騙されるな!WiMAXホームルーターの評判や料金・品質を調査した結果に驚愕・・・

不安がる女性にWiMAXのホームルーターが大丈夫かどうかを評判や料金・通信品質をもとに解説する先生

コンセントに繋ぐだけで高速ネット(WiFi)が使えるWiMAXのホームルーターが熱いですね!

というのも、工事が不要・データ容量の制限なしでネットが使える最新の機器だからです。

それゆえ、「自宅でネットを使うならWiMAXのホームルーターを選べば失敗しない」と思っている人も多いのではないでしょうか?

しかしながら、口コミ・評判・料金などをよく調査してみると、使いすぎると速度制限がかかったり、他社と比べて安くないケースなど、リスクや注意点が多く見つかりました。

当ページでは、「WiMAXのホームルーターを契約しても大丈夫か?」を一発で判断できるように調査結果をまとめました。

13,000キャッシュバックも貰える! /
wimax+5G(ホームルーター)は工事不要で簡単!月額4,158円~

WiMAXのホームルーターの料金や端末代はいくらするの?

まず、WiMAXのホームルーターは以下の月額料金で使えます。

期間 月額料金
1~24ヶ月目 4,158
25ヶ月目~ 4,708円
説明する男性

また、契約期間は3年間で、端末代金は0円です。

立ち振る舞う女性

ふむふむ。じゃあ、WiMAXのホームルーターは他のサービスと比べて安いのかしら?

WiMAXのホームルーターと他社の月額料金を比較してみた。

実際に、人気のホームルーター4社でかかる月額料金を比較してみました。

  • WiMAX+5G
  • SoftBank Air
  • ドコモ home5G
  • auホームルーター5G

うまく見れない場合はスライドが可能

WiMAX+5G SoftBank
Air
docomo
home5G
auホームルーター5G
本体 WiMAX+5Gのホームルーター(Speed Wi-Fi HOME 5G L11)
Speed Wi-Fi
HOME 5G L12
SoftBank Air
Airターミナル4
ドコモのホームルーター(home 5G HR01)
home5G HR01
WiMAX+5Gのホームルーター(Speed Wi-Fi HOME 5G L11)
Speed Wi-Fi
HOME 5G L11
月額
基本料金
5,302円 5,368円 4,950円 5,170円
月額割引 2年間:-1,144円/月
3年目~:-594円/月
2年間:-2,288円/月 2年間:-550円/月
本体料金 0円 59,400円
(1,650円×36ヶ月)
39,600円
(1,100円×36ヶ月)
39,600円
(1,100円×36ヶ月)
本体割引 適用済 -59,400円
(-1,650円×36ヶ月)
-39,600円
(-1,100円×36ヶ月)
-39,600円
(-1,100円×36ヶ月)
実質
月額料金
4,158
(3年目~:4,708円)
3,080
(3年目~:5,368円)
4,950 4,620
(3年目~:5,170円)
特典 30,000 15,000
Aの札を掲げる男性

4社の中で月額料金が最も安いのは SoftBank Air でした。

WiMAXのホームルーターはSoftBank Airと月額基本料金自体に大差ありません。

ですが、SoftBank Airは24ヶ月間2,288円の割引を毎月適用させることができます。

立ち振る舞う女性

SoftBank Airなら、2年間はWiMAXよりも1,000円近く安くホームルーターが利用できるのね。

説明する男性

はい。料金面で比較するとSoftBank Airを選ぶのが最もお得です。

ですが、WiMAXのホームルーターの通信速度・品質は一度は確認しておくべきです。

WiMAXホームルーターの速度と通信品質を解説!口コミ・評判でも明らかな速度制限とは?

WiMAXのホームルーターは、WiMAX2+(4GLTE/5G)という無線通信技術の規格を用いて、月々に利用できるデータ容量が無制限の通信を提供しています。

ただ、上記の通信技術の規格などは覚える必要はありません。

WiMAXのホームルーターは、

  1. 通信速度は速いのか?
  2. 本当に高速のまま使い放題か?

