【騙されるな】auひかりでGMOとくとくBBを選ぶと損って本当?評判・料金・速度を調査した結果。

  • Pocket
  • LINEで送る
auひかりのGMOとくとくBBを徹底解説する先生と、話を聞く女性

auひかりのプロバイダについて調べているとGMOとくとくBBを選ぶべき!といった情報をよくみかけますね。

とはいえ、実際にauひかりのプロバイダ選びでGMOとくとくBBを検討している人の中には、

  • 本当にGMOとくとくBBを選んで損しない?
  • GMOとくとくBBを選ぶことで料金が高くなることはない?
  • 回線品質や速度は大丈夫?
  • キャッシュバックが他社よりお得って本当?

というような疑問や不安を抱えている人も多いのではないでしょうか?

結論からお伝えすると、auひかりのGMOとくとくBBは必ずしも全員にとってリスクなしでお得に契約できるプロバイダではありません。

説明する男性

auひかり×GMOとくとくBBの組み合わせが自分にとって最適かどうか一緒に見極めていきましょう。

auひかりのGMOとくとくBBとは?他社より充実してるって本当?

まず、auひかりを契約する際はインターネットの接続業者であるプロバイダを選ぶ必要があります。

auひかりのプロバイダは8種類から選べる。

なお、auひかりで選べるプロバイダは上記の8社です。

説明する男性

つまり、GMOとくとくBBはauひかりで選べるプロバイダの1つということになります。

ちなみに、プロバイダでGMOとくとくBBを選ぶと「GMOとくとくBB × auひかり」と記載されることもあります。

GMOとくとくBBの役割ってなに?

auひかりでGMOとくとくBBを選ぶと、以下のような流れでインターネットが使えるようになります。

auひかり(光回線)とGMOとくとくBB(プロバイダ)を接続することで自宅でインターネットが使えるようになる

Aの札を掲げる男性

GMOとくとくBBはauひかり(光回線)とインターネットを接続する役割を果たしてくれるのです。

また、GMOとくとくBBでは他にも便利な各種サービスを受けることができます。

GMOとくとくBB × auひかりで利用できるサービスは?

提供サービス 内容
IPv6 対応
セキュリティサービス
(12ヶ月無料)
訪問サポート
(有料)
リモートサポート
メールアドレスの提供 15アドレス

GMOとくとくBBではセキュリティサービスや訪問サポートも利用することができます。

立ち振る舞う女性

これは他のプロバイダと比べて充実しているのかしら?

説明する男性

実は上記でお伝えした各種サービスは他のプロバイダでも利用できるものがほとんどです。

ではなぜ、auひかりではGMOとくとくBBを選ぶべき!と言われているのでしょうか。

それは、GMOとくとくBBでしか適用できない3つのメリットがあるからです。

auひかりでGMOとくとくBBを選ぶメリットは?2020年11月最新のキャンペーン情報も。

auひかりでGMOとくとくBBを選ぶと以下つのメリットを受けることができます。

  1. 月額料金が安い!
  2. 光電話の基本料金が0円。
  3. 現金キャッシュバックもついでに貰える。

メリット1.月額料金が安い!

