光回線のONUってなに?モデムやWiFiルーターとは何が違う?

  • Pocket
  • LINEで送る
ONUやモデムやルーターに悩む女性

ONU、モデム、ルーターなどなど……、耳にするだけで「ややこしい!」ですよね。

しかし、嬉しいことに現在はONUだけ理解できていれば自然とモデムやルーターのことが分かってしまう仕組みになっています。

そう、まず結論からお伝えするとモデムは昔に使われていた装置で、今ではほとんど使われていません。

そして、ルーターはONUをサポートするための脇役(サブ)として存在しているため、ONUを押さえておけば難なく理解できてしまうからです。

説明する男性

当ページでは「ONU、モデム、ルーター」のことが以下の順番でスッキリわかるように説明していきます。

ONU(光回線終端装置)とは?

ONU(光回線終端装置)

まずONUはこのような装置です。

ちなみに、このONUは光ケーブルを受け取る装置のことで光回線終端装置と正式には言います。

では光ケーブルは何なのかというと、

光回線(光ファイバーケーブル)

上記のような形をしており、ケーブルというよりも糸のようなイメージです。ちなみに光回線の工事というと光ケーブルを引き込む工事がメインになります。

そして、わたしたちが高速インターネットを使うために必要な光信号を運んでくる役割をこの細い光ケーブルが果たします。

ですが、光信号が部屋まで届いてもインターネットを使えるようにはなりません。

そこで……

光信号を、私たちが利用できる形(インターネット)に変えてくれるのが「ONU」となります。

簡単にいうと、光ケーブルとONUがあればインターネットを利用することができるのです。

そう、実は混同されがちなモデムやルーターはインターネットを使い始めるうえでは使わなくても済むのです。

その証拠に、「光ケーブルとONUを繋ぐための工事」が光回線のサービスを申し込むと行われます。

いい感じのポーズをとる男性

ONUだけは、モデムやルーターと混同しないように気をつけましょう!なぜなら、ONUはインターネットを使うための最高レベルの装置だからです!

\契約前のみなさんが確認しています/
誰でももらえる契約特典チャンスを見逃さない!

ONUとは違う「モデム」って一体なに?

モデム(VDSLモデム/ADSLモデム)

上記の「モデム」は光回線のインターネットが普及する前によく使われていた言葉です。

実は昔、光ケーブルを利用したインターネットが普及していなかったため、電話線を活用してインターネットを利用する方法がメインに使われていました。(知ってましたか?)

しかし、電話線を活用してインターネットを利用できるようにするためには、運ばれてくるアナログ信号を私たちがインターネットを使える形に変える必要があったのです。

そのときに「モデム」が必要とされていたということになります。(※現在でも一部の集合住宅ではVDSLモデムが利用されることもありますが。)

つまり、

「モデム」がアナログ信号を、わたしたちが利用できる形(インターネット)に変えてくれる役割をしていたのです。

立ち振る舞う女性

同じような話をONUの説明で聞いた気がするわ…。

説明する男性

そうなんです!実は昔の「電話線とモデム」は今でいう「光ケーブルとONU」と同じ立ち位置にあったのです。

ONUとモデムが混同されている理由は、過去にモデムを使ってインターネットを利用していた人たちが間違ってONUの事をモデムと呼んでいるからと言えます。

現在ではモデムを使うことはほとんどありません。なぜなら光回線のみを使った高速インターネットが主流となっているからです。

そういうわけで一般的には「ONU」だけを正確に押さえておけば解決だと言えるでしょう。

いい感じのポーズをとる男性

次に「ルーター」について解説していきます。

「ルーター」はONUにない機能をサポートする機器のこと

WIFIルーター

ルーターは主に無線 WiFi)でインターネットを利用することができるようにするための機器で、「無線LANルーター」や「WIFI(ワイファイ)ルーター」と呼ばれます。

※当ページでは統一して「WIFIルーター」と呼んでいきます。

※WiFiを飛ばさずに有線のみで使用するルーターは単に「ルーター」と呼ばれます。

そして、さきほど「ONUだけでもインターネットは使える」とお伝えしましたが、それではWIFIを利用することができません。

Aの札を掲げる男性

なぜなら、ONUにはWIFIを飛ばす機能がないからです。

もしONUだけしかない場合は、1本の有線 LANケーブル)によるインターネット利用しかできないので「不便」になってしまうことがあると考えて頂ければわかりやすいと思います。