という最も大切な2つのポイントを、実際のデータとリアルな評判や口コミを見ながら確認しておきましょう。

まず、実際のデータは以下の通りです。

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス
(機種名)
最大
速度(下り)
【規格】
最大
速度(上り)
【規格】
月間データ
容量GB
WiMAX
(HOME 5G L11)
2.7Gbps
【WiMAX2+/4GLTE/5G】
183Mbps
【WiMAX2+/4GLTE/5G】
制限なし
(3日で15GB)
auホームルーター5G
(HOME 5G L11)
2.7Gbps
【WiMAX2+/4GLTE/5G】
183Mbps
【WiMAX2+/4GLTE/5G】
制限なし
(3日で15GB)
ドコモ ホームルーター
(home 5G HR01)
4G:1.7Gbps
5G:4.2Gbps
4G:131.3Mbps
5G:218Mbps
制限なし
SoftBank Air
(Airターミナル4)
481Mbps※
【AXGP】
非公表 制限なし

※SoftBank Airの最大速度(下り)は、東京・名古屋・大阪のごく一部のエリアのみ最大962Mbpsの通信速度となっています。

1.そもそも通信速度は速いのか?

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス
(機種名)
最大
速度(下り)
【規格】
最大
速度(上り)
【規格】
ドコモ ホームルーター
(home 5G HR01)
4G:1.7Gbps
5G:4.2Gbps
4G:131.3Mbps
5G:218Mbps
WiMAX
(HOME 5G L11)
2.7Gbps
【WiMAX2+/4GLTE/5G】
183Mbps
【WiMAX2+/4GLTE/5G】
auホームルーター5G
(HOME 5G L11)
2.7Gbps
【WiMAX2+/4GLTE/5G】
183Mbps
【WiMAX2+/4GLTE/5G】
SoftBank Air
(Airターミナル4)
481Mbps※
【AXGP】
非公表

※SoftBank Airの最大速度(下り)は、東京・名古屋・大阪のごく一部のエリアのみ最大962Mbpsの通信速度となっています。

まず、ホームルーターの中で最も最大速度が速いのはドコモのホームルーター(home5G)を5Gのエリア内で利用した場合です。

ですが、5Gの提供エリアは一部のみと、まだまだ狭い範囲でしか利用できません。つまり、ほとんどの場合で最大速度は1.7Gbpsになるでしょう。

一方で、WiMAXのホームルーターの最大速度は2.7Gbpsです。

WiMAX2+・au 4GLTE・au5Gという3種類の通信を利用することができるので、繋がりやすく安定した高速通信で利用できるという特徴があります。

ちなみに、auホームルーター5GもWiMAXと同じ機種(HOME 5G L11)を提供しており、性能は全く同じです。※ 料金はauホームルーター5Gの方が割高

立ち振る舞う女性

コンセントに挿すだけで最大2.7Gbpsの高速通信が利用できるのはすごいわね。

ホームルーターの通信が快適だと言う声

ホームルーターの速度が遅いという声も一応ある。

2.7Gbpsという最大速度通り、「速度が遅い」という口コミや評判はあまり見られませんでした。

どの回線でも多少の個人差はありますが、この結果なら速度に関して心配する必要はないでしょう。

2.WiMAXのホームルーターは高速のまま使い放題か?

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス
(機種名)
月間データ
容量GB
ドコモ ホームルーター
(home 5G HR01)
制限なし
SoftBank Air
(Airターミナル4)
制限なし
WiMAX
(HOME 5G L11)
制限なし
(3日で15GB)
auホームルーター5G
(HOME 5G L11)
制限なし
(3日で15GB)

