【2019最新】インターネット回線の種類・特徴・契約数を全部まとめてみた。

  • Pocket
  • LINEで送る
ネット回線の種類を解説する男性に安心する女性

ネット環境を作りたい!となれば、自分にピッタリのネット回線を選びたいですよね!

ですが、いざ調べてみるとインターネット回線の種類は以外と多くて迷ってしまうのではないでしょうか。

ですので当ページでは、インターネット回線にはどんな種類があって、みんなどれを選んでいるのか分かるようにまとめておきました。

いい感じのポーズをとる男性

総務省が発表しているデータを元に契約数なども調べておきました。

みなさんの検索意図を考慮し、当ページの「インターネット回線」というワードは基本的に、光回線、ポケットWiFiなどの「サービスジャンル」と考えます。また、細かい分類分けFTTH、CATV、DSL、BWAなども記載します。

【インターネット回線の種類】この5種類さえ押さえておけば間違いない!

総務省のデータで見る|今使われているインターネット回線の種類と契約数

最も信頼性の高い総務省の統計データより、一般的に利用されているインターネット回線を調べてみたところ、基本的に5種類のインターネット回線が利用されていました。

※スマートフォンで使うキャリア回線(MNO・MVNO)は除きます。

インターネット
回線の種類
通信速度
(最大)
契約数
(平成30年)
利用可能な場所
光回線
(FTTH)
1Gbps 3054万 家のみ
ポケットWiFi
&
ホームルーター
(BWA)
558Mbps 5992万 ・家
・外でも※
ケーブルテレビ
(CATV)
1Mbps~
320Mbps
689万 家のみ
電話回線
(DSL)
1Mbps
~50.5Mbps
204万 家のみ

※外で使えるのはポケットWiFiのみ

契約数(人気の度合い)で考えると、自宅のみで使える固定回線では、光回線が1位、ケーブルテレビが2位、従来の電話回線が最下位となっています。

また、BWA(ポケットWiFi・ホームルーター)に関しては基本的に家でも外でも使えるポケットWiFiの契約数が多くを占めていると考えて頂くのが妥当でしょう(ホームルーターの契約数は少ないので)。

総務省のデータを元に作成した、インターネット回線の種類別・契約数グラフ

ここで知っておきたいのは、

  • 自宅でインターネットを使うなら光回線を契約している人が多い。
  • 外でインターネットを使うならポケットWiFiを契約している人が多い。

ということです。

一方で、電話回線(ADSL)は光回線が登場する前によく使われていた回線ですので、現在ではほとんど注目されておらず。

ケーブルテレビのインターネットは今でも利用されていますが、インターネットをメインで利用するときにフル活用されてはいません(理由は後述)。

今契約されているインターネット回線の種類は4種類と考えておくべし。

電話回線(ADSL)は、契約者数が減少傾向である上に、サービス終了の流れにもなっているので現在覚える必要はありません。

ですので、今インターネット契約を検討している人が知っておくべきは以下の4種類と考えるべきです。

うまく見れない場合はスライドが可能

グループ インターネット
回線の種類
サービス例
固定回線 1.光回線 auひかり
ソフトバンク光
ドコモ光
etc…
2.ケーブル
テレビ回線
J:COM
地方のCATV
モバイル回線 3.ホームルーター SoftBank Air
ワイマックス
(WiMAX HOMEL02)
4.ポケットWiFi ワイマックス
(WiMAX W06)
Yahoo!Wi-Fi
立ち振る舞う女性

インターネット回線はそもそも「固定回線」と「モバイル回線」のグループに分かれているのね。

説明する男性

 「おおまかに現在使われているインターネット回線の種類は4種類ある」と分かって頂ければバッチリです!
 次にそれぞれの特徴や違いが分かるように解説していきます。

【特徴の違い】各インターネット回線の種類ごとに特徴をまとめてみた。

説明する男性

インターネット回線4種類ごとの特徴は以下の通りで、注目すべき箇所は黄色にしておきました。

表はスライドが可能

インターネット
回線の種類
通信
速度
家での
利用
外での
利用
契約数 開通
工事
使える
データ量
月額料金
の目安※2
光回線
(FTTH)

1Gbps~
× 使い放題 3,300円
ケーブル
テレビ回線
(CATV)

1Mbps
~320Mbps
× 使い放題 6,000円
ホームルーター
(BWA)

558Mbps~
× 制限なし※1 3,480
ポケットWiFi
(BWA)