auひかり(GMOとくとくBB)は以下の月額料金でインターネットが使えます。

お住まい 月額料金
集合住宅
(マンションタイプ)
2,600
一戸建て
(ホームタイプ)
4,000
喜ぶ女性

え!集合住宅ならたったの2,600円でネットが使えるの?すごいわ。。

説明する男性

そうなんです。月額料金の大幅割引キャンペーンにより2020年11月現在は安く利用できるのです。

以下よりお住まいの建物のタイプに合わせて詳しい料金を確認していきましょう。

【集合住宅にお住まいの人向け】


【一戸建てにお住まいの人向け】

【集合住宅向け】の月額料金

1ヶ月目
(開通月)
2~24ヶ月目 25ヶ月目~
0 2,600 3,800

※上記はマンションタイプの「タイプV(16契約以上)」「タイプG(16契約以上)」「都市機構G DX-G」の場合の料金です。

Aの札を掲げる男性

開通月は0円で、その後24ヶ月目までは2,600円でネット利用ができます。

ちなみに、この月額料金はプロバイダで「au one net」を選んだ場合と比較しても非常にお得であることがわかります。

プロバイダ 1ヶ月目
(開通月)
2~24ヶ月目 25ヶ月目~
GMO
とくとく
BB
0円 2,600円 3,800
au
one
net
3,800
立ち振る舞う女性

GMOとくとくBBなら2年間auひかりが安く使えるのね!

【メリット2】に進む

【一戸建て向け】の月額料金

1ヶ月目
(開通月)
2~36ヶ月目 37ヶ月目~
0 4,000 4,900

※上記は「ずっとギガ得プラン(3年契約)」を選んだ場合の料金です。

Aの札を掲げる男性

開通月は0円で、その後36ヶ月目までは4,000円でネット利用ができます。

ちなみに、この月額料金はプロバイダで「au one net」を選んだ場合と比較しても非常にお得であることがわかります。

プロバイダ 1ヶ月目
(開通月)
2~36ヶ月目 37ヶ月目~
GMO
とくとく
BB
0円 4,000円 4,900
au
one
net
5,100 1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目:4,900円
4,900
立ち振る舞う女性

GMOとくとくBBなら3年間もauひかりが安く使えるのね!

メリット2.光電話の基本料金が0円。

auひかり(GMOとくとくBB)は通常500円/月かかる光電話が、

  • マンションタイプの場合、年間
  • ホームタイプの場合、年間

上記の期間0円で使えます。

説明する男性

光電話を契約する人はマンションタイプで12,000円、ホームタイプで18,000円の費用負担が無くなる計算になります。

【補足】光電話0円はauスマートバリューを適用させる人にも嬉しいメリット。

auスマートバリューを適用させるためには、たとえ光電話の利用予定がなくても光電話のオプション契約が必須です。

ですので、中には「光電話を利用しないのにオプション料金がかかるのは勿体ない。」と思う人もいらっしゃるかと思います。

このような場合、auひかりのプロバイダでGMOとくとくBBを選んでおけば光電話のオプション料金(500円/月)を避けることができるのです。

立ち振る舞う女性

毎月500円かかるのとかからないのとでは年間で見ると大きな差になるから、ありがたいわね。

メリット3.現金キャッシュバックもついでに貰える。

auひかりでGMOとくとくBBを選ぶと2020年11月現在、以下の現金キャッシュバックが貰えます。

  • マンションタイプ:最大5,000円
  • ホームタイプ:最大20,000円
説明する男性

このキャッシュバックはネットと一緒に光電話も契約した人がついでに貰えるものです。

なお、GMOとくとくBBの現金キャッシュバックについては注意点もあります。(後述しています。)

auひかり×GMOとくとくBBのメリット
  • 月額料金が安い。(開通月は0円
  • 光電話の基本料金が最大36ヶ月間0円
  • ネット+光電話の利用で、最大20,000円の現金キャッシュバックが貰える。

auひかりでGMOとくとくBBを選ぶ前に知っておくべき致命的なデメリット

auひかりでGMOとくとくBBを選ぶとキャッシュバックの受け取りに関して以下の致命的なデメリットがあります。

  • ネットと光電話をセットで契約しなければキャッシュバックが貰えない。
  • キャッシュバックの受け取り時期は最短で1年後
  • キャッシュバックの受け取りが2回に分けられる場合がある。