WiMAXのホームルーターは速度制限があるので、高速のまま使い放題ではありません。

※混雑回避のため前日までの直近3日間で15GB以上利用時に、翌日の混雑時間帯(18時から翌日2時頃)まで速度を概ね 1Mbps に制限します。

どういうことかというと、

  • 1ヶ月間で使えるデータ容量は無制限だが、
  • 3日間で15GBのデータ容量を使うと、おおよそ1Mbpsまで通信速度が下がる。

というものです。

ホームルーターの速度制限に困惑する声

慌てる男性

高速でインターネットが使い放題だとは絶対に思ってはいけません。

データ容量の制限なし!と言われているので、勘違いする人も多いのです。

動画・映画視聴を頻繁に行う人や、高画質で視聴する人から厳しい声も。

説明する男性

WiMAXのホームルーターは3日間で15GBを利用すると速度制限にかかります。

ですので、動画や映画を頻繁に視聴する人は速度制限にかかってしまうリスクもあります。

※ただし、スマホのような小さい画面でYoutube(標準画質)を見るぐらいであれば、3日間で15GBを使い切ってしまうことは珍しいです。

WiMAX ホームルーターの評判をまとめるとこうなる!

WiMAX ホームルーターの評判
  • 良い点】速度は十分に快適
  • 悪い点】使いすぎると速度制限

WiMAXのホームルーターは、3日間に15GB使用すると速度制限にかかる点がデメリットです。

つまり、「3日間でWiFiを15GB使うのか?」ということを契約前によく考える必要があります。

ただ、1ヶ月のスパンで見れば150GBも使えるレベルですので、一般的には十分すぎるデータ容量は確保されています。

速度制限のリスクを受けやすいケースをまとめましたので、当てはまる人は注意してください。

  • 動画や映画を3日で約13時間(1日4.3時間)以上視聴する人
  • 日常的にWiFiをたくさん利用する人が2人以上いるケース
  • WiFiの利用頻度は少ないが、家族(4~5人)でWiFiを使おうとしているケース
  • 1日のうち、大半の時間をネット利用で占める人

上記のように、WiFiの使用量が多い状況では速度制限を気にしながらWiFiを使うことになるリスクがあります。

その一方で、1~2人暮らしの人で、日中は仕事や学校があって、帰宅後にWiFiを使うようなケースであれば速度制限にかかるリスクは極めて少ないと言えます。

また、WiMAXのホームルーターでの速度制限は月末まで続くわけではなく、すぐに解除されますのであまり敏感にならなくても大丈夫です。

いつ通信速度制限になる?(18:00~26:00|夜6時~翌朝2時頃)

※通信制限は15GBを超えた日の翌日18時~26時頃だけです。

立ち振る舞う女性

なるほど。速度制限になっても1日間休ませておけばすぐに回復するのね!

13,000キャッシュバックも貰える! /
wimax+5G(ホームルーター)は工事不要で簡単!月額4,158円~

悩まない!WiMAXホームルーターに関するその他の評判も確認して判断しよう!

正直なところWiMAXのホームルーターは、「速度に問題はないが、速度制限のリスクがある」といったサービスです。

ネット中心の生活を送らないのであれば、安くて簡単にWiFiを使い始められる最高のサービスではあるものの、

状況によっては契約しようかどうか非常に悩んでいる人が多いのではないでしょうか…?

ここでは、そんな人のために様々な口コミや評判・リアルな声を調査して、最適な答えを業界人なりに記載しておきました。

もし、下記に記載している状況に当てはまるなら必見です。

\ 状況別に最適な答えを確認 /
  1. 光回線が使えないケース
  2. 引越しが近いケース
  3. 複数人でネットを利用するケース
  4. オンラインゲームをプレイするケース

1.光回線が使えないケース

説明する男性

光回線が提供エリア外だったり、そもそもマンション自体に光回線の設備が導入されていないといったケースがありますね。

このようなケースであれば、工事不要で使えるWiMAXのホームルーターを選んで間違いありません。

なお、この状況で他に検討すべきサービスとして「ケーブルテレビ回線(最大速度320Mbps)」がありますが、工事が必要である上に料金も高くなりがちですのでコスパが悪い傾向にあります。

2.引越しが近いケース

説明する男性

今後近いうちに引っ越しの可能性があって、光回線はマズイ(もしくは面倒くさい)と思ってしまうケースがありますね。

このようなケースでは、WiMAXのホームルーターを選んだ方が絶対に楽です。

ただし、光回線には契約期間のないサービスも存在するので、光回線に強いこだわりを持つなら「契約期間なし(縛りなし)の光回線」も合わせて確認しておくことをおすすめします。

