騙されるな!WiMAXホームルーターの評判や料金・品質を調査した結果に驚愕・・・

  • Pocket
  • LINEで送る
不安がる女性にWiMAXのホームルーターが大丈夫かどうかを評判や料金・通信品質をもとに解説する先生

コンセントに繋ぐだけで高速ネット(WiFi)が使い始められるWiMAXのホームルーターが熱いですね!

というのも、工事が不要で、料金が安く、データ容量の制限なくネットが使える最新の機器だからです。

それゆえ、自宅でネットを使うならWiMAXのホームルーターであれば失敗することはないだろうと思われている人が多いのではないでしょうか?

しかしながら、口コミ・評判・料金などをよく調査してみると、使いすぎると速度制限がかかったり、他社と比べて安くないケースなど、リスクや注意点が多く見つかりました。

当ページでは、みなさんにとって「WiMAXのホームルーターを契約すべきか?すべきでないか?」が一発で判断できるように調査結果をまとめておきました。

WiMAXのホームルーターの料金や端末代はいくらするの?

まず、WiMAXのホームルーターは以下の月額料金で使えます。

期間 月額料金
1~2ヶ月目 2,170
3~36ヶ月目 3,480
37カ月目以降 4,263

※契約期間は3年間(36ヵ月間)です。

立ち振る舞う女性

契約期間3年のうち、はじめの2ヶ月間は安くて、そのあとの期間は、3,480円/月(税抜)の月額料金で使えるということね!

説明する男性

はい。また、端末料金は円となっています。

WiMAXのホームルーターの月額料金は他社よりも安かった!

\ 料金比較表 /
 WiMAX  auスマート
ポート
SoftBank
Air
本体 auスマートポート SoftBank Air
月額
基本料金
3,480 4,880 4,880
本体料金 0円 28,080円
780円 × 36回
1,620円
×36ヵ月
割引1 適用済み
(× 36ヶ月※)
-780円
×36ヵ月

(毎月割)
-1,620円
×36ヵ月
割引2 -500円
×25ヵ月
-1,080円
×24ヵ月
【合計】
実質的な
月額料金
3,480 4,380 3,800
キャッシュバック
特典
なし なし 33,000

※36ヵ月の割引期間のうち初めの2ヶ月間は割引額が高くなり、2,170円/月(税抜)で使えます。

WiMAXのホームルーターは他社と比べて月額料金が安いです。

ただ、SoftBankやauの携帯を利用している人は注意してください。

なぜなら、お使いの携帯会社(SoftBank, KDDI)が提供しているホームルーターを利用すると最大で2,000円/月の割引を受けることができるからです。

WiMAXホームルーターの月額料金は安いのですが、セット割引があまり充実していないので総合的に見て高くなってしまうリスクがあるのです。

Aの札を掲げる男性

ただ、docomoや格安SIMを利用している人ならWiMAXのホームルーターの月額料金は安いと言えます。

\ ユーザー別のおすすめを比較 /
auやSoftBankユーザーは一度確認しておきましょう。

【補足】auユーザーの人へ

WiMAXの提供元(UQコミュニケーションズ)はKDDIグループの会社です。

そのため、au携帯を利用している人には「auスマートバリューmine」という割引を用意してくれています。

このことから「auスマホユーザー=WiMAXのホームルーター」などと言われていますが、正直そう考えるのは早いです。

なぜなら、WiMAXのホームルーターで用意されているセット割引は、劣化バージョンだからです。

\ 実際に比較 /
 WiMAX  auスマート
ポート
本体 WiMAX auスマートポート
月額
基本料金
3,480 4,880
本体料金 0円 28,080円
(780円 × 36回)
割引1 適用済み
(× 36ヶ月※)
-780円
×36ヵ月

(毎月割)
割引2 -500円
×25ヵ月
割引3 -588円
×25ヵ月
セット割
(最大)
-1,000円
×1台のみ
-2,000円
× 複数台
【合計】
実質的な
月額料金
2,480 1,792
(安い!)
契約特典 なし なし