つまり、スマホやタブレット、ノートパソコンでインターネットを利用したい場合には一般的に有線ではなく、無線(WiFI)でインターネットを使うケースがほとんどです。(とくにスマホにLANケーブルを直接つなげようとするのは論外です)

ですのでWIFIルーターは、ONUにはない無線を飛ばす機能 WIFI)を使えるようにするために必要になるのです。

立ち振る舞う女性

WIFIルーターは自分で準備しなければいけないのかしら?

Aの札を掲げる男性

はい、WIFI(ワイファイ)ルーターは基本的に自分で準備する必要があり、家電量販店などで販売されています。

ポイント:WIFIルーターはONUの設置工事が終わってから必要になる。

まずWIFIルーターが必要になるのは光回線の工事が終わって、ONUが設置されてからとなります。

※もちろん工事業者の方がONU設置までをしてくれます。

説明する男性

WIFIルーターを繋いで使い始めることができるのは、ONUが設置されてインターネットが開通した状態になってからです!

接続図「ONU→WIFIルーター」

ちなみに上図のようにWIFIルーターはONUに繋げて使います。

「ONU設置→WIFIルーター設置」という流れを頭に入れておきましょう。

説明する男性

両者の関係を簡単に言うと、

  • 親:ONU(光回線終端装置)
  • 子:WIFIルーター

となります。

WIFIルーターはあくまでも「ONUのサポート役」だと覚えておけば、見た目が似ていても混同しなくなるでしょう。

\契約前のみなさんが確認しています/
誰でももらえる契約特典チャンスを見逃さない!

実は、ONUとWIFIルーターが合体した「ホームゲートウェイ」もよく使われる

ONU+ルーター=ホームゲートウェイ

ONUとルーターが合体した「ホームゲートウェイ」という装置があります。

つまりは、ONUの機能とWiFiルーターの機能を合わせもつ装置のことで、以下の特徴を持っています。

  1. 複数のLANケーブルを接続することができる。
  2. WIFI(無線インターネット)の機能もついている。
  3. ひかり電話を利用することができる。
喜ぶ女性

まあ!ホームゲートウェイでWIFIも使えるようになるのね!便利だわ!

説明する男性

ちなみにインターネットの契約状況によってはONUではなくホームゲートウェイが設置されるケースも多いです。たまに、『これはONUだろう』思っている機器がホームゲートウェイだった!ということはよくありますよ。

悩む女性

どういう場合にホームゲートウェイが設置されるのかしら?

光回線の工事で「ホームゲートウェイ」が設置されるのはこんな人!

Aの札を掲げる男性

「ネット + ひかり電話」の申し込みをした人はホームゲートウェイが設置されます。

つまり、ネットのみの利用で光回線サービスを申し込んだ人は一般的にホームゲートウェイが設置されることはなく、ONUが設置されます。

悩む女性

ネットだけの利用ではホームゲートウェイは使うことができないのね…。

困る男性

毎月500円前後のレンタル料金がかかってしまいますが、ネットのみの利用でもホームゲートウェイをレンタルできます。

不安になる女性

うーん…レンタルで毎月出費がかさむのはちょっと…。でもWiFiは使いたいのよね…。

説明する男性

そうですよね。ネットのみ利用の場合は自分でWIFIルーターを購入した方が断然お得だと言えるでしょう。

インターネット契約を検討中の人へ嬉しいお知らせ

さきほどもお伝えした通り、現在のインターネット契約の主流として「セット割引」を活用する方法があります。

この方法では基本的に自分でWiFIルーターを用意しなくても大丈夫です。

詳細は以下の記事で確認してみてください。

画像で分かる|光回線サービスで使うONUは主にこの2つ!

説明する男性

大手光回線は主に2つあり、どちらも違うONUを提供しています。サービス毎にどのONUになるか確認しておきましょう。

ONUは主に2種類だけ!

