DoCANVASとは?速度や評判は大丈夫?知っておきたい注意点やメリットを解説

DoCANVAS(ドゥキャンバス)の評判・速度が大丈夫かどうか説明する先生と不安になっている女性

DoCANVAS(ドゥキャンバス)は工事不要ですぐにインターネットが使える魅力的なサービスですね。

設備が導入されているマンションなら手軽に使い始めることができるため、利用を検討している人も多いのではないでしょうか?

しかし、実際にDoCANVASを利用している人の口コミ・評判を調査したところ、速度が遅い・不安定といった不満の声があることもわかりました。

悩む女性

快適に利用できていない声があるのは気になるわね…。

当ページでは、

  • DoCANVASってどんなサービス?有名なの?
  • 通信速度が遅いって本当…?
  • DoCANVASを利用するうえで知っておくべき注意点は?
  • DoCANVASの設備があるマンションで他の回線を契約することはできる?

といった疑問を1からわかりやすく解説していきます。

説明する男性

読み終わる頃には、DoCANVASを利用しても大丈夫かわかるようになるでしょう。

DoCANVASとは?

DoCANVASの公式トップページ

DoCANVAS(ドゥキャンバス)とは、マンションやアパートなどの集合住宅向けに提供されている「全戸一括型」のインターネットサービスです。

全戸一括型のインターネットサービスとは、マンションオーナーが全部屋分のネット契約から設備の導入までを一括で行うものです。

つまり、入居者は「契約手続きなし」「開通工事無し」で入居後すぐにネット利用を始めることができます。

DoCANVASは全戸一括型

※一方で、人気のドコモ光やauひかりなどの光回線サービスは自分で直接申込みを行う「直接申込み型」と言われています。

DoCANVASって有名?シェア数は?

DoCANVASを提供しているのはNTT西日本グループの「NTTメディアサプライ株式会社」です。

笑顔で安心する女性

有名なNTTグループが提供しているサービスなら安心ね。

なお、提供エリアは西日本が中心です。

そのため、全国エリアで展開されている他社のマンション専用インターネットと比べると、シェア数は少なめであることがわかります。

※ 2021年3月末時点で、DoCANVAS(NTTメディアサプライ)のシェアは7位

全戸一括型マンションISPシェア(2021年3月末のサービス提供戸数)

DoCANVASの料金はいくら?無料で使えるの?

DoCANVASの月額料金は物件によって異なります。

毎月0円で利用できる場合もありますが、1,000円~3,000円の料金がかかることもあります。

月額料金の例
  • 無料(家賃込み)
  • 1,000円
  • 1,040円
  • 2,200円
  • 2,500円
  • 2,800円…etc

また、初期費用に関しても、無料のケースや料金がかかるケースなど様々です。

初期費用の例
  • 無料
  • 2,200円(月額料金は1,040円)
  • 3,850円(月額料金は0円)…etc
立ち振る舞う女性

DoCANVASは必ず無料で使えるインターネットではないのね…。

説明する男性

はい。とはいえ、他社インターネットサービスの料金と比較すると低めに設定されていることがわかります。

サービス名 月額料金
DoCANVAS 0円~約3,000円
enひかり
(光回線で最安値級)
3,520円
DTI光 3,960円
auひかり 4,180円
ソフトバンク光 4,180円
ビッグローブ光 4,378円
ドコモ光 4,400円

DoCANVASの料金の見分け方

DoCANVASの月額料金が無料になる場合は設備が導入されているマンションに以下のような看板が設置されていることがあります。

月額料金が無料になるケース

DoCanvasが利用できるマンションにある看板(インターネット無料)

DoCanvasが利用できるマンションにある看板(インターネット無料)

一方で、設置されている看板に「インターネット無料」ではなく、「インターネット完備」と書かれている場合は月額料金がかかる可能性が高いです。

月額料金がかかる可能性が高いケース

DoCanvasが利用できるマンションにある看板(インターネット完備)

