のSNSサービス3つで必要な通信量の目安についてそれぞれまとめておきました。

  1. Twitter(ツイッター)
  2. Facebook(フェイスブック)
  3. Instagram(インスタグラム)

よく利用しているサービスをタッチして、通信量の目安を確認しておきましょう。

1.Twitter

うまく見れない場合はスライドが可能

利用目的 利用時間 通信量の目安
Twitterの閲覧 10分 10~40MB

Twitterは、文字や画像の投稿がメインになるため通信量は少なめです。

説明する男性

例えば、1時間ツイッターを閲覧しても、かかる通信量の目安は60MB~240MBです。

ですが、消費する通信量が少なめであるからといって、

  • 動画ばかり投稿しているページを閲覧する
  • 長時間ツイッター投稿を閲覧する
といった利用を続けると消費する通信量は一気に増加しますので注意しましょう。

WiFiで通信量に縛られない方法

2.Facebook

うまく見れない場合はスライドが可能

利用目的 利用時間 通信量の目安
Facebookの閲覧 10分 20~300MB

Facebookは、よく閲覧するページが文字ばかりの場合、通信量はそこまで多くかかりません。

しかし、動画の投稿が多いページを閲覧したり、ページ内で動画が自動再生されていると通信量が格段に増えてしまいます。

説明する男性

例えば、1時間フェイスブックを閲覧すると通信量が少ない場合120MBで済みますが、多い場合は1,800MB(1.8GB)にもなる可能性があります

※1,000MB=1GB

WiFiで通信量に縛られない方法

3.Instagram

うまく見れない場合はスライドが可能

利用目的 利用時間 通信量の目安
インスタグラムの閲覧
(おすすめの写真・動画一覧)
10分 100~500MB

インスタグラムは、一度に読み込まれる写真や動画の数が多いため、その分通信量も多くなる傾向があります。

説明する男性

例えば1時間、写真や動画を閲覧するだけで、600~3,000MB(3GB)も通信量を消費してしまう計算になります。

悩む女性

インスタグラムの利用で消費する通信量はSNSの中でも多い方なのね…。

また、動画に関しては基本的に自動再生で流れているため、知らぬ間に通信量が多くなっていたということもありがちです。

ですので、データ容量に制限があるスマホやタブレットなどで利用する際は注意しましょう。

WiFiで通信量に縛られない方法

動画サービスにおけるデータ通信量の目安

youtubeの画面が移るタブレット

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス 消費レベル 通信量 時間
1.TikTok やや多い 100MB 10分間
2.YouTube 多い 20~250MB
説明する男性

動画の視聴でかかる通信量は、利用するサービスや視聴する時間、動画の画質によって変わってきます。

以下にて、スマホやタブレットで人気の動画サービス2つで必要な通信量の目安をそれぞれまとめておきました。

  1. TikTok(ティックトック)
  2. YouTube(ユーチューブ)

よく利用しているサービスをタッチして、通信量の目安を確認しておきましょう。

1.TikTok

うまく見れない場合はスライドが可能

利用目的 利用時間 通信量の目安
TikTokの視聴 10分 100MB

TikTokは15~60秒ほどのショートムービーをサクッと気軽に楽しむことができるためついつい長時間見続けてしまうという人が多い人気のサービスですね。

説明する男性

ですが、1時間動画を見続けると600MBもの通信量がかかってしまいますので注意が必要です。

悩む女性

気が付いたら思っていたよりも多くの通信量を使っていたということにもなり兼ねないわね…。

TikTokでは、設定などを変更して通信量を節約する手段がありません。

ですので、自分が利用できる通信量をよく確認したうえで余裕を持って楽しむようにしましょう。

WiFiで通信量に縛られない方法

2.YouTube

うまく見れない場合はスライドが可能

利用目的 利用時間 通信量の目安
YouTubeの視聴 10分 20~250MB

YouTubeでは動画の画質を選ぶことができ、選んだ画質によって以下のように消費する通信量も異なる仕組みになっています。

画質 10分間の利用で
かかる通信量
144p(最低画質) 20MB
240p(低画質) 20~30MB
360p(標準画質) 40~50MB
480p(中画質) 60~70MB
720p(高画質) 120~150MB
1080p(最高画質) 200~250MB
立ち振る舞う女性