ONUには主に以下の2種類があります。

  1. NTT系の光回線サービスで設置されるONU
  2. auひかりで設置されるONU

NTT系の光回線サービスで設置されるONUはコレ

NTT系光回線のONU

まず、(光コラボレーションと呼ばれる)NTT系の光回線サービスは以下のサービスのことを言います。

これらのサービスを申し込んだ場合は、画像にある「NTT系光回線のONU」が工事で設置されます。

※「ネット + 電話」で契約した場合はホームゲートウェイの設置となります。

auひかりで設置されるONU

auひかりのONU

auひかりを申し込んだ場合、「auひかりのONU」が工事で設置されます。

→「ネット + 電話」で契約した場合はホームゲートウェイの設置となります。

※地方限定の光回線サービスについては割愛させて頂き、別途ページを設けて説明していく予定です。

ONUやルーターを使う上で実際にかかる料金

任せてというジェスチャーをする男性

ONUやWIFIルーターの料金を以下にまとめておきましたので、参考にしてみてください。

auひかりの場合

ONUの料金

auひかりを契約して工事が行われると、ONUも設置されます。

レンタル料金などはなく、無料で利用することが可能です。

WIFIルーターのレンタル料金について

WIFIルーターのレンタルは毎月500円で行うことが可能です。

説明する男性

レンタルすればWiFiルーターを買う必要がなくなり手間はなくなりますが、自分で購入した方が安く利用できるということも頭に入れておきましょう。

auユーザーはWiFi機能が無料になる。

auユーザーの人は「auスマートバリュー」というネットとスマホのセット割引を組むことが一般的になるかと思います。

その場合は、WIFIルーターを買う必要はありません。

Aの札を掲げる男性

なぜなら、ONUとWIFIルーターの機能を持ち合わせたホームゲートウェイを無料で利用することができるからです。

喜ぶ女性

auスマホとauひかりをセットで利用する人にとっては嬉しいポイントね!

キャンペーンページ
auひかり
公式サイトで申し込むボタン

ソフトバンク光の場合

ONUの料金

ソフトバンク光の工事が終わるとONUが設置されますが、別途の料金はかかりません。

WiFiルーターのレンタル料金について

ソフトバンク光ではWIFI機能を持った「光BBユニット」という機器を467円でレンタルすることが可能です。

しかし、WIFI機能を利用するためには追加で「WiFiマルチパック」というオプションに申し込む必要があります。

困る男性

「WiFiマルチパック」は毎月990円もするので、WiFi機能を使うだけで合計1,457円もかかってしまいます…。

ソフトバンクユーザーはWiFi機能が実質無料で使える。

ソフトバンクユーザーの人がソフトバンク光を申し込む場合には「おうち割」というスマホとネットのセット割引を活用されることが一般的です。

「おうち割」を適用するためには加入必須オプションがあるのですが、その中に「光BBユニット」「WiFiマルチパック」というオプションが入っています。

これはWiFiルーターと同じ機能が使えるようになるオプションなので嬉しいポイントです。

ですのでソフトバンクユーザーは実質的に無料でWiFi機能を利用することができることになります。

いい感じのポーズをとる男性

光BBユニットはソフトバンクユーザーにとって嬉しい特典です。

キャンペーンページ
ソフトバンク光
公式サイトで申し込むボタン

ドコモ光の場合

ONUの料金

ドコモ光の回線工事をする際にONUを一緒に設置してくれます。

別途必要な料金は特にありません。

WiFiルーターのレンタル料金

ドコモ光ではNTTの無線LANカードをオプション契約するとWIFI機能を利用することができるようになります。

無線LANカードをオプション契約すると、

  • 無線LANカード
  • ホームゲートウェイ

上記の2つをセットでレンタルすることになります。

レンタル料金は以下の通りです。

東日本エリア
プラン 月額料金
ネットのみ 300円
ネット+電話 300円
西日本エリア
プラン 月額料金
ネットのみ レンタル不可能
ネット+電話 100円
説明する男性

西日本エリアでネットのみ利用している人はレンタルできないから注意が必要です!

キャンペーンページ
ドコモ光
公式サイトで申し込むボタン
  • Pocket
  • LINEで送る