なお、「インターネット完備」とは建物内にDoCANVASの設備がすでに整っていることを表しています。

ただし、この場合は設備があるというだけで無料で使えるとは限りません。

DoCANVASの料金まとめ
  • 無料(家賃込み)で利用できる場合もあるが、必ずしもそうとは限らない。
  • 月額料金がかかる場合はおおよそ1,000円~3,000円/月
  • 月額料金がかかる場合でも他社インターネットサービスより比較的安め

DoCANVASの速度は大丈夫?リアルな口コミ・評判を調査した結果。

DoCANVASを利用している人や利用したことがある人の口コミ・評判をまとめてみました。

速度が遅いという声

速度が不安定という声

ネットが繋がりにくいという声

速度が速いという声

調査した結果、速度が遅い・繋がらない・不安定という声の方が多く見られました。

不安になる女性

快適に利用できないケースがあるのは不安ね…。

DoCANVASの通信速度が遅いと言われている理由とは?

DoCANVASの速度が遅いと言われる理由は、主にLAN配線方式(最大100Mbps)と呼ばれる仕組みが採用されているからです。

LAN配線方式とは?

LAN配線方式とは、光回線LANケーブルを組み合わせた接続方式のことです。

LAN配線方式は光回線(最大1Gbps)とLANケーブル(最大100Mbpe)を利用した接続方式

マンションの共用スペースにある MDF室までは、最大1Gbpsの光回線が繋がっています。

しかし、MDF室からはLANケーブルを使って各家庭に分岐(シェア)する仕組みになっています。

説明する男性

そのため、LAN配線方式では最大速度が100Mbpsになります。

悩む女性

DoCANVASは光回線だけでなくLANケーブルも使っているから速度が遅くなりやすいのね。

一方で、光配線方式は最大1Gbps~

現在主流となっているドコモ光やauひかりといったサービスは光配線方式と呼ばれる仕組みを主に採用しています。

光配線方式は光回線(1Gbps)のみを利用した接続方式

光配線方式は、光回線が各部屋に直接繋がるため最大1Gbpsの高速通信が可能です。

説明する男性

LAN配線方式のように途中でLANケーブルに変わることがないため高速で安定したネット通信が可能になります。

接続方式
(最大速度)
建物内で利用される
回線の種類
LAN配線方式
(100Mbps)
光回線 + LANケーブル
光配線方式
(1Gbps~)
光回線

【補足】インターネットの利用者が増える時間帯は更に速度が遅くなりやすい。

DoCANVASで採用されているLAN配線方式はマンション内で回線がシェアされる仕組みになっているとお伝えしました。

そのため、ネットの利用者が増える時間帯は回線が混み合い、速度が遅くなりやすい傾向にあります。

※ネットの利用者が増える時間帯とは、

  • 曜日問わず、夕方~夜の時間帯
    (18時~23時頃)
  • 土日は日中の時間帯も。

上記の時間帯を指します。(以下、総務省のデータを参考にしています。)

ISP9社のブロードバンド契約者のダウンロードトラヒックの推移(令和2年版)

ISP9社のブロードバンド契約者の時間帯別ダウンロードトラヒックの一週間の推移をみると、ピークの時間帯はいずれの曜日も21時から23時にある。また、土曜日、日曜日は日中時間帯の利用も多い。

困る男性

また、実際に夜の時間帯に速度が遅くなるという声も見られます。

夜の時間帯の速度が遅いという声

悩む女性

ネットを利用する時間帯が夕方や夜メインの人は注意が必要ね…。

速度が遅いと言われる理由
  • DoCANVASはLAN配線方式で提供されている。
    (物件によってはVDSL方式、同軸方式の場合も。)
  • 最大速度は100Mbps
  • 18時~23時頃の時間帯や土日などの休日は速度が遅くなりやすい。

DoCANVASの3つのメリットとは?