まず、auひかり(GMOとくとくBB)で現金キャッシュバックを受け取るにはネットと光電話をセットで契約することが前提となっています。

そのうえで、契約するプランに合わせた以下の現金キャッシュバックが受け取れる仕組みになっています。

お住まい プラン
(契約期間)
キャッシュ
バック
集合住宅
(マンションタイプ)
お得プラン
(2年契約)
5,000
お得プランA
(2年契約)
5,000
標準プラン
(なし)
2,000
一戸建て
(ホームタイプ)
ずっと
ギガ得プラン
(3年契約)
20,000
ギガ得プラン
(3年契約)
20,000
標準プラン
(なし)
10,000
立ち振る舞う女性

ネットと光電話をセットで契約すれば最大2万円のキャッシュバックが貰えるのね。

ただし、キャッシュバックを受け取るためには、

  • マンションタイプの場合は11ヶ月目
  • ホームタイプの場合は11ヶ月目23ヶ月目

上記のタイミングで送られてくる「キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール」にて手続きが必要です。

悩む女性

ホームタイプの場合は手続きが2回必要なのね。

説明する男性

はい。ホームタイプのキャッシュバックは半額ずつ2回に分けて振り込まれます。

なお、メールが届いた翌月末までに振込口座を指定する手続きをしなければキャッシュバックは貰えませんので注意しましょう。

※手続きが無事に完了すると翌月末日に指定した口座に振り込まれます。

【補足】選ぶプロバイダに関わらず共通しているauひかりのデメリット

  1. 提供エリアが限られている。
  2. 解約時にかかる費用が高額になることも。

1.提供エリアが限られている。

auひかりは選ぶプロバイダに関わらず、一戸建てで以下のエリアにお住まいの人は利用することができません。

うまく見れない場合はスライドが可能

auひかり
(ホーム)
提供外エリア
都道府県一覧
東海 愛知県・岐阜県・三重県・静岡県
関西&近畿 滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県
その他 沖縄県・長野県
説明する男性

上記のエリアにお住まいの人は残念ながらauひかりを利用することはできません。

※ 提供エリア外にお住まいの人はauひかりと同等の品質とお得さで契約できる光回線を以下のページにて紹介していますので参考にしてみてください。

\ auひかりがエリア外だった人向け /

2.解約時にかかる費用が高額になることも。

auひかりは、

  • マンションタイプで2年契約
  • ホームタイプで3年契約

上記の契約期間で契約するのが一般的です。

そして、この契約期間の途中で解約すると以下の解約金が発生します。

お住まい 月額料金
集合住宅
(マンションタイプ)
7,000
一戸建て
(ホームタイプ)
15,000

※ホームタイプを2年契約で契約した場合の解約金は9,500円です。

また、一戸建て(ホームタイプ)に関しては上記の解約金とは別に、28,800円の撤去工事費もかかります。

説明する男性

auひかりは契約期間内に途中解約すると高額な費用が請求されますので注意しましょう。

auひかり(GMOとくとくBB)の回線品質・速度は大丈夫?