※36ヵ月の割引期間のうち初めの2ヶ月間は割引額が高くなり、2,170円/月(税抜)で使えます。

auが提供しているホームルーター「auスマートポート」と比べると、WiMAXのホームルーターは実質料金が高くなっていますね。

なぜなら、WiMAXのホームルーターを契約して適用できる割引は、「auスマートバリューmine」と呼ばれるもので割引額が-1,000円/月(最大)と小さく、一人分しか適用できないからです。

ちなみに、auが提供するホームルーター(auスマートポート)で適用できる「auスマートバリュー」は、割引額が2,000円/月(最大)と高く、家族への複数適用が可能で、圧倒的にお得な割引となっています。

※auスマートバリューは携帯料金からの割引なので、同居するご家族全員の携帯料金を安くできます。

auスマートバリューmineとauスマートバリューは全く異なるものだと覚えておきましょう。

不安になる女性

割引の名称は似ているけど、同じものではないのね…。

Aの札を掲げる男性

もしあなたがauユーザーならauが提供するホームルーター「auスマートポート」を検討すべきだと言えるでしょう。

ちなみに、WiMAXのホームルーターもauのホームルーターも大元が同じKDDIですので、速度や機種ともに同品質となっています。

立ち振る舞う女性

なるほど。auユーザーだったらauスマートポートを選んだ方が良いというわけね。

\ 詳しくはこちら /
auユーザーならWiMAXのホームルーターよりも優先して確認しておきましょう!

WiMAXホームルーターの速度と通信品質を解説!口コミ・評判でも明らかな速度制限とは?

WiMAXのホームルーターは、WiMAXという無線通信技術の規格を用いて、データ容量が無制限の通信を提供しています。

※auスマートポートも同じくWiMAXを用いているので、通信品質は同等です。

ただ、上記の通信技術の規格などは覚える必要はありません。

WiMAXのホームルーターは、

  1. 通信速度は速いのか?
  2. 本当に高速のまま使い放題か?

という最も大切な2つのポイントを、実際のデータとリアルな評判や口コミを見ながら確認しておきましょう。

まず、実際のデータは以下の通りです。【⇒比較しやすいように代表的な固定回線も載せておきました】

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス
(機種名)
1.通信速度
(最大)【規格】
2.月間データ容量GB
ケーブルテレビの
インターネット
320Mbps 高速のまま
使い放題
Softbank Air
(Airターミナル3)
261Mbps
~350Mbps
【AXGP】
制限なし
auスマートポート
(Speed Wi-Fi HOME L01)
440Mbps
【WiMAX】
制限なし
※3日で10GB越えで
速度制限
WiMAX
(Speed Wi-Fi HOME L02)
558Mbps
【WiMAX】
制限なし
※3日で10GB越えで
速度制限
光回線サービス※
(auひかりなど)
1Gbps
(1,000Mbps)
高速のまま
使い放題

※SoftBank AirにはauスマートポートやWiMAXで設けられている「3日で10GB利用した場合にかかる速度制限」はありません。

1.そもそも通信速度は速いのか?

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス
(機種名)
最大通信速度(下り)
【規格】
ケーブルテレビの
インターネット
320Mbps
Softbank Air
(Airターミナル3)
261Mbps
~350Mbps
【AXGP】
auスマートポート
(Speed Wi-Fi HOME L01)
440Mbps
【WiMAX】
WiMAX
(Speed Wi-Fi HOME L02)
558Mbps
【WiMAX】
光回線サービス※
(auひかりなど)
1Gbps
(1,000Mbps)

回線別でいうと、WiMAXのホームルーターは光回線の次に高速です。

また、WiMAXホームルーターの558Mbpsという通信速度は、個人の利用目的ならほぼ全てをカバーできると考えて頂いて問題ありません。

ホームルーターの通信が快適だと言う声

ホームルーターの速度が遅いという声も一応ある。

説明する男性

558Mbpsという数値の通り、「速度が遅い」という口コミや評判はあまり見られませんでした。

どの回線でも多少の個人差はありますが、この結果なら速度に関して心配する必要はないでしょう。

2.WiMAXのホームルーターは高速のまま使い放題か?