  1. 無料もしくは低価格で使い放題のネット利用ができる。
  2. 簡単に利用し始めることができる。
  3. 物件によってはWiFiルーターなしで無線接続できる場合もある。
説明する男性

DoCANVASを利用することで得られるメリットを確認していきましょう。

メリット1.無料もしくは低価格で使い放題のネット利用ができる。

DoCANVASは月々に利用できるデータ容量に制限がありません。

そのため、通信制限を心配することなく、いつでも使い放題でインターネットを利用することができます。

説明する男性

なお、使い放題で利用できるインターネットの中でもDoCANVASの料金は低価格です。

サービス名 月額料金
DoCANVAS 0円~約3,000円
enひかり
(光回線で最安値級)
3,520円
DTI光 3,960円
auひかり 4,180円
ソフトバンク光 4,180円
ビッグローブ光 4,378円
ドコモ光 4,400円

メリット2.簡単に利用し始めることができる。

LAN配線方式が採用されている物件の場合、LANケーブルの差込口(情報コンセント)にLANケーブルを挿し込むだけでインターネットが利用できます。

サイバーホームのLAN配線方式(有線接続)

※準備するもの:LANケーブル

説明する男性

難しい接続設定なしで、すぐにインターネット利用を始めることができます。

WiFi接続(無線)で利用することもできる!

家電量販店や通販サイトで購入したWiFiルーターを設置すれば、WiFiを飛ばして無線で利用することもできます。

サイバーホームのLAN配線方式(無線接続)

※準備するもの:LANケーブル、WiFiルーター

立ち振る舞う女性

WiFiが利用できると、スマホの通信量も節約できるから良いわね。

メリット3.物件によってはWiFiルーターなしで無線接続できる場合もある。

DoCANVASは、物件によって「WiFi機能付き情報コンセント」が設置されていることがあります。

DoCANVASのWiFi機能付き情報コンセント

これは、Wi-Fiルーターを自分で設置しなくても無線でインターネットが利用できるものです。

立ち振る舞う女性

Wi-Fiルーター購入する手間を省くことができるのは嬉しいわね。

メリットまとめ
  • 0円~約3,000円でインターネットが使い放題できる。
  • 情報コンセントにLANケーブルを挿し込むだけですぐに利用できる。(LAN配線方式の場合)
  • WiFiルーターを準備すれば、無線接続できる。
  • 「WiFi機能付き情報コンセント」がある場合はWiFiルーターの準備は不要。

DoCANVASを利用する前に確認しておきたい4つの注意点とは?

  1. 速度が遅くなりやすい。
  2. 物件によっては申し込み手続きが必要になることもある。
  3. 光電話を利用することができない。
  4. 退去時は解約手続きが必要になることもある。
説明する男性

利用し始めてから後悔することがないように、必ず確認しておきましょう。

注意点1.速度が遅くなりやすい。

DoCANVASでは主にLAN配線方式(最大100Mbps)によってインターネットを提供しています。

一方で、人気のドコモ光やauひかりなどの光回線サービスは主に光配線方式(最大1Gbps~)を採用しています。

サービス名 最大速度
DoCANVAS 100Mbps
NURO光 2Gbps
ドコモ光 1Gbps
auひかり 1Gbps
ソフトバンク光 1Gbps
ビッグローブ光 1Gbps
enひかり 1Gbps
DTI光 1Gbps

