ドコモのタブレットを解約する前に知っておくべき全知識(解約金・本体の残債・解約方法・本体活用)

  • Pocket
  • LINEで送る
ドコモタブレットを解約する前に説明をする先生と不安になる女性

ドコモのタブレットを解約しようとしている人は、スムーズに解約手続きを済ませて、できるだけ損はしたくないですよね!

とはいえ、解約方法や解約金のことが正直よくわからない…という人も多いのではないでしょうか?

ですので当ページでは、ドコモのタブレットを解約する人が知っておくべき全知識をまとめました。

説明する男性

読み終わる頃には、解約手続きスムーズに済ませて、解約後にタブレットを無駄にしない活用方法まで身についています。

ドコモタブレットの解約でかかる料金(解約金・本体料金)はいくら?

ドコモで契約したタブレットを解約する際は、

  1. 解約金
  2. タブレット本体料金の残債
    (分割払いをしている人のみ)

上記の料金がかかります。

任せてというジェスチャーをする男性

それぞれの料金を詳しく確認していきましょう。

ドコモタブレットの解約金はいくら?

ドコモで契約したタブレットを契約期間の途中で解約すると、以下の解約金(違約金)がかかります。

うまく見れない場合はスライドが可能

契約期間 解約金
2年 9,500円

ちなみに、契約期間を設けない「定期契約なし」でタブレットを契約している場合、解約金はかかりません。

解約金をかけずに解約するには?

ドコモのタブレットを解約する際は契約の「更新期間」に解約すると、解約金の請求がありません。

説明する男性

「更新期間」は、2年契約を終えた25ヶ月目と26ヶ月目です。

立ち振る舞う女性

じゃあ、25ヶ月目と26ヶ月目に解約すれば解約金はかからないということね!

また、ここで注意しなければならない点が1つあります。

それは、2年契約は自動更新であるということです。

説明する男性

つまり、解約を申し出ない限り、自動的に再度2年契約がスタートする仕組みになっているのです。

このように更新期間以外は解約金が発生しますので、注意しましょう。

※ 24ヶ月目に「契約満了のお知らせ」がドコモよりSNSにて届きます。届いた翌月と翌々月が契約更新期間となります。

解約時にタブレットの本体料金がかかるケースがある

実は、「タブレット本体を分割で購入した人」は違約金に加えてタブレット本体料金の残債を支払う必要があります

立ち振る舞う女性

タブレットの本体料金の残債ってなにかしら?

dtab d-01k(¥54,432)を24ヵ月分割払いで支払っている場合、12回払いが終わった時点で解約すると27,216円が残るイラスト(タブレット本体料金の残債)

※実際のdocomoタブレットを参考にした目安例です。

例えば、タブレット本体を24回の分割払いで購入した場合。

12回の支払いを済ませた時点で解約すると、残り半分(12回)の支払いが残ることになりますよね。

この残った12回の支払い分が、「タブレット本体料金の残債」になります。

Aの札を掲げる男性

つまり、タブレットの本体料金を分割で支払っている人が解約する場合、

  • 解約金
  • タブレット本体料金の残債

の2つの支払いを考えなければならないのです。

【要注意】タブレットを実質0円で契約している人も本体料金の支払いはある!

悩む女性

え!タブレットの契約時に本体料金は実質無料と言われたのに…なぜかしら?

説明する男性

実はタブレットを実質無料で契約している場合、以下のような仕組みになっているのです。

※ここでは実際にタブレットの本体料金が実質0円になる「dtab d-01K」の例を取り上げます。

タブレット本体料金が実質無料と言われる仕組み
dtab d-01K(2,268円×24ヵ月)
月々サポート(2,268円×24ヵ月)
実質0円

タブレット本体料金が「実質0円」となるのは上記の通り、本来支払うはずの機種料金に相当する金額が「月々サポート※」によって割引されているからと言えます。

説明する男性

つまり、「実質0円」でタブレットが契約できたというのは、0円でタブレットが貰えたというわけではないのです。

そしてここで一番大切なのは、ドコモのタブレットを解約すると、「月々サポート」も同時に終了してしまうということです。

つまり、割引が適用されて実質0円になっていた本体料金は、解約後に0円ではなくなるのです。

そのため、タブレットを実質0円で契約していた人も、解約後にタブレット本体の料金を支払う必要があります。

立ち振る舞う女性

0円でタブレット本体の契約ができたと思っていたのに、解約時に料金の請求があるなんてこともあるのね…。

説明する男性

はい。場合によっては高額(数万単位)になることもあるので気を付けてください。

では、ドコモタブレットの解約で損をしないためにどうすべきか?

