Microsoft Teamsが重い・遅い!6つの原因とストレスを無くす改善策まとめ

  • Pocket
  • LINEで送る
Microsoft Teamsが重い・遅いときの解決方法を解説する先生と喜ぶ女性

世界最大手のソフトウェア会社であるマイクロソフトが運営するMicrosoft Teams(マイクロソフト チームズ)

テレワークやWeb会議、オンライン講義などが増えた昨今、利用する場面が増えたという人も多いですよね。

Microsoft Teamsはネット環境さえあれば、誰でも無料で利用することができる便利なツールですが、その一方で、

  • 映像が重い…。
  • カクカク動いたり、止まったりする。
  • Web会議がスムーズに進まない。

といった悩みを抱えている人が少なくないのが現状です。

悩む女性

サクサク快適に利用できなくて仕事や授業に支障が出るのは困るわよね…。

当ページではMicrosoft Teamsを利用する人が「重い・遅い・止まる」と感じる原因とその改善策をわかりやすく解説していきます。

説明する男性

順々に読み進めていくことで自分に合った改善策が見つかり、Microsoft Teamsが快適に利用できるようになるでしょう。

Microsoft Teamsが重い・遅いと感じる6つの原因と改善策

Microsoft Teamsを利用しているときに、「重い・遅い」と感じた場合は以下6つの原因が影響していると考えられます。

  1. 通信制限にかかっている。
  2. 回線の最大速度が遅い。
  3. 電波強度が弱い。
  4. 回線が混雑しやすい時間帯の利用。
  5. 他のソフトと同時に利用している。
  6. 通信障害が発生している。
説明する男性

原因に合わせた改善策も一緒に確認していきましょう。

原因1.通信制限にかかっている。

Microsoft Teamsを利用している端末が、

  • スマホ(もしくは、タブレット)
  • ノートパソコン
    +ポケットWiFi(制限あり)

上記のいずれかに当てはまる場合、通信制限のせいで重い・遅いと感じている可能性があります。

通信制限がかかりMicrosoft Teamsの利用に支障が出ている人の声

説明する男性

通信制限とは月々で契約している通信量を使い切ったことで、通信速度が低速になった状態のことを言います。

悩む女性

利用できる速度が低速になったから、Microsoft Teamsが重く感じていたのね…。

【改善策1】通信制限をすぐに解除する。

スマホやタブレットで通信量を契約している場合は、データ量を追加購入することで通信制限を解除することができます。

ポケットWiFiを利用中の人は【改善策2】へ進む。

説明する男性

1GB:1,100円でデータ容量を追加購入すると、低速になった通信速度を元に戻すことができるのです。

詳しくは以下のページをご覧ください。

上記の方法は「今すぐに制限を解除したい!」という場合には、おすすめの改善策です。

ですが、正直なところデータ容量を1GB追加購入しただけでは根本的な解決にはなりません。

悩む女性

1GB追加しても、あっという間に使い切って再度追加購入することにもなりかねないわね…。

説明する男性

その通りです。データ量を追加購入すると通信費が高額になりやすいので、通信制限に悩まされる人は【改善策2】を検討すべきです。

【改善策2】無制限で使える回線を契約する。

通信制限に悩まされないようにするには、無制限でネット利用ができる光回線を契約するのがおすすめです。

光回線は一度契約してしまえば、いつでも制限なしで思う存分インターネットを利用することができるようになります。

また、Microsoft Teamsに限らず、

  • 動画の視聴
  • SNSなどのアプリ
  • オンラインゲーム

といった利用でも重い・遅いといった悩みを抱えにくくなります。

説明する男性

通信制限なしのネット環境を手に入れたい人はまず、光回線の利用を検討しましょう。

なお、自宅よりも外出先でのネット利用が多いという人は無制限で利用できるポケットWiFiを選ぶと良いでしょう。

立ち振る舞う女性

ポケットWiFiは場所を選ばずいつでもどこでも自分だけのネット環境が作れるという点も魅力的よね。

説明する男性

そうですね。とはいえ、あくまでも電波による通信なので、安定性に関しては光回線には劣ります。

Microsoft Teamsを長時間・大人数で利用することが多い人には向かないということは押さえてきましょう。

原因2.利用している回線の最大速度遅い。

利用しているネット回線の最大速度が遅いと、Microsoft Teamsの映像が重くなったり、止まってしまったりすることがあります。

説明する男性

主なネット回線の種類とその最大速度は以下の通りです。

回線の種類 下り速度
(最大)
上り速度
(最大)
光回線 1Gbps~
(1000Mbps)
ケーブルテレビ回線
(J:COM)
12Mbps
~320Mbps
2Mbps
~10Mbps
無料インターネット
(LAN配線方式)
100Mbps
ホームルーター
(SoftBank Air)
481Mbps 非公開
ホームルーター
(WiMAX)
558Mbps 30Mbps
ポケットWiFi
(WiMAX)
558Mbps 30Mbps
悩む女性