※1Gbps=1000Mbps

立ち振る舞う女性

光回線サービスの最大速度はDoCANVASよりも10倍も速いのね…。

説明する男性

最大速度は実際に出る速度ではありませんが、速ければ速いほど高速通信になります。

\ 人気光回線の速度比較まとめ /

注意点2.物件によっては申し込み手続きが必要になることもある。

DoCANVASでインターネットを利用するには、物件によって申し込みが必要な場合もあります。

この場合、申し込み手続きからネット利用を始めるまでに、10日~2週間かかります。

悩む女性

入居後すぐに利用できないケースもあるのね。

注意点3.光電話を契約することができない。

DoCANVASでは、光電話のオプション契約ができません。

もし、どうしても光電話を利用したいという場合は別途ご自身で契約する必要があります。

ただし、MSフォンと呼ばれる「050」のIP電話のオプションを契約することは可能です。

注意点4.退去時は解約手続きが必要になることもある。

DoCANVASは、物件によって月額料金がかかる場合と無料の場合があります。

このうち、月額料金がかかる場合は退去時に解約申込の手続きが必要です。

説明する男性

解約しなければ、料金が請求され続けるので注意しましょう。

デメリットまとめ
  • 主にLAN配線方式が採用されているので、速度が遅くなりやすい。
  • 物件によっては申し込みが必要となる場合もある。(その場合、利用できるまでに10日~2週間かかる。)
  • 光電話を利用することはできない。
  • DoCANVASで月額料金がかかる場合は退去時に解約申込の手続きが必要。

結局のところ、DoCANVASを利用しても大丈夫…?

結論をお伝えすると、DoCANVASが無料で利用できる物件なら、まずは試しに使ってみるのがおすすめです。

一方で、

  • DoCANVASで2~3,000円の月額料金がかかる
  • 通信速度はできるだけ速い方が良い

という場合は「光回線」や「WiMAX」などのインターネットサービスを検討してみると良いでしょう。

説明する男性

設備が導入されているからといって、必ずDoCANVASを使わなければならないというわけではないので以下を確認しておきましょう。

1.光回線(最大1Gbps~)

光回線は最大1Gbps~のインターネットが使い放題で利用できるサービスです。

申し込み後、開通工事が必要ではありますが、一度済ませるといつでも安定した高速通信でネット利用を楽しむことができます。

なお、光回線サービスを選ぶ際は、

といった選び方をすると失敗しません。

説明する男性

サービス比較や契約時に貰える特典については以下のページでも確認できるので、参考にしてみてください。

\ みんなが選ぶ光回線ランキング /
自分に最適なサービス選びができる。

2.WiMAX(~2.7Gbps)

工事不要でDoCANVAS以外のインターネットサービスを利用したいのであれば、WiMAXを検討するのがおすすめです。

WiMAXは利用用途に合わせて以下の2種類から選ぶことができます。

うまく見れない場合はスライドが可能

種類 特徴
WiMAX+5GのポケットWiFi(Speed Wi-Fi 5G X11)
ポケットWiFi
  • 外でも使える。
  • 電源を入れるだけで使える。
  • 最大2.2Gbps(下り)
  • 充電が必要
WiMAX+5Gのホームルーター(Speed Wi-Fi HOME 5G L12)
ホームルーター
  • 家のみで使える。
  • コンセントに挿すだけで使える。
  • 最大2.7Gbps(下り)
  • 充電不要

どちらを選んでも工事不要&難しい接続設定なしで、自宅に機器が届いたらすぐにインターネットが使えます。(申し込み後、最短即日で発送されます。)

また、最大速度も高速で、日常的な利用で困ることはほぼ無いと言えます。

説明する男性

外出先でもWiFiを使いたい人はポケットWiFi、家での利用が主になるならホームルーターを選ぶと良いでしょう。

13,000キャッシュバックも貰える! /

まとめ

DoCANVASは0円~約3,000円の月額料金でインターネットが使い放題できるサービスです。

この料金は一般的なインターネットサービスと比べて非常に安いですが、

主にLAN配線方式を採用しているため通信速度が遅くなりやすい傾向にあるということは知っておくべきです。

なお、DoCANVASが導入済みの物件だからといって、必ずしもDoCANVASを使わなければならないといった決まりはありません。

ですのでもし、「通信速度の遅さが不安」「できるだけ高速の通信環境を整えたい」という人は、

  • 光回線(最大1Gbps~)
    └ ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光、ビッグローブ光、DTI光など
  • WiMAX
    └ ポケットWiFi:最大2.2Gbps
    └ ホームルーター:最大2.7Gbps

上記のようなサービスの利用を検討するのがおすすめです。

\ みんなが選ぶ光回線ランキング /
\ ポケットWiFiランキング /
\ ホームルーターランキング /