結論からお伝えすると、解約時期を見極めることが損をしないためのポイントとなります。

具体的には、ドコモタブレットを解約する際は、

  1. 解約金がかからない契約更新月
  2. 月々サポートの適用期間(24ヶ月間)が終了した時期

上記のタイミングでタブレットの解約を行えば良いのです。

Aの札を掲げる男性

基本的には25ヶ月目・26ヶ月目に解約手続きをするのがベストだと言えます。

【必見】ドコモタブレットは解約後も活用できる!

ドコモタブレットを解約後はタブレット本体だけが手元に残る形になりますが、インターネット(WiFi)を繋げて活用することができます。

例えば、

  • 自宅で安定したWiFiが利用できる、光回線
  • 外出先でもWiFiが利用できる、ポケットWiFi(WiMAX)

上記のネット回線があれば、ドコモで契約していた時と同じようにタブレットでネットが使えるようになります。

立ち振る舞う女性

ドコモでの契約と何が違うのかしら?

説明する男性

決められたデータ量しか利用できないドコモのデータプラン(パケットパック)とは違って、光回線やWiMAXは月々のデータ量の上限なくたっぷりとインターネットが使えます。

  • スマホとデータ量をシェアするとすぐに通信制限が来た
  • データ量を追加購入してインターネットを利用することもあった

といった、ドコモショップでタブレットを契約した場合に起こりがちな悩みも起こらなくなるためオススメの活用方法です。

このように、ドコモで契約していたタブレット本体は再活用することができるので、必ず大切に保管しておきましょう。

いい感じのポーズをとる男性

それでは、最後に「タブレットの解約方法」をチェックしていきましょう。

ドコモタブレットの解約方法は簡単!

ドコモタブレットの解約方法や手続きで必要なものを、よくある質問形式で順番にまとめておきました。

Q.ドコモタブレットを解約したい!どこで解約できるの?

Aの札を掲げる男性

お近くのドコモショップにて解約することができます。

ドコモショップでは「来店予約 」をすることが可能です。

お近くのドコモショップにて予約しておくと待ち時間なくスムーズに手続きを進めることができるでしょう。

※ネット上で解約は不可

Q.ドコモタブレットの解約手続きで必要なものは?

Aの札を掲げる男性

タブレット本体に取り付けられている、「ドコモUIMカード」または、「ドコモeSIMカード」が必要です。

必要となる上記のカードはタブレット本体に取り付けられているため、解約時はタブレット本体をそのまま持っていけば問題ないでしょう。

Q.ドコモタブレット本体を失くしてしまった…。解約手続きはできる?

Aの札を掲げる男性

契約時に決めた4桁の暗証番号か、本人確認書類があれば解約手続きは可能です。

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)

上記の、氏名・生年月日・現住所が確認できる書類原本のことを指します。

また、上記の書類がない場合は、

  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード(顔写真があるもの)
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書

のいずれか1点と、補助書類として、毎月の支払いで利用していた預金通帳とそのお届け印・キャッシュカードが必要となります。

忘れずに持参しましょう。

Q.どうしてもタブレット契約者本人が来店できないときは?

Aの札を掲げる男性

契約者本人が来店できない場合は、代理人による解約手続きが可能です。

また、代理人による解約手続きでは下記の書類が必要です。

  • 契約者本人の確認書類
  • 代理人の確認書類(原本)
  • 契約者本人の自署または記名捺印がある委任状 ※

Q.ドコモタブレットの解約時にお金は必要?

Aの札を掲げる男性

解約手続きの翌月に請求されるため、解約日当日の支払いはありません。

  • Pocket
  • LINEで送る