J:COMでタブレットが実質無料で貰えるカラクリとは?リスクはあるの?

  • Pocket
  • LINEで送る
ジェイコムのタブレットが無料になるかどうかを解説する先生と怯える女性

ジェイコム(J:COM)ではタブレットを実質無料で提供していてお得に見えますね。

とはいっても、

  • 「数万円もするタブレットが本当に実質無料でもらえるの?」
  • 「どんなカラクリで実質0円でタブレットが手に入る?」

と思われる人も多いのではないでしょうか?

そこで実際に調査してみたところ、J:COMタブレットを実質無料でもらうには条件を満たす必要があることが分かりました。

また、タブレットを途中で使わなくなった場合には割高な請求がなされるリスクも見つかりました。

これらの内容を解説し、最終的にどんな人にとってJ:COMタブレットはアリなのかを結論付けたいと思います。

ジェイコムでタブレットが実質無料で貰えるって本当?

まず初めに、現在ジェイコムではタブレットが実質0円(無料)でもらえるキャンペーンを実施しています。

ジェイコムではタブレットが実質無料(0円)でもらえる

ジェイコムで実質0円でもらえるタブレットその2

そして、実際に口コミや評判を調査したところ、ジェイコムのタブレットが実質無料になることに対して喜びの声が多かったです。

しかし、詳しく調査した結果ジェイコムのタブレットは必ずしも無料で貰えるわけではないことがわかりました。

ジェイコムのタブレットが実質0円で貰えるカラクリとは?

まず、ジェイコムは初めからタブレットを0円でプレゼントすると言っているわけではありません。

タブレットを36ヶ月間使うことができれば」という条件付きで「最終的にタブレットの本体代金を0円にできますよ。」と言っているのです。

どういうことか詳しく説明していきます。

ジェイコムはタブレットの本体代金を分割支払いで設定している。

以下の表にあるように、ジェイコムはタブレットの本体代金を分割支払いに設定しています。

うまく見れない場合はスライドが可能

端末 端末料金(分割)
HUAWEI
MediaPad T5
900円×36ヶ月
(=32,400円)
LG
G Pad 8.0 Ⅲ
750円×36ヶ月
(=27,000円)

私たちはタブレットの本体代金を1回払いではなく、36ヶ月間に渡って分割で支払うことになるわけですね。

※ 分割で支払う理由は読み進めると分かってきます。

しかし、ジェイコムは分割で支払う額と同額の割引を適用してくれる。

以下の表にあるように、ジェイコムはタブレットを使ってくれる人に対して、分割払いと同額の割引を36ヶ月間 適用してくれます。

うまく見れない場合はスライドが可能

端末 割引額
HUAWEI
MediaPad T5
-900円×36ヶ月※
(=-32,400円)
LG
G Pad 8.0 Ⅲ
-750円×36ヶ月※
(=-27,000円)

これで、私たちが支払うタブレットの本体代金は毎月実質0円になりますよね。

私たちが支払う分割払いと同じ額の割引をジェイコムが毎月適用してくれるからです。

つまり、以下の表の通りになります。

うまく見れない場合はスライドが可能

端末 実質料金 端末料金(分割) 割引額
HUAWEI
MediaPad T5
0円 900円×36ヶ月
(=32,400円)
-900円×36ヶ月※
(=-32,400円)
LG
G Pad 8.0 Ⅲ
0円 750円×36ヶ月
(=27,000円)
-750円×36ヶ月※
(=-27,000円)

もし途中でタブレットの利用を解除すると…?