料金面やキャッシュバックなどについて確認したところで、次にauひかり(GMOとくとくBB)の回線品質や速度をチェックしていきます。

auひかり(GMOとくとくBB)の速度に関する口コミ

auひかりでGMOとくとくBBを使っている人の口コミ・評判を調査しましたが、速度に関する口コミは多くはありませんでした。

ですが、正直なところauひかりはどのプロバイダを選んでも速度や回線品質に大差はないと考えられます。

Aの札を掲げる男性

なぜなら、auひかりは独自回線を使ってサービスを提供しているからです。

例えば、ドコモ光やソフトバンク光といった光コラボレーションサービスの場合、多くのサービスでNTTの回線をシェアしてインターネットを提供しています。

立ち振る舞う女性

回線をシェアして使うということは回線も混み合いやすいわよね。

説明する男性

はい。光コラボの場合は使っている光回線自体は同じなので、プロバイダ選びが重要になってきます。

一方で、auひかりの場合はそもそも光回線自体がauひかりでしか使われていない独自の回線なので回線が混み合いにくい傾向にあります。

また、auひかりは全国エリアで利用できるサービスではないので、契約者数が限られているという点も速度が速い理由のひとつとも言えます。

喜ぶ女性

どのプロバイダを選んでも大差がないというのは、auひかり自体が高速で高品質なネット利用をできるようになっているからなのね。

説明する男性

実際に、auひかりと他社サービスの速度を比較したグラフを見てもauひかりの速さは一目瞭然です。

※auひかりは一番上のオレンジ線です。

光回線サービス(1Gbps)の回線速度を1年間収集したデータを元に作成したグラフ

【必見】エリア限定で5ギガ・10ギガの超高速回線が使える!

一戸建てで以下のエリアにお住まい人はauひかりを最大5Gbpsもしくは最大10Gbpsの回線速度で利用することができます。

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
説明する男性

なお、auひかりのプロバイダでGMOとくとくBBを選んだ場合も5ギガ・10ギガプランは利用できます。

もし、対象となる地域にお住まいであれば、ぜひ超高速なインターネット環境を手に入れてみてください。

\ auひかり × GMOとくとくBB /

結局のところ、auひかり×GMOとくとくBBがおすすめなのはどんな人?

auひかりのプロバイダ選びでGMOとくとくBBを選ぶべき人はどんな人か確認できるようまとめておきます。

まず、auひかり×GMOとくとくBBがおすすめできないのはこんな人。

  • キャッシュバックをリスクなく受け取りたい人
  • そのうえで、高額なキャッシュバックが欲しい人

おさらいになりますが、GMOとくとくBBはキャッシュバックの受け取りに関して以下のようなリスクがありましたね。

  • ネットと光電話をセットで契約しなければキャッシュバックが貰えない。
  • キャッシュバックの受け取り時期は最短で1年後
  • キャッシュバックの受け取りが2回に分けられる場合がある。

実際に他社プロバイダと比較してみたところ、GMOとくとくBBnキャッシュバックが最も高額で受け取り時期が早いというわけではありませんでした。

プロバイダ キャッシュ
バック
受け取り
時期(最短)
GMO
とくとく
BB
2,000円
~20,000円
12ヶ月目

24ヶ月目
So-net 45,000円
~52,000円
2~5ヶ月目
BIGLOBE 45,000円
~52,000円
2~4ヶ月目
au
one
net
10,000 4ヶ月目
DTI 38,000 14ヶ月目
@nifty 30,000 12ヶ月目

24ヶ月目
@TCOM
AsahiNet

表からわかる通り、「So-net」と「BIGLOBE」が受け取り時期が最も早いうえに高額なキャッシュバックを受け取ることができます。

Aの札を掲げる男性

これらを踏まえると、auひかりの契約でキャッシュバックはしっかり受け取っておきたいという人はGMOとくとくBBを選ぶべきではないと言えます。

ちなみに、以下のキャンペーンページにてauひかりを申し込むと、

  • 不要なオプション加入など一切なし
  • 最短2ヶ月後に口座振り込みにて受け取り

という好条件で45,000の現金キャッシュバックが必ず貰えます。

※光電話を同時に申し込む人は52,000円が貰えます。

\高額キャッシュバックGET!/

今、auひかりを契約すると最大52,000円がもらえる。

+ 新規工事費が実質0円になるチャンスもお見逃しなく。

auひかり×GMOとくとくBBがおすすめなのはこんな人!

  • 安い月額料金でauひかりを契約したい人

auひかり(GMOとくとくBB)は他社プロバイダと比べて月額料金が安い特徴があります。

開通月の料金が0円だったり、光電話の基本料金が0円だったりする点も安さの理由となっています。

Aの札を掲げる男性

これらを踏まえると、高額なキャッシュバックよりも月々の支払いが安い方がいいという人はGMOとくとくBBを選ぶべきです。

\ auひかり × GMOとくとくBB /
  • Pocket
  • LINEで送る