ケーブルテレビの回線や無料インターネットの最大速度の遅さが目立つわね。

説明する男性

そうですね。実際に最大速度が遅い回線を利用していてMicrosoft Teamsの利用に支障がでているという人の声も見られます。

最大速度が遅い回線を利用している人の声

困る男性

ちなみに、最大速度が遅い回線を利用していると、通信で支障が出るのは自分だけでなく相手もです…。

SoftBank Air(ホームルーター)を利用している人との通信で遅延があったという人の声

不安になる女性

仕事や講義などで相手にも迷惑がかかるのはなんだか申し訳なく感じるわね。。

【改善策】最大速度が高速な光回線を利用する。

最も効果的な改善策は光回線を利用することです。

光回線は、

  • 相手の映像を受信する際に必要な速度
    ダウンロード速度(下り)
  • 自分の映像を送信する際に必要な速度
    アップロード速度(上り)

上記どちらの速度においても最大1Gbpsの高速な通信を実現してくれます。

説明する男性

Microsoft Teamsを快適に利用するにはダウンロード速度もアップロード速度も高速でなければならないため、光回線の利用がおすすめなのです。

速度に不満があり、光回線を利用し始めた人の声

なお、以下のページにて光回線サービスの速度を比較したランキングを確認することができます。

速度のデータやリアルな口コミもチェックできますので、サービス選びの参考にしてみてください。

\ 人気光回線9社の速度を徹底比較 /
速度に悩まされないサービス選びができる。

原因3.電波の強度が弱い。

Microsoft Teamsを無線のインターネットで利用している人は、端末に表示されている以下のWiFiマークを確認してみましょう。

Wi-Fiマークが減るイラスト

説明する男性

上記のようにWiFiマークが減っている状態は、電波が上手く飛んでいない=電波が弱いことを表しています。

電波が弱くて快適に利用できていない人の声

悩む女性

電波が弱いと、映像が途切れ途切れになって大切な授業に影響が出ているという声があるわね…。

説明する男性

そうですね。電波が上手く飛ばなくて、Microsoft Teamsの利用に支障が出ている原因は以下のような状況が考えられます。

  • 戸建ての1階にWiFiルーターを設置していて2階でネットを利用している。
  • 部屋のドアや壁が障害物になっていて電波が上手く飛んでいない。
  • 他の電波(電子レンジやBluetoothなど)と干渉し、通信が安定していない。