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス
(機種名)
月間データ容量
ケーブルテレビの
インターネット
高速のまま
使い放題
Softbank Air
(Airターミナル3)
制限なし
auスマートポート
(Speed Wi-Fi HOME L01)
制限なし
※3日で10GB越えで
速度制限
WiMAX
(Speed Wi-Fi HOME L02)
制限なし
※3日で10GB越えで
速度制限
光回線サービス※
(auひかりなど)
高速のまま
使い放題

※SoftBank AirにはauスマートポートやWiMAXで設けられている「3日で10GB利用した場合にかかる速度制限」はありません。

WiMAXのホームルーターは速度制限があるので、高速のまま使い放題ではありません。

公式サイトにも以下の記載があります。

混雑回避のための速度制限(3日間で10GB以上利用時)があります。

どういうことかというと、

  • 1ヵ月に使えるデータ容量は無制限だが、
  • 3日間で10GBのデータ容量を使うと、おおよそ1Mbpsまで通信速度が下がる。

というものです。

ホームルーターの速度制限に困惑する声

慌てる男性

高速でインターネットが使い放題だとは絶対に思ってはいけません。

データ容量の制限なし!と言われているので、勘違いする人も多いのです。

動画・映画視聴を頻繁に行う人や、高画質で視聴する人から厳しい声も。

説明する男性

WiMAXのホームルーターは3日間で10GBを利用すると速度制限にかかります。

ですので動画・映画を高画質で楽しみたい人や、頻繁に視聴したい人は速度制限に悩まされることは間違いないでしょう。

※ただ、スマホのような小さい画面でYoutube(標準画質)を見るぐらいであれば、3日間で10GBを使い切ってしまうことは珍しいです。

大みそかに速度制限

不安になる女性

連休で家にいる時間が長くなると、通信量を気にしながらネットを利用しなきゃいけないわね…。

悩まない!WiMAXホームルーターに関するその他の評判も確認して判断しよう!

「インターネットを使う上でホームルーターしか考えていない」という人は以下の記事にて自分に最適なサービスを選べば間違いありません。

しかし、正直なところWiMAXのホームルーターは、「速度に問題はないが、速度制限でリスクがある」といったサービスです。

そのため、状況によっては契約しようかどうか非常に悩んでいる人が多いのではないでしょうか…?

ここでは、そんな人のために様々な口コミや評判・リアルな声を調査して、最適な答えを業界人なりに記載しておきました。

自分と同じような状況にいるケースを見つけたら必見です。

\ 状況別に最適な答えを確認 /
  1. 光回線が使えないケース
  2. 引越しが近いケース
  3. 複数人でネットを利用するケース
  4. オンラインゲームをプレイするケース

1.光回線が使えないケース

説明する男性

田舎に住んでいて光回線が提供エリア外だったり、そもそもマンション自体に光回線の設備が導入されていないといったケースがありますね。

このようなケースであれば、本当に光回線が引けないのかどうか?を確認するのが第一優先です。

光回線には、NTTの光回線、KDDIの光回線、エリア限定の光回線が主に存在しているので、「使えないと思っていたけど、実は使える光回線があった。」というケースもあるのです。