詳しくは後述しますが、ジェイコムが指定する対象プラン(TV・NET)に加入していることを前提に、タブレットを実質0円にするキャンペーン(割引)が行われています。

そのため、もしジェイコムを途中で解約するとなった場合はタブレットの実質0円キャンペーン(割引)も適用されなくなってしまいます。

すると、タブレットの本体代金の分割払いは自分で負担する必要が出てきます。

たとえば、24ヵ月でジェイコム自体を解約した場合は、12ヵ月分のタブレットの本体代金を自分で負担します。

ジェイコムのタブレット:HUAWEI MediaPad T5(32,400円)を24ヶ月で利用解除したときにかかる端末料金

※ 残った回数分の分割払い金は一括で支払うこともできますが、そのまま分割で支払い続けることも可能です。

悩む女性

ジェイコムのサービスを36ヶ月間利用することを条件に、タブレットを実質0円にしてくれるということね。

説明する男性

その通りです! ジェイコムのサービスを継続利用してもらうために、タブレットを実質0円にするキャンペーン(割引)を行っているのです。

※ タブレットをわざわざ36ヵ月払いに設定しているのは、ジェイコムのサービスを36ヶ月の間 継続利用してもらうためです。

タブレットを実質無料で貰うために必要な2つの条件

ジェイコムのタブレットは分割払いと同額の割引を受けることができて実質0円になるカラクリがありました。

しかし、そもそもの割引を受けるためには以下2つの条件をクリアする必要があります。

  1. 対象プランを契約すること
  2. 対象オプションを利用すること

条件1.対象プランを契約すること

ジェイコムのタブレット実質無料キャンペーン(割引)を使うには、「J:COM TV」と「J:COM NET」が含まれる以下の対象プランを契約している必要があります。

プラン名 主な内容
スマートお得プラン TV・NET・電話 or VOD
スマートもっとお得プラン
※九州エリアのみ
TV・NET・電話 or VOD
スマートお得セレクト TV・NET + 電話(追加可能)
スマートお得オンデマンド TV・NET ・VOD + 電話(追加可能)

上記プランの月額料金は選ぶプランや建物のタイプによって異なりますが3,380円~10,980円となっています。

※お住まいによって契約できるプランが限られている場合もあります。

立ち振る舞う女性

ネットだけの契約じゃ、タブレット実質無料キャンペーン(割引)は使えないの?

Aの札を掲げる男性

はい。ネットだけのプランは対象外で、必ずネットとTVが含まれるプランに加入する必要があります。

また、現在ジェイコムを契約中の人は、

  • 「J:COM NET」だけを利用中の人は「J:COM TV」を追加
  • 「J:COM TV」だけを利用中の人は「J:COM NET」を追加

上記のようにサービスを追加する必要があります。

説明する男性

あとからサービスを追加する場合は、別途工事費がかかることもあるので注意しましょう。

条件2.対象オプションを利用すること

ジェイコムのタブレット実質無料キャンペーンを使うには、以下の対象オプション(いずれか1つ)の利用も必須条件となっています。

オプション名 内容
4K J:COM Box
(HDD内蔵モデル)

800円/月
2番組同時録画、2TBの容量でたっぷり録画可能
J:COMまとめ請求
for NETFLIX

800~1,800円/月
NETFLIXをJ:COMの料金と合算して利用できる
メガパック
933円/月※
約10,000本の動画コンテンツが見放題できる
外付けハードディスク
1TB:8,500円
4K J:COM Boxなどの専用チューナーと同時利用で使える

※「スマートお得プラン」「お得プラン」に加入する人は500円/月

ジェイコムのタブレットを無料にするために、上記にある有料のオプションに加入する必要があるのです。

※ なお、「外付けハードディスク」以外は全て毎月料金がかかるオプションサービスです。

説明する男性

つまり、タブレットを実質無料で使うには有料オプションへ加入していることも条件になります。

条件をまとめると…

ジェイコムのタブレット実質無料キャンペーンを使うには、

  • 対象プランを契約すること
  • 対象オプションを利用すること

上記2つの条件を必ずクリアしなくてはなりません。

また、条件をクリアした状態で36ヶ月間の継続利用をしなければタブレットは実質0円になりません。

ジェイコムのタブレットを実質無料でもらうのはアリか?

タブレット実質0円キャンペーンの条件を無理なく満たせるのであれば、アリです。

条件を満たす場合、36ヶ月間の利用を続けるだけでタブレットが0円でもらえるのは非常にお得だからです。

一方で、実質0円キャンペーンを利用するために、わざわざプランを変更したり、不要なオプションに加入しなければならないのであればナシです。

また、早期解約をするかもしれない人にはあまりオススメできません。

補足:同等のタブレットはAmazonで安く販売されているという事実も。

ジェイコムで実質0円キャンペーンが実施されているのは、

  • HUAWEI MediaPad T5(AGS2-W09)
  • LG G Pad 8.0 Ⅲ(LGT02)

上記2つの機種で、前者のタブレット(HUAWEI製)がメインに押し出されています。

ジェイコムではタブレットが実質無料(0円)でもらえる

この商品を調べてみると、同等の新品商品がAmazonで約20,000円で売られていました(↓)。


ジェイコムのページを見ると「30,000円レベルの機能を持ったタブレットが実質無料になる!」と思われる方もいるでしょう。

ただし、実際には同スペックのタブレットは20,000円で売られていることを知っておきましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る