auひかりの工事費は本当に無料? 巧妙な仕組みに騙されるな!

  • Pocket
  • LINEで送る
auひかりの工事費が無料で喜ぶ女性

auひかりは工事費が無料でお得に使えるとよく言われていますよね!

ですので皆さんはauひかりの工事費は誰でも0円になると考えてはいませんか?

しかし実際には「ある条件」を達成できなければ、逆に高額な工事費用が請求される事態に陥ってしまいます。

困る男性

auひかりは素晴らしいサービスではありますが、工事費が無料にならない場合は損をしてしまうことが多々あります。

まずauひかりの工事費は無料ではなくトップクラスの高さ!

auひかりの工事費は無料ではなく通常、

  • ホームタイプで37,500円
  • マンションタイプで30,000円

の工事費がかかります。

説明する男性

以下の表で各光回線サービスの工事費と比較してみましょう。

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス名 工事費
(マンション)
工事費
(ファミリー)
auひかり 30,000 37,500
SoftBank光 24,000円
(新設契約の場合)
24,000円
(新設契約の場合)
ドコモ光 15,000 18,000
IIJmioひかり 15,000 18,000
AsahiNet光 15,000 18,000
エディオンネット 15,000 18,000
ぷらら光 15,000 18,000
OCN光 15,000 18,000
enひかり 15,000 15,000

このように、他社光回線サービスと比べて、auひかりの工事費はトップクラスの高さということがわかります。

auひかりの工事費はどうして無料だと言われているの?

auひかりは通常では30,000円〜37,500円の工事費がかかります。

しかし、「初期費用相当額割引」というキャンペーンにより工事費を実質無料にすることができるため、「auひかりの工事費は無料」と言われているのです。

説明する男性

マンションとホーム(一戸建て)において工事費が無料になる「初期費用相当額割引」について確認しておきましょう。

初期費用相当額割引の内容は、

で異なります。自分のお住まいに合わせて確認していきましょう!

【マンション】工事費が無料になる仕組み・その条件とは?

まず、集合住宅(マンションやアパート)にお住まいの人がauひかりを契約すると工事費用は合計で30,000円だと先ほどお伝えしました。

しかし、30,000円を1回払いにすると負担が大きすぎるので、「24回払いで支払ってください」という分割払いを毎月行うことになります。

説明する男性

しかし、この分割払いの工事費は「初期費用相当額割引」で0円になります。

工事費を無料にする「初期費用相当額割引」って?

初期費用相当額割引のメリット(マンションタイプ)

上記のようにauひかりを契約する人は初期費用相当額割引によって毎月1,250円の割引を受けることが可能です。

つまり、24回払い(1,250円×24ヵ月)で工事費を支払わなければいけないものの、支払う金額(1,250円)がまるまる月額料金から割引されるのです。

となると実質的には工事費用を支払っていないような感じになりますよね。(工事費無料のしくみ)

喜ぶ女性

なるほど。工事費用は毎月支払わなくてはいけないけれど、初期費用相当額割引で実質的に支払い分が0円になるわけね。

説明する男性

その通りです。ですが、「初期費用相当額割引」を受けるためには条件を満たす必要があります!

工事費を無料にする「初期費用相当額割引」の条件とは?

初期費用相当額割引を受けて、工事費を実質無料にするための条件は以下の通りです。

  1. 「ネット」の申し込み
  2. 24ヶ月間の継続利用

そのうち注目すべきは「 24ヶ月間の継続利用」です。

24ヶ月間の継続利用ができない場合は初期費用相当額割引を受けることができず、工事費が無料にならないのです。

auひかり公式ページの注釈(※)にも以下のような記述が小さく記載されています。

24カ月以内で解約した場合、割引は継続いたしません。

例えば、(ここではわかりやすいように)auひかりを12ヵ月の間だけ利用して解約するとします。

そうすると、残った12ヵ月分の工事費用は無料になりません。解約時に12ヵ月分の工事費用(15,000円)を一括払いしなくてはならないということです。(工事費の残額

とはいうものの、今の家にあなたが2年間(24カ月間)住み続けるのであれば気にしなくてもよい条件だとも言えるでしょう。

キャンペーンページ
auひかり
申し込み手順を見るボタン
説明する男性

ここからはホームタイプの説明となりますので、飛ばして次の項目(「auひかりの工事費が無料にならない人はこんなひと!」)を確認してみましょう。

次の項目へ進む。

【ホーム(一戸建て)】工事費が無料になる仕組み・その条件とは?

ホームタイプ(一戸建て)のauひかりにかかる開通工事費は37,500円だと先ほどお伝えしました。

しかし、37,500円を一括払いにすると負担が大きすぎるので、「60回の分割払い(625円 × 60ヵ月))で支払ってください」という形になります。

説明する男性

そして、この分割払いの工事費が「初期費用相当額割引」で0円になります!

工事費を無料にする「初期費用相当額割引」って?

auひかりの初期費用相当額割引の内訳イラスト(60ヵ月間にかけて毎月最大625円を割引することで、合計37,500円分の工事費額が無料になる)

auひかりでは上記のように初期費用相当額割引を利用することができるようになっています。

つまり、60回払い(600円 × 60ヵ月)で工事費を支払わなければいけないものの、毎月支払う金額(600円)がまるまる月額料金から割引されるのです。(初期費用相当額割引

となれば、実質的には工事費用を支払っていないような形になりますよね。(工事費実質無料と言われる理由)

喜ぶ女性

なるほど。工事費用は毎月支払わなくてはいけないけれど、初期費用相当額割引で支払い分が0円になるということね。

説明する男性

その通りです。ですが、「初期費用相当額割引」を受けるためには条件を満たす必要があります。

工事費を無料にする「初期費用相当額割引」の条件とは?

