【図解でわかる】光回線とは?仕組みから開通までを全て解説!

  • Pocket
  • LINEで送る
誰でもなるほど!と分かるように、光回線を解説する先生と、話を聞く女性

光回線を契約すれば高速のインターネットやWiFiが使えるとは聞きますよね!

しかし、「光回線って一体なんだろう…?」と中には思われている人もいるのではないでしょうか。

しかし、安心してください。

当ページでは、

  • 光回線とは?快適な仕組みと契約数(基礎
  • 光回線で自宅にネットが繋がる最新の仕組み(基礎
  • 申し込みから実際にネット(WiFi)が使えるまでの手順(実践

といった内容を、【基礎編】・【実践編】に分けて解説しています。

光回線について全く分からない人でも、0からインターネット開通に至るまでの知識が身に着くようになるでしょう。

説明する男性

要点や最新情報も含めて、写真やイラストを使って誰でもわかるように解説していきます。

【基礎編1】光回線とは?快適な仕組みと契約数も確認。

光ケーブルが使われた通信線のイラスト

まずはじめに、光回線とは「ケーブルを使った通信回線」を指します。

ちなみに通信回線とは「データをやり取りするために用いられる通信線」という意味ですので、

「光ケーブルを使ってデータをやり取りする通信線 = 光回線」ということになります。

説明する男性

「光ケーブルを使ってデータをやり取りする(光通信)」というのがポイントです。

光回線は光ケーブルを使うので他と比べてネットが快適に。

光ケーブルはメタルケーブルと比べて、一度にたくさんのデータが送れて速度も速い。
光ケーブルは従来のメタルケーブルと比べて、一度にたくさんのデータが送れる上に速度も速い。

光回線で使われる光ケーブルは、

  • 一度にたくさんの情報が送れて、
  • 通信速度が速い上に、安定した光通信が可能。

といった特徴があり、現在のインターネット利用に最適です。

実際に光回線の速度を他の回線と比較すると以下のようになります。

固定回線 通信速度
(最大)
ケーブル
光回線
(FTTH)
・1Gbps(1,000Mbps)
・2Gbps※
光ケーブル
ケーブル
テレビ回線
(CATV)
320Mbps 光ケーブル

同軸ケーブル
電話回線
(ADSL)
50Mbps メタルケーブル

※基本的には1GBですが、都心部では2GB~のサービスもあり。

他のネットが使える固定回線と比べて、光回線の通信速度はバツグンに速いです。

説明する男性

時代が進むにつれてインターネットで利用できるコンテンツが進化しているため、必要とされる通信速度も上がってきています。

以前まではあまり見かけなかったインターネットコンテンツが最近増えてきましたね。

  • たとえば、インターネットを使ってテレビやスマホで動画や映画を視聴できるサービス。
  • プレステやニンテンドー系ゲーム機で、オンライン化が一般的になってきたこと。
  • その他にも、アプリの増加によるインターネット利用やダウンロード。
  • オンライン上にデータを保存するのが普通になったりと、あげればキリがありません。

そんな時代の中で、従来と同じ回線(例えばADSL)を使うとどうなるか?

速度が追い付かず、カクカクしたり、イライラさせられたりするでしょう。

通信速度に余裕を持った光回線は、インターネットコンテンツが増えていく今の時代に最適なのです。

実際の契約数と、光回線が選ばれている割合。

固定回線 契約者数
光回線
(FTTH)
30,547,815
約3055万
ケーブル
テレビ回線
(CATV)
6,899,344
約690万
電話回線
(ADSL)
2,042,283
約204万

上記は総務省の2018年6月末統計情報ですが、自宅回線のうち光回線の契約数が圧倒的に多いことが見て取れます。

2018年6月末時点における光回線(FTTH)の契約数シェア(固定回線部門)

立ち振る舞う女性

77%が光回線を選んでいるのね!

Aの札を掲げる男性

はい。このことから現在は「自宅のインターネット=光回線を使うのが一般的」と考えるべきだと言えます。

【注意】みんなが言う光回線の意味。

光回線という名称は、光回線を使ったインターネットサービス(1Gbps)を意味することが多くなってきている。

光回線とは、「光ケーブルを使ってデータをやり取りする通信線」のことだとお伝えしました。

しかし世間では、光回線を使ってインターネットがつかえるサービス自体のことを「光回線」と呼ぶ人が非常に多くなっています。

ですので当ページをご覧になられた人は、本来の意味と、みんなが使っている光回線の意味は少しだけ異なることを覚えておいてください。

※「光回線契約してる? = 光回線でインターネットが使えるサービスを契約してる?」は同じ意味と考えるべきだということです。

また当ページでは、光回線を使ってインターネットが使えるサービスのことを「光回線サービス」と呼んでいきます。

立ち振る舞う女性

なるほど。でも光回線ってどのように自宅まで繋がってインターネットが使える仕組みになっているのかしら?

【基礎編2】光回線でインターネットが繋がるまではどうなっている?

自宅からNTT収容局まで光回線で繋がるイメージ図

まず、上記(↑)のように光回線だけが繋がっていてもインターネットには繋がりません

下矢印

NTT収容局からインターネットに繋がるまでのイメージ図

上記の通り、実はプロバイダー会社と呼ばれるインターネットを接続してくれる業者が必要なのです。

Aの札を掲げる男性

これは、光回線のインターネットを使う上で最低限覚えておくべき知識となります。

光回線のインターネットを使い始めるには2つの会社と契約が必要になる?