558Mbps~
制限なし※1 3,480

1つずつ解説する前に、よく疑問になりがちな開通工事について言及しておくと、

  • 【開通工事が有の場合】
    申し込み ⇒ 開通工事(工事業者が1・2名ほど来る)⇒ インターネット開通
  • 【開通工事が無の場合】
    申し込み ⇒ 機器が届いてインターネットが使える

といった違いになります。

ですので、開通工事がない回線に関しては申し込んでから早くて3日ほどで使い始めることができます。(⇔ 開通工事が有る回線は14日~1ヵ月ほど開通までにかかります。)

立ち振る舞う女性

それぞれ特徴はあるみたいだけど、「いつ・どこでネットを使うか」で検討すべきインターネット回線の種類は絞れそうね。

説明する男性

はい。「外で使いたいならポケットWiFI、家でだけ使うなら光回線」という選び方が一般的です。

次に、表だけでは説明しきれなかった各種類における特徴を解説していきます。

その1:自宅で定番の「光回線」

光回線(NTT)で使われるONU

光回線で使われる機器:ONU

表はスライドが可能

種類 通信
速度
家での
利用
外での
利用
契約数 開通
工事
使える
データ量
月額料金
の目安※2
光回線
(FTTH)

1Gbps~
× 使い放題 3,300
説明する男性

ずばり、「自宅でインターネットを契約するとなれば光回線」となります。

光回線を使うためには工事が必要になりますが、どのインターネットよりも速度が速く、長期に渡って安定した通信ができる点で非常に優れています。

また、使い放題のインターネット契約となりますので、どれだけインターネット(WiFi含む)を利用しても決められた月額料金から料金が上がることもありません。

  • 【一戸建て住宅の場合】
    電柱から自宅まで直接光ファイバーケーブルを引き込む工事が必要となりますが、一度開通すればずっと安定したネットが使えるようになります。
  • 【集合住宅の場合】
    マンションでは光回線の設備が導入されていることがほとんどで、簡単な工事をしてもらうだけで安定したネット環境が作れます。
説明する男性

もちろん開通工事の作業は担当者が全て行ってくれます。

\ もっと詳しく知りたい人へ /

その2:J:COMの無料インターネットが有名!「ケーブルテレビ回線」

ケーブルテレビ(J:COM)のインターネットで使われるモデム

ケーブルテレビのインターネット:モデム例

表はスライドが可能

種類 通信
速度
家での
利用
外での
利用
契約数 開通
工事
使える
データ量
月額料金
の目安※2
ケーブル
テレビ回線
(CATV)

1Mbps
~320Mbps
× 使い放題 6,000
説明する男性

主に、ケーブルテレビ会社を既に利用している人や、無料で提供されている物件にお住まいの人が利用しています。

基本的に光回線と同じように工事が必要な回線です。

また、回線速度や料金は光回線よりも遅く・高いのですが、物件によっては無料提供されていることもあるので支持されています。

また、ケーブルテレビ会社のサービスを受けている人なら総合的に見て安く契約できることもあります。

喜ぶ女性

そういえば学生の頃にJ:COMの無料インターネットが導入されたマンションに住んでいたわ!

説明する男性

そうなんです。J:COMのインターネットは学生マンションやシングルマンションに無料提供されていることで有名です。

あくまでもケーブルテレビの会社であり、インターネットを専門としているわけではないので評価はよくありません。

詳しくは、「ケーブルテレビはインターネットに不向き!?高くて遅い仕組みってなに?」にて解説していますが、インターネットだけ使いたい!というケースではあまりおすすめできません。

\ もっと詳しく知りたい人へ /

その3:コンセントに差せばすぐにネットが使える「ホームルーター」

WiMAX HOME01(ホームWiFI)

表はスライドが可能

種類 通信
速度
家での
利用
外での
利用
契約数 開通
工事
使える
データ量
月額料金
の目安※2
ホームルーター
(BWA)

558Mbps
× 制限なし※1 3,480

ホームルーターは最近人気が出てきた、「コンセントに繋ぐだけでネットを使い始めることができるインターネット回線です。

大きな特徴としては、「工事がない」というところで、

  • 「工事担当者が家に入ってくるのはちょっと…」と感じる女性の方
  • 「工事をするのは少し面倒だ」と感じる多忙な人
  • 「引越しが近いから今のマンションで工事をするのはマズイ」と感じる引っ越しが近い人

が契約しています。

立ち振る舞う女性

そういえば、ホームルーターという言葉はあまり聞いたことがなかったけれども新しいサービスだということかしら?

