通信速度の下り・上りとは? 日常的な具体例で違いをサクッと解説!

通信速度の下り・上りとは何か?を説明する先生と、話を聞く女性

ネット回線の通信速度を調べていると、

  • 「下り」(くだり)
  • 「上り」(のぼり)

という言葉を見かけますね。

なぜかというと、通信速度は、

  1. 下り速度
  2. 上り速度

上記の2種類が存在しているからです。

説明する男性

一般的に通信速度といえば、上り速度・下り速度の2つで構成されているのです。

当ページでは、上り・下りの違いをイラストや具体例をもとに解説していきます。

下り(ダウンロード)速度とは?

下り:インターネット上からデータを受信すること

まず、「下り」とはインターネット上からデータを受信することを言います。

また、インターネット上からデータが下りてきて(Down)、端末に転送されるので(Load)、ダウンロード(Download)とも呼ばれます。

立ち振る舞う女性

なるほど。じゃあ下り(ダウンロード)の速さを表す言葉が「下り速度」というわけね。

Aの札を掲げる男性

その通りです! 実際に具体例を見ていきましょう。

どんなときに「下り速度」が使われる?

下り(ダウンロード)速度は下記のようなケースで使われます。

  • LINE・メール・メッセージを受信する
  • Webページを開く
  • 画像を見る
    (instagram・Twitterなど)
  • 動画を視聴する
    (Youtube、Amazon Prime Videoなど)
  • アプリやソフトをダウンロードする
  • オンラインゲームをする

上記のように、文字・画像・動画などのデータを受信するときに使われるのが「下り(ダウンロード)速度」です。

たとえば、Webサイトを見るときはインターネット上にあるWebサイトのデータを受信するので、下り速度が大切になります。

そのほか、アプリやサービスで(文字・画像・動画など)のデータを読み込むときも同じです。

つまり、ネットを使っていて読み込み(受信)が遅いなと感じたら、下り速度が原因だということです。

立ち振る舞う女性

なるほど。 ネット上から何かしらを受信するときは全て「下り速度」が大切になるのね。

説明する男性

その通りです! 次に「上り速度」について見ていきましょう。

上り(アップロード)速度とは?

上り:インターネット上にデータを送信すること

「上り」とは、端末からインターネット上へデータを送信することを言います。

また、端末からインターネットにデータを上げて(Up)、転送するので(Load)、アップロード(Upload)とも呼ばれます。

立ち振る舞う女性

じゃあ、上り(ダウンロード)の速さを表す言葉が「上り速度」というわけね。

いい感じのポーズをとる男性

はい。 具体例を見ていきましょう。

どんなときに「上り速度」が使われる?

上り(アップロード)速度は下記のようなケースで使われます。

  • LINE・メール・メッセージなどを送信する
  • 画像や動画を投稿する
    (instagram・Twitter・Youtubeなど)
  • インターネット上に写真や動画などを保存する
    (オンラインストレージと呼ばれるサービス)

上記のように、文字・画像・動画などのデータをインターネット上に送信する時に使われるのが「上り(アップロード)速度」です。

基本的には、「自分の端末上にあるデータを送信するときに、上り速度を使う」と考えて頂ければ大丈夫です。

たとえば、LINEでは自分が端末上で入力した文字を相手に送信しますよね。

また、ツイッターやインスタグラムの投稿では、端末上にある画像や動画をネット上に投稿します。

その他では、最近普及してきたオンラインストレージと呼ばれるサービスでも上り速度が使われます。

オンラインストレージとは、インターネット上にデータ(ファイル・画像・動画)を保存できるサービスです。

iPhoneをお使いであれば大多数の人が無意識に利用している「iCloud」や、だれでも写真や動画をネット上に保存できる「Googleフォト」などが該当します。

立ち振る舞う女性

なるほど。ネット上へ何かしらを送信するときは全て「上り速度」が大切になるということね。

下り・上りの違いをまとめると…

インターネット通信は、下りと上りで成り立っている!

「下りは受信・上りは送信」といった違いがあります。

なお、日常的には下り(ダウンロード)の方が圧倒的に多く利用されています。

実際に総務省の統計調査によると、上り(アップロード)と比べて、下り(ダウンロード)は約8倍の利用量だと証明されています。(2019年11月時点のトラフィック)

我が国のブロードバンド契約者の総トラヒック(2019年11月)

このことから、通信業界では「通信速度 = 下り速度」として当たり前のように考えられることが多いです。

初心者は下り速度を重視し、上級者は上り速度も考慮すべき理由

下り(ダウンロード)は、私たちが利用する大半のサービスやアプリで活躍します。

そのため、下り(ダウンロード)速度が高速な方が快適にネットを楽しめます。

しかしながら、上り(アップロード)は日常的な利用目的ではあまり使いません。

説明する男性

上り(アップロード)速度が遅くてもネットは快適に楽しめるのです。(最低限1Mbps以上あれば十分です。)

※ ただし、上り(アップロード)速度が求められるケースもある!

上級者向けにはなりますが、上り(アップロード)速度が求められる例外なケースもあります。

たとえば

  • Youtubeなどの動画視聴サイトでネット上に動画をアップする機会が多い。
  • 仕事で大容量のデータをオンラインストレージに保存することが多い。
  • メールなどで大容量のファイルを添付することが多い。

といったケースです。

このようなケースでは上り速度が高速でなければ、データの送信のためにかかる時間が劇的に伸びてしまいます(待ち時間)。

立ち振る舞う女性

上り(アップロード)速度は、仕事向けの利用目的で使うことが多そうね。

説明する男性

はい。仕事で上り(アップロード)を使いそうな人は、必ず上り(アップロード)速度も重視しましょう。

サービス別における下り・上り速度の違いを一発確認!

サービス別における、下り・上り速度の違いを一発で確認できるようにまとめておきました。

うまく見れない場合はスライドが可能

種類 下り速度
ダウンロード
上り速度
アップロード
光回線 1Gbps~
(エリア限定:5、10Gbps)
1Gbps~
(エリア限定:5、10Gbps)
ポケットWi-Fi 2.2Gbps 183Mbps
ホームルーター 2.7Gbps 183Mbps
CATV回線
(ケーブルテレビ)
320Mbps 10Mbps
無料で使える
光インターネット
(マンション)
100Mbps 100Mbps

下り・上り共に最も高速なのは「光回線」

下り・上り速度ともに高速なのは、自宅でインターネット(WiFi)が使い放題できる「光回線」です。

自宅に光回線のネット環境があれば、

  • 映画や動画が途中で止まることなく快適に視聴できる。
  • オンラインゲームがサクサク楽しめる。
  • Web会議やオンライン授業などで重い・遅いといった悩みを抱えにくくなる。

というように、リスクなしのネット利用ができるようになるでしょう。

光回線については「失敗しない光回線の選び方・開通手順ガイド」を確認してください。

また、より高速な光回線サービスを求める人は以下のページで速度比較ランキングを確認しましょう。

光回線が利用できないなら「ポケットWiFi」や「ホームルーター」もアリ!

ポケットWiFiやホームルーターは下り(ダウンロード)速度は高速ですが、上り(ダウンロード)速度は普通です。

ですので、

  • 光回線の工事ができなかった。
  • 工事不要ですぐにWiFiを使い始めたい。
  • 同時にネットを利用する人数が1~2人。
  • 外出先でネットを使うことがある。

という場合に検討すると良いでしょう。

\ 外出先でもWiFiを使う人向け /
\ 自宅のみでWiFiを使う人向け /