ただ、マンションに住んでいる場合は管理会社に聞くのが最も良いです。

それでも光回線が使えないのであれば、自分にとって最適なホームルーターを選ぶという選択肢が良いでしょう。

2.引越しが近いケース

説明する男性

今後近いうちに引っ越しの可能性があって、光回線はマズイ(もしくは面倒くさい)と思ってしまうケースがありますね。

このようなケースでは、縛り(契約期間)のない光回線サービスを一度確認するのが第一優先です。

光回線は契約期間が付きものだと思われていますが、契約期間のないサービスもあります。

また、工事費用に関してもキャンペーンで実質0円にすることも可能です。

ただ、「速度制限があってもいい。光回線にこだわりはない。」というのであれば、ホームルーターを迷わずに選ぶのが良いです。

3.複数人でネットを利用するケース

説明する男性

同じ家の中でインターネットを複数人で利用するケースですね。

このケースでは、光回線を検討するのが第一優先です。

なぜなら、ホームルーターを契約すると、すぐに速度制限にかかってしまい、みんなが不便な思いをするリスクが高いからです。

また、家族で利用するならホームルーターよりも光回線の方が安くなるケースが多い傾向にあります。

ただし、「二人暮らしで近々引越しするかもしれない・ネットはそこまでヘビーユーザーではない」という状況であればホームルーターを選ぶ方が良いでしょう。

速度制限にも悩まされずに、引っ越しをしても工事なしでネットが利用できます。

4.オンラインゲームをプレイするケース

説明する男性

ホームルーターでオンラインゲームを利用したいけど、大丈夫かな?というケースがありますね。

このケースでは、光回線を検討するのが第一優先です。

一見、WiMAXの通信速度は558Mbpsと高速で、オンラインゲームも快適にできるように思えてしまいますよね。

ただ、オンラインゲームではpingと呼ばれる応答速度がより重要になってくるので、光回線の通信品質がどうしても欲しいところです。

また、ホームルーターはあくまでモバイル回線であることから電波の都合で大きなラグが生じたり、最悪落ちたりするリスクもあります。

有線LANも繋げますが、基地局から家までは電波で通信しているので、天候などによって通信品質が左右されてしまうこともあります。

一方、一部のゲームでは「難なくプレイできた!」という声も見られますが、リスクが高い上におすすめできません。

今後長くオンラインゲームをプレイし、周りの仲間に迷惑をかけないためにも何とか光回線を検討してみてください。

結局のところ、WiMAXホームルーターを契約するべきはどんな人か?

  • 光回線を引くことができない物件にお住まいの人
  • 引越しが近くて光回線の工事が面倒だと感じる人
  • 複数人でWiFiを利用する予定がない人(1,2人なら許容範囲)
  • オンラインゲームをプレイしない人
  • 自宅で大容量の通信を行わない人

WiMAXホームルーターは、10GB以上利用した場合に速度制限がかかってしまいますが、3日で10GBを超えない限りは高速通信がずっと可能です。

また、引越し先での継続利用は住所変更の手続きだけで済むことや、コンセントにホームルーターを接続するだけで使い始められることを考えると、手間がありません。

もし、今の自宅に長く住む予定が無いのであれば、WiMAXのホームルーターでお手軽にWiFiの利用を始めるのが良いでしょう。

逆に、WiMAXホームルーターがおすすめできない人

  • ネット上で動画・映画の視聴を頻繁に行いたい人
  • 当分(2~3年)の間、引越しの予定がない人
  • 自宅にいる複数人(家族など)がWiFiを同時利用するようなケース
  • オンラインゲームをする人

WiMAXホームルーターを使い始めると、速度制限にかかるリスクを毎日考える必要があります。

あまりネットを使わない人であれば速度制限にかかることはほぼありませんが、複数人でのWiFi利用や、頻繁に通信を行うケースではイライラさせられることもあるでしょう。

かといって、光回線よりも安く利用できるかと言われればそういうわけでもなく、光回線の方が安く済むケースもあります。

上記の項目を見て、「光回線を利用しないとキツいかも…。」と迷ってしまうかもしれませんが、そんな場合は迷わずに光回線を利用したインターネットサービスを選ぶ・または一度確認しておくのが無難です。

\ 光回線について確認しておこう! /
\ 引っ越し時期が分からない人へ /
  • Pocket
  • LINEで送る