説明する男性

実は以前からホームルーターは存在していたのですが、ソフトバンクが提供する「SoftBank Air」によって知名度が一気に広がりました。

近年、技術の向上によりホームルーターでも高速通信が可能になったため、光回線の代わりに導入される方が増えてきています。

\ もっと詳しく知りたい人へ /
⇒ホームルーターの詳しい意味や選び方が分かるページです。

その4:外出先で使える「ポケットWiFi」

WiMAX(ワイマックス)の機種「W06」ホワイト

表はスライドが可能

種類 通信
速度
家での
利用
外での
利用
契約数 開通
工事
使える
データ量
月額料金
の目安※2
ポケットWiFi
(BWA)

558Mbps
制限なし※1 3,480

※実物は重量128gと軽く、ポケットに難なく入るサイズです。

4種類のインターネット回線の中で唯一、外出先でもインターネットが使えるようになるのがポケットWiFiです。

また、工事が無く、機器が届けばすぐにインターネットが使えるようになる点も見逃せません。

  • 「場所を選ばずにどこでもインターネット(WiFi)を使いたい(カフェ・学校・職場など)」という学生・社会人
  • 「引越しの時期がわからない」「工事をするのは面倒だ」という人
  • 「外でスマホもWiFiにつなげたい(データ容量を気にする人)」という人

が契約しています。

立ち振る舞う女性

外出先でもWiFi環境が必要な人には便利なインターネット回線ね。

いい感じのポーズをとる男性

はい。外だけでなく、もちろん自宅でも使えるので利便性は非常に高いです。

ただ、1~2名の利用シーンであればポケットWiFiは完璧だと言えますが、家族みんなで利用するには安定感やデータ容量的に厳しいでしょう。

\ もっと詳しく知りたい人へ /

【選び方】インターネット回線の種類はこう選べば失敗しない!

任せてというジェスチャーをする男性

結局のところ、どのインターネット回線の種類を選べば失敗しないのかを、要点を踏まえて確認していきましょう。

外出先でインターネットを使う人は「ポケットWiFi」がおすすめ

WiMAX(ワイマックス)の機種「W06」ホワイト
Aの札を掲げる男性

「外出先でも使える」のはポケットWiFiが持つ唯一のポイントです!

ポケットWiFiは、カフェや学校などの外出先でも自分だけのWiFi環境が整えられる優れものです。

また、データ容量制限なしでネットが使えるうえに毎月の料金も非常に安くなっています。

ファミリーでの利用シーンだと安定感などの面でおすすめできませんが、1~2名の利用であれば最適だと言えるでしょう。

\ みんなが使うポケットWiFi /
⇒ 比較調査の結果、性能面・料金ともにNO.1。
\ サービス比較はこちら /

ポケットWiFiの種類一覧へ進む

室内でインターネットを利用する人は…

Aの札を掲げる男性
  1. 光回線
  2. ホームルーター

の2種類から選べば間違いないでしょう。

1年以内に引っ越しをする場合は「ホームルーター」がおすすめ。

Aの札を掲げる男性

ホームルーターは「工事不要・引っ越し先でもつかえる」ところがポイントですので、早期に引っ越し予定がある人は「ホームルーター」を選べば余計なリスクを避けることができます。

もし1年以内に引っ越しをする人が光回線を選ぶと、工事費が無料にならないことが多く、初期費用面でリスクがあります。

※光回線は2~3年使うと、工事費が無料になるキャンペーンを受けられ、プラスでお得な特典がもらえるのが一般的です。

また、「ポケットWiFiを選ぶ」という選択肢もありですが、室内のみならポケットWiFiよりもホームルーターの方がバッテリー面・通信の安定性でメリットがあります。

ですので、1年以内に引っ越しがあって室内でしかインターネットを使わないという人はできるだけホームルーターを選ぶようにしてください。

\ サービス比較はこちら /

ホームルーターの種類一覧へ進む

2年以上使い続けるなら「光回線」で間違いない。

Aの札を掲げる男性

光回線は「使い放題・最速かつ最も安定したインターネット通信」が最大のポイントで、室内で快適にインターネットを使いたい人なら間違いありません。

光回線サービスは2年以上同じ場所に住み続ける予定の人にとっては最も良い選択だと考えられます。

なぜかというと、

  • サービスの選び方さえ間違わなければ料金が毎月安い。
  • 電波を強く飛ばせて複数の部屋で同時にWiFiが使える。
  • 通信速度・応答速度などが最速で利用用途を選ばない。
  • 複数の人が利用してもデータ容量を気にしなくても良い(使い放題)。

といったメリットがあるからです。

立ち振る舞う女性

家で長く安心してインターネットを使いたいなら光回線がNO.1ということね!