NTT収容局(NTTが運営)とプロバイダー会社があって初めてインターネットが使えるようになることをお伝えしました。

この時点で、「もしかして2つの契約が必要になるのかな?」と思った人は勘が良いです。

なぜなら、以前までは2つの会社(サービス)と契約する方法が主流だったからです。

不安になる女性

インターネットを使うのに2つの契約?大変そうね…。

Aの札を掲げる男性

安心してください!今では、基本的に1サービスだけの契約で光回線のインターネットが使えるようになっています!

2015年からは1つのサービスを契約するのが普通に。

※多くの人がご存知の内容ですが、仕組みは押さえておきましょう。

実は2015年まで、

  1. 光回線の契約(NTTのフレッツ光と呼ばれるサービス)
  2. プロバイダー会社の契約

の2つをして、光回線のインターネットを使い始める方法が主流でした。

説明する男性

フレッツ光というサービス名を聞いたことはありませんか?このフレッツ光は光回線だけを提供するサービスなので、別途プロバイダー会社との契約も必要だったのです。

しかし! 2015年より光コラボレーションと呼ばれる取り組みが始まり、今までややこしかった2つの契約をしなくても済むようになりました。

詳しく話すと長くなりすぎるので割愛しますが、要点だけお伝えすると、

1つのサービスを契約するだけで光回線とプロバイダーを提供してもらえるようになったのです。

※今までフレッツ光を扱っていたNTTが、各社に光回線(フレッツ回線)を卸し売りするようになったので、各社が光回線とプロバイダーをまとめて提供することができるようになったのです。【光コラボレーション】

そのため、現在では1つのサービスを契約して光回線のインターネットを利用するのが一般的になりました。

といっても、今でもフレッツ光は提供されているので、今インターネットを使い始めようとしている人は注意しておきましょう。

Aの札を掲げる男性

今、光回線のインターネットを利用し始める大多数の人は、「フレッツ光&プロバイダー」ではなく、ドコモ光やソフトバンク光といった1つのサービスだけを簡単に安く契約しています。

※独自のオプションサービスが必要な時は、「フレッツ光&プロバイダー」という契約方法もなされます(会社向け)。

【実践編】光回線のインターネットが実際に使えるまでの流れ

光回線のインターネットが開通する3手順(1.申し込み 2.開通作業 3.インターネット開通)

結論からお伝えすると、おおまかに3ステップで光回線のインターネットが開通し、自宅でネットが使えるようになります。

また、スマホやタブレット・ノートパソコンで無線のネット(WiFi)を飛ばしたい人は【手順4】まで確認しておきましょう。

Aの札を掲げる男性

わたしたちがするのは基本的に申し込みだけ。あとはサービス側がすべて行ってくれるため、専門知識などは一切必要ありません。

  • 手順1
    申し込み

    光回線サービスを選んで申し込みます。

    docomo, SoftBank, auのスマホをお使いの人なら、自分にとって一番安くて最適なサービスが簡単に選べる時代になっています。

    サービス選びの際には以下の記事を一度お読みください。

    また、申し込み時には光回線の開通作業をしてもらう日程も担当オペレーターと一緒に決めます。

  • 手順2
    開通作業

    開通作業の日になると、担当者が自宅まで来てくれます。

    光回線の開通作業は担当者がすべて行ってくれるため、わたしたちは20分~1時間ほど立ち会います。

    ※現場の状況によって立ち会いの時間は多少変わります。

  • 手順3
    光回線が開通!

    光回線の開通作業が終わると、自宅内にインターネットを使うために必要な装置が設置されます。

    あとは、設置された装置と自分が持っているパソコンをLANケーブルでつなげば、光回線のインターネットが利用できるようになります。

    ※不安な人は工事担当者に伝えると、パソコンにネットが繋がるようにしてくれるケースが多いです。

  • 手順4
    WiFiを飛ばす

    光回線のインターネットが開通しても、WiFiを飛ばす機器(WiFiルーター)が無ければWiFiを飛ばすことはできません。

    不安になる女性

    光回線サービスを申し込んでインターネットが開通したら、すぐにWiFiも使えるようになると思っていたわ…!

    WiFiを飛ばしたい人は上記画像のような機器(WiFiルーター)を、家電量販店や通販サイトで購入することを忘れないようにしましょう。

    Aの札を掲げる男性

    しかし、大手携帯会社(docomo, SoftBank, au)をご利用で、携帯会社に合わせて光回線サービス(ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり)を申し込む人は例外です!

    携帯会社が提供する光回線サービスを選んだ場合はセット割引と呼ばれる月額割引特典が付いてくるのですが、それにプラスしてWiFiルーターと同じ役割をしてくれる機器を貸し出してくれます。

    詳しくはインターネット開通までの全手順&セット割引で得する選び方にて解説していますが、できれば携帯会社に合わせて光回線のインターネットを申し込むようにしましょう。

    毎月の料金がお得になり、特典もたくさんついてきます。

    ※ドコモ光は例外:ドコモ光公認プロバイダーであるGMOとくとくBBのキャンペーンページから申し込みをするとWiFiルーターが0円で使えるようにしてくれます。

  • 完了!
立ち振る舞う女性

なるほど。 つまり最適なサービスさえ選んでしまえば、光回線のインターネットは簡単に使えるようになるわけね!

説明する男性

はい。サービスさえ決まれば簡単に開通まで進むことができます。

  • Pocket
  • LINEで送る