いい感じのポーズをとる男性

光回線に固執しないなら、簡単に使えて速度も速いWiMAXのホームルーターが良いでしょう。

3.複数人でネットを利用するケース

説明する男性

同じ家の中でインターネットを複数人で利用するケースですね。

このケースでは、光回線を検討するのが第一優先です。

なぜなら、ホームルーターを契約すると、すぐに速度制限にかかってしまい、みんなが不便な思いをするリスクが高いからです。

また、家族で利用するならスマホ台数分の割引が受けられる光回線の方が安くなるケースもあります。

ただし、「二人暮らしで近々引越しするかもしれない・ネットはそこまでヘビーユーザーではない」という状況であればホームルーターを選ぶ方が良いでしょう。

速度制限にも悩まされずに、引っ越しをしても工事なしで高速のWiFiが楽しめます。

4.オンラインゲームをプレイするケース

説明する男性

ホームルーターでオンラインゲームを利用したいけど、大丈夫かな?というケースがありますね。

このケースでは、光回線を検討するのが第一優先です。

一見、WiMAXの通信速度は最大2.7Gbpsと高速で、オンラインゲームも快適にできるように思えてしまいますよね。

ただ、オンラインゲームでは通信速度だけではなく、ping(応答速度)が重要になってきます。

光回線と比べて、WiMAXのホームルーターはping(応答速度)が遅くなる傾向にあるので、オンラインゲームには不向きです。

また、ホームルーターはあくまで基地局から届く電波を受け取ってWiFiを飛ばすサービスです。そのため、思いもよらない原因で大きなラグが生じたり、最悪落ちたりするリスクもあります。

有線LANも使用できますが、あくまで基地局から家までは電波で通信しているので、安定性が求められるオンラインゲームでは明らかに不利でしょう。

一方、一部のゲームでは「難なくプレイできた!」という声も見られますが、リスクは高いです。

今後長くオンラインゲームをプレイし、周りの仲間に迷惑をかけないためにも何とか光回線を検討してみてください。

ただ、どうしても光回線の契約ができないという場合はWiMAXのホームルーターを選ばれる他に望ましい選択肢はないでしょう。

長く今の家に住む予定なら、使い放題のケーブルテレビ回線(320Mbps)を選んでも良いですし、これから引っ越しの可能性があるならWiMAXのホームルーターを選んでください。

結局のところ、WiMAXホームルーターを契約するべきはどんな人か?

  • 光回線を引くことができない物件にお住まいの人
  • 引越しが近くて光回線の工事が面倒だと感じる人
  • 大人数でWiFiを利用する予定がない人(1、2人なら許容範囲)
  • ガチのオンラインゲーマーではない人
  • 自宅で大容量の通信を行わない人

WiMAXホームルーターは、15GB以上利用した場合に速度制限がかかってしまいますが、3日で15GBを超えない限りは高速通信がずっと可能です。

また、引越し先での継続利用は住所変更の手続きだけで済むことや、コンセントに接続するだけで使い始められることを考えると、手間がありません。

説明する男性

もし、今の自宅に長く住む予定が無いのであれば、WiMAXのホームルーターでお手軽にWiFiの利用を始めるのが良いでしょう。

13,000キャッシュバックも貰える! /
wimax+5G(ホームルーター)は工事不要で簡単!月額4,158円~
すぐに利用を始めることができた人の声

逆に、WiMAXホームルーターがおすすめできない人

  • ネット上で動画・映画の視聴を頻繁に行いたい人
  • 当分(2~3年)の間、引越しの予定がない人
  • 大人数(家族など)でWiFiを利用するケース
  • ガチのオンラインゲーマー

上記に当てはまる場合は、速度制限にかかるリスクを毎日考えて過ごす必要が出てくるかもしれません。

また、いざというときに速度制限にかかってしまうことを考えると非常に頼りないですね。

ヘビーユーザーでも柔軟に対応できる人は良いのですが、通信量を気にせずにたっぷりWiFiを楽しみたいなら光回線を契約してください。

\ 光回線について確認しておこう! /
\ 引っ越し時期が分からない人へ /