以下より改善策を2つ紹介しますので、自分に合った方法を試してみましょう。

【改善策1】有線接続をする。

有線接続はできないという人は【改善策2】へ進む。

無線接続(WiFi)によるネット利用では電波を利用するため通信が安定しにくいという欠点があります。

一方で、有線接続なら、電波干渉などの影響を受けることがないため高速な通信を安定して利用することができます。

有線接続で通信環境が改善した人の声

説明する男性

パソコンでMicrosoft Teamsを利用している人は、LANケーブルを用意して有線接続を試してみましょう。

【改善策2】メッシュWiFiを使う。

有線接続でネットを利用するのが難しい場合はメッシュWiFiの利用がおすすめです。

メッシュWiFiはその名の通り、網目(メッシュ)状にWiFiを張り巡らせることができるWiFiルーターのことです。

説明する男性

以下のようなメッシュWiFiを複数の部屋に設置するだけで、家中で快適なネット利用ができるようになります。

メッシュWiFiの利用で快適になった人の声

説明する男性

メッシュWiFiを使うことで、部屋のどこにいても無線で快適なネット利用ができるようになるでしょう。

原因4.回線が混雑しやすい時間帯に利用している。

インターネットの利用者が増える夕方から夜の時間帯は回線が混雑しやすく、ネットが重いと感じやすくなります。

また、近頃ではテレワークの影響で日中も回線の混雑を感じることがあるのが現状です。

悩む女性

時間帯を気にせずにいつでも快適にMicrosoft Teamsを利用できるようにしたいわ。

【改善策】IPv6に対応した光回線を契約する。

回線の混雑を避けた通信環境を整えるには、IPv6(IPoE)接続に対応した光回線を契約すべきです。

詳しくは、IPv4とIPv6の違いをわかりやすく解説。お金をかけずIPv6を導入できるサービスも。にて詳しく解説していますが、

光回線でIPv6(IPoE)と呼ばれる接続方式が利用できると、ネットの利用者が増える時間帯でも通信が安定しやすくなります。

ちなみに、IPv6(IPoE)は光回線ならどのサービスでも利用できるというわけではないため、注意が必要です。

説明する男性

必ず対応する光回線サービスを選ぶようにしましょう。

\ IPv6(IPoE)対応サービスもわかる! /
無料で導入できるサービス一覧をチェック

原因5.他のソフトと同時に利用している。

Microsoft Teamsを利用しているときに、

  • 使っていないソフトやファイルが開いたままになっている。
  • 他のアプリなどを同時に利用している。
  • セキュリティ対策のソフトが通信している。

というような状況になっていませんか?

説明する男性

Microsoft Teams以外に複数のソフトを同時に利用していると、動きが重くなることがあります。

【改善策】利用していないものは閉じる。

使っていないソフトやファイルがないか見直し、Microsoft Teamsの利用中は極力開かないようにしましょう。

また、PCの場合、起動と同時に不要なソフトが自動で立ち上がっている可能性もあります。

説明する男性

Microsoft Teamsが重いと感じるのは、ネット環境だけにあるとは限りません。

今一度、利用する端末の状況(性能や設定など)を確認してみるのも改善策の1つと言えます。

原因6.Microsoft Teams側で通信障害が発生している。

稀ではありますが、Microsoft Teams側で通信障害が発生して、サービスが利用できなくなっていることもあります。

実際に、2020年4月28日にアジア太平洋地域でMicrosoft Teamsの通信障害が発生しました。

説明する男性

通信障害が起きた場合は、復旧するまで待つしか方法はありません…。

【要注意】Microsoft Teamsで使う通信量(データ容量)はこんなに多い!

1時間のビデオ通話で消費する通信量の目安は約500〜800Mbpsにもなります。

説明する男性

実際に、消費するデータ量の多さを感じている声も多く見られます。

Microsoft Teamsで消費する通信量を少しでも減らすには、Web会議をしたり、講義を受ける際に、

  • 「カメラをOFF」にする
  • 「ビデオの着信をオフにする」

という対策を取るのも1つの手です。

ですが、ビデオ通話の利用や、大人数での利用など…どんな状況でも妥協せずにMicrosoft Teamsを快適に使いたい!というのが本音ですよね。

Microsoft Teamsをいつでもストレスなく利用するには、

  • 毎月データ容量無制限で使えるから、通信制限を気にする必要がない。
  • いつでも高速で安定した通信を行うことができる。
  • 回線の混雑を避けた通信ができる。

といった特徴を持つ、光回線サービスの利用を一度検討すべきです。

説明する男性

自宅に光回線があれば、Microsoft Teamsはもちろんその他のネット利用でもスマホの通信量を節約することができます。

笑顔で安心する女性

ネットが重い・遅いといったストレスを抱えなくて済むのは嬉しいわね。

光回線サービスを選ぶ際は以下のランキングを参考にすることで、自分に最適なサービスが見つかります。

\ みんなが選ぶ光回線ランキング /
サービス選びで失敗しない!

なお、気になるサービスが決まっている人は以下のページでプラスで貰える特典を確認しておきましょう。

\ 必ず貰える特典一覧 /
現金キャッシュバックなどの豪華特典をチェック

まとめ

Microsoft Teamsの利用で少しでも重い・遅いと感じるのであれば、ストレスを感じないためにも原因を突き止めて適切な改善策を試すべきです。

以下を選ぶことで、原因に見合った改善策をおさらいすることができます。
  1. 通信制限にかかっている。
  2. 回線の最大速度が遅い。
  3. 電波強度が弱い。
  4. 回線が混雑しやすい時間帯の利用。
  5. 他のソフトと同時に利用している。
  6. 通信障害が発生している。
説明する男性

通信環境を見直して、Microsoft Teamsの利用が快適になることを願っています。

  • Pocket
  • LINEで送る