画質の数値が大きくなればなるほど画質は綺麗になり、その分通信量も多くなるということね。

説明する男性

はい。例えば、最高画質で1時間動画を視聴すると、1,200MB(1.2GB)~1,500MB(1.5GB)にもなってしまいます。

ですので、画質の設定が高画質になっている場合は特に長時間の視聴には気を付けなければなりません。

ちなみにスマホでYouTubeを視聴する場合は、360pの画質があれば支障なく動画を楽しむことができるとされています。

※360p(標準画質)で1時間視聴した場合に消費する通信量は、240~300MBです。

また、通信量をもっと落としたい!ということであれば画質をできるだけ下げて利用してみると良いでしょう。

WiFiで通信量に縛られない方法

音楽サービスにおけるデータ通信量の目安

スマホとヘッドフォン

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス 消費レベル 通信量 時間
1.Spotify 普通 1.8~24MB 10分間
2.Amazon Music 普通 3.6~19.2MB

音楽再生は動画再生に比べると消費する通信量は少なくて済みます。

ですが、利用する音質によって通信量が変わる仕組みになっているので、長時間利用する際は音質選びには注意すべきだと言えます。

以下にて、人気の音楽再生サービス2つで必要な通信量の目安をそれぞれまとめておきましたので確認してきましょう。

  1. Spotify
  2. Amazon Music
いい感じのポーズをとる男性

通信量を節約するには音質を下げて利用するのがポイントです。

1.Spotify(スポティファイ)

うまく見れない場合はスライドが可能

利用目的 利用時間 通信量の目安
Spotifyの利用 10分 1.8~24MB

Spotifyでは音楽を聴く際にの音質を選ぶことができ、選んだ音質によって以下のように消費する通信量も異なる仕組みになっています。

画質 10分間の利用で
かかる通信量
低音質
(24Kbps)
1.8MB
標準音質
(96Kbps)
7.2MB
高音質
(160Kbps)
12MB
最高音質
(320Kbps)
24MB

※「最高音質」は、有料会員のSpotify Premiumに加入しなければ利用できません。

立ち振る舞う女性

ふむふむ。音質が良ければその分かかる通信量も多くなるわけね。

説明する男性

その通りです。ちなみに標準音質で1時間音楽を聴いた場合、消費する通信量は43.2MBとそれほど多くはありません。

説明する男性

かかる通信量が比較的少なめなSpotifyですが、音楽を聴く際に選ぶ音質と利用時間は気にかけておくようにしましょう。

WiFiで通信量に縛られない方法

2.Amazon Music(アマゾンミュージック)

うまく見れない場合はスライドが可能

利用目的 利用時間 通信量の目安
Amazon Musicの利用 10分 3.6~19.2MB

Amazon Musicでは音楽を聴く際にの音質を選ぶことができ、選んだ音質によって以下のように消費する通信量も異なる仕組みになっています。

画質 10分間の利用で
かかる通信量
低音質
(48Kbps)
3.6MB
中音質
(128Kbps)
9.6MB
高音質
(256Kbps)
19.2MB

立ち振る舞う女性

低音質で1時間利用すると21.6MBの通信量だから、3時間使っても約70MBにしかならないわね。

説明する男性

そうですね。Amazon Musicは比較的少ない通信量で音楽再生を楽しめることがわかります。

説明する男性

音質を気にせずに長時間利用し続けると、知らぬ間に通信量が多くかかっているということもありがちですので、気を付けましょう。

WiFiで通信量に縛られない方法

ゲームアプリにおけるデータ通信量の目安

スマホでゲームをする

説明する男性

スマホやタブレットでプレイする人気ゲームアプリの通信量(目安)を以下にまとめました。

うまく見れない場合はスライドが可能

ゲーム 消費レベル 1時間の利用で
かかる通信量
パズドラ
(パズル&ドラゴンズ)
少ない 1MB
ディズニーツムツム 少ない 3MB
ドラクエ
(ドラゴンクエスト)
少ない 1~5MB
ポケモンGO 普通 10~20MB
FGO
(フェイトグランドオーダー)
普通 10~20MB
PUBGモバイル やや多い 20~100MB
グラブル
(グランブルーファンタジー)
多い 80MB~200MB