初期費用相当額割引を受けて、工事費を実質無料にするための条件は以下の通りです。

  1. 「ネット+電話」の申し込み
  2. 60ヶ月間の継続利用

まず、 「ネット+電話」の申し込み条件ですが、auのスマホユーザーの方であれば気にしなくても問題ありません。

なぜなら、auスマホを持っている人は「auスマートバリュー(セット割引)」を適用する際に固定電話がプラン内に組み込まれているからです。

その一方、auスマートバリュー(セット割引)を適用できない他社携帯ユーザーの人はauひかりの工事費を実質無料にするためには固定電話も加入する必要があるので注意が必要です。

立ち振る舞う女性

auスマホユーザーでセット割引をするならの条件は既にクリアできるということね。

説明する男性

その通りです。しかし他社ユーザーの場合は固定電話のオプション(500円/月)が必要になるため注意しておきましょう。

次に注目すべきは「 60ヶ月間の継続利用」という条件です。

これは、auひかりを60ヶ月間継続利用しなければ、初期費用相当額割引で工事費を無料にすることができないという意味です。

とはいっても、一戸建てでauひかりを利用される方に限っては長期的に利用されるケースが多く、早期の解約は少ないでしょう。

ですので、60ヶ月間の継続利用もあまり厳しい条件ではありません。

※ もしマンションに住んでいるもののホームタイプの契約になってしまう人は短期間で引っ越し・解約をするケースもあるので注意が必要です。

Aの札を掲げる男性

まとめると、一戸建てにお住まいならauひかりの工事費は難なく無料にできると言えるでしょう。

キャンペーンページ
auひかり
申し込み手順を見るボタン

auひかりの工事費が無料にならないのはこんな人!

これまでご説明してきたポイントを全部まとめると、auひかりの工事費を無料にできないのは以下のような人となります。

  1. 契約期間内に解約をする人
  2. 契約期間内にauひかりエリア外へ引っ越しをする人
  3. 【ホームタイプのみ】「ネット+固定電話」の契約をしない人
説明する男性

少しでも当てはまる項目がありそうなら要チェックです!

その1:契約期間内に解約をする人

「初期費用相当額割引」を適用させて工事費を無料にするには、

  • マンションタイプで、24ヶ月
  • ホームタイプで、60ヶ月

上記の期間の継続利用が必須です。

つまり、この期間内にauひかりを解約してしまうと、工事費の残債を支払うことになります。

不安になる女性

工事費の残債…高額になると思うと怖いわ。

説明する男性

はい。auひかりを決められた期間まで利用しなければ工事費が無料になることはないのです。

ちなみに「早期解約の可能性がある」という人には、 契約期間なし(縛りなし)の光回線サービスがおすすめです。

(補足:引っ越し先でもauひかりを継続利用できるという人は引越しサポートが付いてくるため、縛りなしの光回線を選ぶメリットはほとんどありません。)

その2:契約期間内にauひかりエリア外へ引っ越しをする人

auひかりの提供エリア外や未導入物件へ引っ越すとauひかりは必ず解約しなければなりません。

この場合、初期費用相当額割引も解約と同時に終了するので、工事費の残債を請求されてしまうことになります。

困る男性

つまり、契約期間内にauひかり提供エリア外に引越しをすると工事費無料ではなくなるということになります。

※提供エリア内へ引越し&継続利用するときの工事費は?

提供エリア内への引っ越しであっても、工事費が残っていた場合、一度はすべて支払う必要があります

しかし、継続してauひかりを利用する場合は、引っ越し前に支払った工事費の残債額は戻ってくるため実質的にはマイナスにはなりません。(継続利用のメリット)

また、引っ越し先で再度かかる工事費に関しても「初期費用相当額割引」を適用することが可能です。

その3:【ホームタイプ】「ネット+固定電話」の契約をしない人

ホームタイプ(一戸建て向け)のauひかりを契約する人が工事費を無料にするには、必ず「ネット+電話」の契約が必要になります。

固定電話を契約せずにauひかりを使い始めてしまうと、工事費を実質無料にすることができないため注意しておきましょう。

しかし、auスマートバリュー(セット割引)を適用するauスマホユーザーだけは例外です。

説明する男性

なぜならauスマートバリューを適用するには固定電話のオプションも同時に加入することになるからです。

キャンペーンページ
auひかり
申し込み手順を見るボタン

【まとめ】auひかりは工事費が無料になれば最高の光回線サービス

いくつか条件はあるものの、auひかりは高額な工事費用を実質無料にすることが比較的に簡単なサービスとなっています。

その上、auひかりは工事費を無料にすることさえできれば、「料金が安い、通信速度が早い、キャンペーンの充実度がNO.1 」というインターネット契約に必要なポイントが3拍子で揃っていて確実にお得に使えるサービスです。

詳しくは「auひかりの評判や料金・速度をガチ調査した結果」にて解説していますが、auひかりが利用できるエリア・物件にお住まいの人にとっては間違いのないサービスなのです。

  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA