DAZN for docomoの料金・評判・注意点・申し込み手順まとめ

  • Pocket
  • LINEで送る
DAZN for docomoを解説する先生と、話を聞く女性

DAZN(ダゾーン)」はスポーツがいつでも身近に楽しめるようになることで有名ですよね!

でもdocomoユーザー向けの「DAZN for docomo」って一体何なんだろう?と思われている人も多いのではないでしょうか。

当ページでは、

  • 通常のDAZNと比べて何が違う?お得?
  • 実際に利用している人からの評判・口コミは大丈夫?
  • 検討するうえで注意すべき点は?
  • みんなどうやって申し込んでいる?
  • スマホ・タブレット・テレビでの視聴方法は?

などといったよくある疑問を解決できるように、DAZN for docomoを検討されている人が知っておくべき知識を順番にわかりやすくまとめました。

期間限定|ドコモ光
\工事費無料キャンペーン中/

18,000円 (最大)の工事費→

さらに20,000円無条件キャッシュバックもお見逃しなく。

DAZN for docomoとは?

dazn for docomo

「DAZN for docomo」とは、NTTdocomoとDAZNが提携して、2017年2月より提供開始されたスポーツライブストリーミングサービスです。

2018年3月18日には100万会員を突破しており、スポーツ好きの人々から強く支持されています。

説明する男性

サッカーや野球、そのほかスポーツに特化したサービスとしてトップクラスの知名度を持つようになってきています!

DAZN for docomoのサービス内容

DAZNは、130以上のスポーツコンテンツ(年間7,500万試合以上)が見放題のスポーツライブ配信サービスのこと。

明治安田生命Jリーグ、プロ野球、欧州サッカーはもちろん、

MLB、F1™、WTA、Bリーグ、UFC、NFLなど様々なスポーツコンテンツのライブ中継や見逃し配信を視聴することができます。

説明する男性

自宅のテレビはもちろん、スマホ・タブレット・パソコンでも観戦できるため、場所を選ばず視聴できます。

※ 各機器で視聴する方法・手順は後述します。

「DAZN」と「DAZN for docomo」は料金面で異なるだけ!

DAZNもDAZN for docomoもサービス内容は同じですが、月額料金が異なります。

サービス名 月額料金
DAZN for docomo 980
DAZN 1,750
Aの札を掲げる男性

ドコモのケータイ回線を利用しているのであれば「DAZN for docomo」を毎月たったの980円で利用できます。

※ docomoユーザーでない場合は「DAZN for docomo」を契約しても1,750円となります。

つまり、「DAZN for docomo」は、docomoユーザー向けに安く提供されている「DAZN」だと考えて頂ければシンプルでしょう。

立ち振る舞う女性

docomoユーザーは優遇といったところかしら…!

説明する男性

そうなります。 ちなみに初回の31日間は無料となっており、自分にサービスが合わなければ無料期間中に解約すれば負担はゼロです。

DAZN for docomoの口コミ・評判を調査した結果はどう? 意外なところに注意点も。

「DAZN for docomo」ではJリーグ、プロ野球、欧州サッカー、MLB、F1™、WTA、Bリーグ、UFC、NFLなど様々なコンテンツを視聴することができます。

ここでは少し絞らせて頂き、サッカーや野球の「ライブや見逃し配信を視聴している人からの口コミ・評判」を中心に調査し、DAZN for docomoの使い勝手を分析してみました。

説明する男性

結論からお伝えすると、「DAZN for docomo」で満足されている人が多いのは明らかでしたが、意外な注意点・気を付けるべきことも明らかになりました。

※DAZN for docomoもDAZNも同じコンテンツ内容になるため、総じてDAZNユーザーの口コミでの分析となります。

DAZNでサッカーを見る人の口コミ

DAZNを楽しむ人の声は多い

見逃し配信も活用されている

説明する男性

ちなみにサッカーの配信コンテンツは、

  • Jリーグ
  • ブンデスリーガ
  • セリエA(イタリア)
  • イギリス
  • スペイン
  • フランス

となっています。

DAZNで野球を見る人の口コミ

DAZNで野球を楽しむ人の声

説明する男性

ちなみにDAZNの配信コンテンツは、

  • パシフィック・リーグ
  • セントラル・リーグ
  • MLB(アメリカ)

となっています。

見逃し配信も活用されている

配信タイミングが1分ほど遅い・解説が気にくわないと言う声も

説明する男性

もし、アプリなどで速報通知をしている人は気を付けた方が良いかもしれません! 解説に関しては好み次第なので何とも言えないでしょう…!

DAZN全般的に注意すべき口コミ・評判 「DAZNが重たい・止まる」

DAZN視聴が止まったり・重たいと言う声

説明する男性

通信環境によってはカクカクしたり、止まったりすることが多い様子です。

通信量が大きいという声

困る男性

スポーツ観戦となると利用時間も長くなるので、使い放題のインターネット環境でなければ通信制限が怖いところ…。

DAZNの口コミ・評判をまとめると。

  • 各スポーツのコンテンツは素晴らしい
  • コンテンツの充実度の割には月額料金(1,750円)が安い。
    DAZN for docomoはさらに安い!(980円)

そんな一方で…

  • ライブ配信では多少の遅延が見られる。
  • インターネット回線の問題で止まることもある。
  • ネット環境が使い放題でないと、いつのまにか通信量が上がりすぎる。

と言った具合で、さらにわかりやすくまとめると、

  • 良い面:コストパフォーマンスは最高。
  • 悪い面:インターネット環境次第では重たい(カクカクする)・通信量を気にする必要あり…。

といった具合になりました。

悩む女性

スポーツ配信でカクカクするのは致命的ね。うちのネット環境は大丈夫かしら。

【注意点】「DAZN for docomo」を視聴するなら必ずインターネット環境は見直そう。(推奨:ドコモ光)

まず初めに知っておきたいことは、DAZN for docomoはテレビ放送ではなく、ほぼすべてをインターネットにて完結させるライブ(生放送)配信サービスだということ。

ですので求められる回線速度の水準が上がります。(以下はDAZN公式サイトで推奨されているネット環境となります。)

インターネット通信環境

・標準画質(720p)での動画のご利用時に推奨されるインターネット接続スピードは、5.0Mbpsです。

・HD画質(1080p)での動画のご利用時に推奨されるインターネット接続スピードは、9.0Mbpsです。

DAZNでは、お客様がご利用中のデバイス(=パソコンやスマートフォンなどの視聴端末)、インターネット環境に合わせ最適な映像を自動選択し提供しております。

モバイルデータ通信および衛星インターネット接続は、一般に有線LANでのインターネット接続より速度が遅くなる可能性があります。あらかじめご了承ください。

簡単に言うと、

  • 通信速度は5Mbpsが推奨で、綺麗な画質で見るなら9Mbps
  • WiFiでは遅くなる可能性あり。有線通信がおすすめ

となり、DAZN for docomoは動画配信サービスの中でも比較的高い環境水準が推奨されていました。

(※快適なインターネットを利用するために必要な回線速度を解説!にて調査した動画配信サービス(Youtube, Netflix, PrimeVideoなど)と比較した結果。)

ですので利用開始前に、「カクカクする」「通信量(通信制限)で困る」という不安を解消しておかなければ、DAZN申し込み後のリスクを抱えることになってしまいます。

具体的には、

  • 利用する回線の速度が遅いと…「カクカクして視聴しづらい・止まる・遅い」
  • 使い放題ではない回線だと…「すぐに通信制限になる・データ量のチャージなどで料金も高くなる」

といった具合になります。

Aの札を掲げる男性

これらのリスクを解決できるインターネット環境とは、ズバリ「光回線のインターネット」です。docomoユーザーならドコモ光ですね!

※ まだドコモ光を契約していない人へ

詳しくは、【堂々の人気No.1】ドコモ光を検討するうえで知っておくべき全知識にて解説していますが、

ドコモ光はNTTdocomoが提供している光回線サービスで、使い放題・高速(1Gbps)のインターネットが使えるようになるサービスです。

説明する男性

業界の契約数はNo.1で、docomoユーザーならセット割引(最大1,000円~/月)を受けられるため最もお得です。

また、ドコモ光を申し込む際は、次世代IPv6 IPoEを採用していて回線速度に強みのある公認プロバイダーGMOとくとくBBのキャンペーンページで申し込むことを推奨します。

なぜなら、

  • IPv6 IPoEの次世代接続方式がオプション料金なし(0円)で利用できる。
  • 全国平均での回線速度を公開している。
  • 高性能WiFiルーター(14,300円相当)を0円で使えるようにしてくれている。
  • 20,000円のキャッシュバックが受け取れるため、DAZN for docomoの料金(14ヶ月分)に充てることができる。
  • DAZN for docomoの申し込みが同時にできる(かんたん)

といったように、DAZN for docomoを利用するうえでのリスク(通信環境の問題)をすべて解決してくれる上に、特典まで貰えるからです。

※フレッツ光を利用している人は「転用(契約変更)」をするだけで工事なしでドコモ光に切り替えることが可能。

期間限定|ドコモ光
\工事費無料キャンペーン中/

18,000円 (最大)の工事費→

さらに20,000円無条件キャッシュバックもお見逃しなく。

「DAZN for docomo」の申し込み手順(かんたん。)

  1. DAZN for docomo へアクセス
  2. 無料登録ボタンをタッチする
  3. dアカウントでログインする
  4. 必要な情報を入力して進む
説明する男性

DAZN for docomoの公式サイトへアクセスさえできれば誰でもかんたんにできるでしょう!

また、料金が980円(1,058円税込)になっていることも必ず確認しておきましょう。(登録前に表示されます。)

DAZN for docomoの視聴方法(スマホ・タブレット・パソコン・テレビ)

説明する男性

DAZN for docomoは、スマホ・タブレットはもちろん、パソコン・テレビでも視聴することが可能です。

※テレビで視聴される場合は、別途機器が必要になるケースが多いので注意!

スマホ・タブレットでの視聴方法

  1. アプリストアで「DAZN」と検索して、アプリを入手する。
  2. DAZNアプリを起動する。
  3. dアカウントでログインすると視聴可能に。
Aの札を掲げる男性

スマホ・タブレットで視聴するならアプリを入手してログインするだけです。

パソコンでの視聴方法

  1. WebでDAZN for docomo へアクセスする。
  2. 「申し込み済みですか?ログイン」をクリックする。
  3. dアカウントでログインしすれば視聴可能に。
説明する男性

パソコンも簡単です!

テレビでの視聴方法

説明する男性

基本的に、セットトップボックス(機器)とインターネット環境の2つが必要になります!

※スマートテレビをお持ちの人は、テレビとインターネット回線を接続するだけで利用可能になります。

STEP1:セットトップボックス(STB)を準備する。

実は、テレビ単体では基本的にDAZN for docomoを視聴することができません。(スマートテレビは可)

そのため、まずはセットトップボックスと呼ばれる機器を準備する必要があります。

※既にPS4・PS3のゲーム機をお持ちの人は、PS4・PS3がセットトップボックスの役割を果たしてくれます。PSにインターネットを接続しておけばPlayStationStoreにてダウンロード可能です。

DAZN for docomoをテレビで視聴するために利用されるセットトップボックスは主に以下となります。

  • Amazon Fire TV、Amazon Fire Stick
  • Google ChromecastTM
  • ひかりTV対応チューナー
  • Apple TV
  • ドコモテレビターミナル
  • Air Stick、Air Stick4K

STEP2:インターネットを接続して視聴可能に。

準備したセットトップボックスにインターネット回線を繋ぎ、設定することで利用開始となります。

さいごに:

DAZN for docomoのコンテンツは素晴らしい上に、docomoユーザーであれば月額料金も非常に安いことをお伝えしてきました。

また、DAZNは2台同時接続が可能(機器の登録は6台まで可能)であるため、家族がテレビでDAZNを視聴中であってもスマホやタブレット(WiFi)を使って別の競技を視聴することも可能となっています。

もし、まだドコモ光を導入されておらず、高性能のWiFiルーターもご利用されていないのであればこの機会にドコモ光(GMOとくとくBB)を導入してみてはいかがでしょうか。

高性能のWiFiルーターの無料レンタルと高速回線(1Gbps)で回線面での不安をスッキリなくすことができるでしょう。

立ち振る舞う女性

DAZNだけに限らず、光回線のインターネットがあれば今後のインターネット利用の安心にもつながるわね。

説明する男性

はい。 docomoユーザーならドコモ光であれば完璧ですよ。

期間限定|ドコモ光
\工事費無料キャンペーン中/

18,000円 (最大)の工事費→

さらに20,000円無条件キャッシュバックもお見逃しなく。

  • Pocket
  • LINEで送る