※上記の目安はゲームの状況などによって大幅に変わることもあります。

ゲームアプリの通信量は、パズドラやツムツムのようにほとんど通信量がかからないものから、グラブルのように多くの通信量を使うものまで様々です。

通信量が少ないゲームアプリを利用している人の声

通信量が多いゲームアプリを利用している人の声

立ち振る舞う女性

通信制限があるスマホやタブレットでゲームをプレイする場合は、長時間利用しすぎないように注意しなければならないわね。

ちなみに、ゲームアプリはゲームをプレイする以外にも定期的なアプリの更新で通信量が別途かかることが多いです。

ですので、快適にゲームを楽しむためには通信量に余裕を持っておく必要があります。

WiFiで通信量に縛られない方法

電子書籍におけるデータ通信量の目安

スマホで電子書籍を読む人

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス 消費レベル 通信量 時間
電子書籍を
ダウンロードする
普通 1~200MB 1冊

※kindleでダウンロードした場合

電子書籍はダウンロードする本の種類によってかかる通信量が大幅に異なります。

例えば、文字だけの小説の場合、かかる通信量は1MB前後と少ないことが多いですが、旅行雑誌や図鑑のようにカラー写真の掲載がある場合は200MBやそれ以上となることもあります。

また、ダウンロードする電子書籍のページ数もかかる通信量に大きく関わってきます。

立ち振る舞う女性

綺麗なカラー写真が多く、ページ数も多い電子書籍の場合は通信量も多くかかりそうね…。

説明する男性

はい。電子書籍のダウンロードは一気に多くの通信量を消費することになるので必ず余裕を持って行うようにしましょう。

ちなみに、電子書籍は一度ダウンロードすれば、その後、閲覧する際は通信量がかかりません。(WiFi環境がない場所でも読むことができます。)

ですので、気になる電子書籍があったらWiFi環境がある場所で事前にダウンロードしておくことがおすすめです。

WiFiで通信量に縛られない方法

データ通信量に縛られない!制限なしでインターネットを利用する方法

いい感じのポーズをとる男性

毎月通信量を気にすることなくインターネットを利用するには、以下のようなWiFi環境を整える方法があります。

うまく見れない場合はスライドが可能

種類 利用場所 データ通信量
の制限(月間)
光回線 自宅のみ 無制限
ホームルーター 自宅のみ 無制限
ポケットWiFi 自宅/外出先 制限なし
※3日で10GB

※3日で10GB以上を使うと翌日(18時頃〜翌2時頃)に速度制限がかかり、その後戻ります。

スマホやタブレットは毎月利用できる通信量に制限があるため、残りのデータ通信量を気にしながらインターネットを利用する必要がありますよね。

ですが、上記のようなWiFi環境を整えることでデータ通信量の消費を気にする必要なくたっぷりとネット利用を楽しむことができるのです。

説明する男性

WiFi環境の選び方としては、

  • 自宅でのインターネット利用が多い人は光回線ホームルーター
  • 外出先でのインターネット利用が多い人はポケットWiFi

というようにインターネットを利用する場所が主にどこになるのかで選ぶと良いでしょう。

笑顔で安心する女性

WiFi環境を整えたことで通信制限に悩まされないネット利用ができているわね。

WiFi環境があれば、スマホやタブレットのデータ通信量を気にせずに、

  • 動画を高画質で楽しむことができる。
  • 好きな音楽を好きなだけ高音質で聴ける。
  • ゲームアプリをたっぷりとプレイすることができる。

というような快適なインターネット利用ができるようになるのです。

\ 光回線が知りたい人へ /
光回線とは何か?実際に使い始めるまでの手順も確認できます。
\ ホームルーターが知りたい人へ /
コンセントに挿すだけですぐに使える!
\ ポケットWiFiが知りたい人へ /
自宅でも、外出先でもたっぷり使える。
  • Pocket
  • LINEで送る