説明する男性

はい。詳しい選び方は以下の記事でまとめていますので確認してみてください。

\ 大手携帯を利用している人へ /
docomo, SoftBank, auの携帯を利用している人はセット割引で安く使える!
\ ランキングが見たい人へ /
最適なサービスが一発で確認できます。
\ 契約したいサービスが決まっている人へ /

【具体的なサービス一覧】各インターネット回線の種類別に確認!

Aの札を掲げる男性

インターネット回線の種類について解説してきましたが、次に具体的なサービス一覧もまとめておきました。

光回線の主なサービス・会社一覧

任せてというジェスチャーをする男性

有名な光回線サービスを以下にまとめてみました。

うまく見れない場合はスライドが可能

光回線 サービス名 会社名
auひかり KDDI株式会社
ソフトバンク光 ソフトバンク株式会社
ドコモ光 株式会社NTTドコモ
So-net光プラス ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
ビッグローブ光 ビッグローブ株式会社
OCN光 NTTコミュニケーションズ株式会社
ぷらら光 株式会社NTTぷらら
NURO光 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
IIJmioひかり 株式会社インターネットイニシアティブ
AsahiNet光 株式会社朝日ネット
エディオンネット
基本パック
株式会社エディオン
enひかり 株式会社縁人
悩む女性

結構多いわね。いくつか絞る方法はないの?

Aの札を掲げる男性

結論からお伝えすると、みんなが選んでいる人気の光回線サービスはおおよそ決まっています。

一般的に、みなさんが選ぶ光回線サービスの基準は、

  • 月額料金が安い。
  • 工事費用を実質無料にしてくれる。
  • 契約時に嬉しいキャッシュバックキャンペーンがある。
  • 長く安心して利用できる大手のサービスである。

となるのですが、上記の基準を満たすサービスを選ぶための確実な方法が1つあります。

それは、自分が利用している携帯会社が提供している光回線サービスを選ぶことです。

携帯会社が提供している光回線サービスって?

2015年より、docomo, au, SoftBankといった大手携帯会社は光回線サービスを提供し始めました。

そこで、わたしたちはケータイと合わせてインターネットを利用するだけで「セット割引」を受けることも可能となりました。

といった形で光回線サービスを選べば劇的に毎月の料金負担を軽くすることが可能になったのです。

そして、日本における光コラボレーションサービスの全契約数のうち7割以上が上記の大手携帯会社が占める結果となっています。

このセット割引によってどのぐらい安く光回線サービスを利用できるのかは、『インターネット開通までの全手順&セット割引で得する選び方』にて確認できます。

立ち振る舞う女性

なるほど。それじゃあわざわざ知らないサービスに手を出す必要はないのね。

\ おさらいできます /

ポケットWiFiの主なサービス・会社一覧

説明する男性

ポケットWiFiを提供している有名な会社をまとめてみました。

ポケット
WiFi
一般的な
サービス名
会社名
WiMAX UQコミュニケーションズ
Yahoo!WiFi ヤフー株式会社
Pocket WiFi Y!mobile
au KDDI株式会社
SoftBank ソフトバンク株式会社
docomo 株式会社NTTドコモ
悩む女性

これらのサービスからどれを選べば良いのかしら…?

いい感じのポーズをとる男性

月間データ容量無制限・最安値で使えて一番人気があるWiMAXがおすすめです。

立ち振る舞う女性

インターネット上で動画や映画を見る人は「データ容量が無制限」は必須ね。

説明する男性

その通りです。詳しい料金などは以下の記事にて解説しているので一度確認してみてください。

ホームルーターの主なサービス・会社一覧

いい感じのポーズをとる男性

ホームルーターの主なサービスは限られているので選ぶのが簡単です!

うまく見れない場合はスライドが可能

ホーム
WiFi
サービス名 会社名
SoftBank Air ソフトバンク株式会社
WiMAX UQコミュニケーションズ
auスマートポート au
悩む女性

この3つのサービスは何が違うのかしら?

Aの札を掲げる男性

それぞれ通信速度の速さや、料金が異なります。

ホームルーターのサービス比較は以下の記事でまとめているので確認してみてください。

  • Pocket
  • LINEで送る