事業者変更とは?メリットや注意点・手続きの方法や流れを解説。

※ 本ページはPRを含みます

ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボレーションサービスを利用している人は「事業者変更」で簡単に乗り換えができることをご存知ですか?

事業者変更は、通常の乗り換えで必要とされる開通工事の手間がなくなる上に、工事費用も0円という特徴を持つ便利な乗り換えの仕組みです。

当ページでは、そんな事業者変更について1から解説し、メリットはもちろん乗り換えを検討している人が知っておくべき注意点もお伝えしていきます。

また、手続き方法や流れもまとめていますので、順番に読み進めるだけで誰でも事業者変更ができるようになるでしょう。

読み終わる頃には、事業者変更で必要になる知識がすべて身につきます。

ドコモ光|一番お得な特典

無条件最大51,000円キャッシュバック
工事費無料キャンペーン実施中!

今すぐ確認する

通常30,000円キャッシュバックのところ【一番お得な特典ではオプション不要で最大51,000円キャッシュバック】が貰える!

事業者変更とは?

光コラボレーションから光コラボレーションに乗り換えるときは事業者変更になるイラスト

光コラボレーションサービス(以下、光コラボ)を利用している人が、他社光コラボ(もしくはフレッツ光)に乗り換えることを「事業者変更」と言います。

よく言われている「乗り換え」とは違うの?

乗り換えではありますが、光コラボから光コラボへ乗り換えることを「事業者変更」と呼びます。

なお、光コラボレーションサービスとは主に以下のようなサービスを指します。

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • ビッグローブ光
  • @TCOMヒカリ
  • So-net光プラス
  • @nifty光
  • enひかり…など

ですので、たとえば、

  • ドコモ光を利用している人が、ソフトバンク光に変更する
  • ソフトバンク光を利用している人が、ビッグローブ光に変更する

といった形で乗り換えるなら、事業者変更になります。

また、変更先のサービスとしてはフレッツ光も対象となっています。

※事業者変更にならないケースに注意!

光コラボレーションから光コラボレーション以外に乗り換えるときは事業者変更にはならないイラスト

ちなみに、現在利用しているサービスや、これから変更予定のサービスが、

  • auひかり
  • NURO光
  • J:COMなどのケーブルテレビ系インターネット
  • 電力会社系の光回線サービス
    (コミュファ光/eo光/ピカラ光/メガ・エッグ/BBIQ)

といったサービスの場合は、事業者変更にはなりません。

なぜなら、事業者変更と呼ばれるケースは、あくまでもNTTの回線を使った、

  • 光コラボ ⇛ 光コラボ
  • 光コラボ ⇛ フレッツ光

といった形でサービス変更をした場合のみだからです。

ですので、

  • auひかりを利用している人が、NURO光に変更する
  • ソフトバンク光を利用している人が、J:COMに変更する
  • NURO光を利用している人が、ドコモ光に変更する

といったサービス変更のパターンでは事業者変更とは言わないのです。

事業者変更で乗り換えたらどんなメリットが受けられるの?

事業者変更で乗り換えを行うと以下の3つのメリットを受けることができます。

  1. 工事なしで乗り換えることができる。
  2. ネットが利用できなくなる期間が無い。
  3. 光電話の番号を変えずに乗り換えることができる。

メリット1.工事なしで乗り換えることができる。

事業者変更により工事無しで開通する流れ

事業者変更では、工事不要で利用中のサービスから他社サービスへの乗り換えが可能です。

また、回線の工事が行われることがないため、立会いの日程を決めたり、工事費用を気にする必要がありません。

つまり、事業者変更は早く・簡単に他社サービスへの乗り換えができる仕組みになっているのです。

※事業者変更ではない場合(通常の乗り換えの場合)

通常、利用中のサービスから他社光回線サービスへ乗り換えをする場合、インターネットを利用するお住まいで回線の工事が必要です。

事業者変更でない場合に工事ありで開通する流れ

また、工事は基本的に立ち会いが必要であるうえに、おおよそ以下の工事費用がかかります。

工事費用
マンションのアイコン
集合住宅
(マンションタイプ)
22,000円
一戸建てのアイコン
戸建住宅
(ファミリータイプ)
22,000円

メリット2.ネットが利用できなくなる期間が無い。

事業者変更の場合、新しいサービスの開通まで利用中のサービスがずっと使える

事業者変更では、サービスを乗り換える際にインターネットが利用できなくなる期間がありません。

つまり、新しいサービスの開通日までご利用中のサービスを使い続けることができるということになります。

ちなみに、新しいサービスの開通日になると簡単な設定だけで乗り換えが完了するためネットが繋がらなくなって困ることがありません。

※事業者変更ではない場合(通常の乗り換えの場合)

通常、利用中のサービスから他社サービスに乗り換える際は大まかに以下の流れで乗り換えを行います。

通常の乗り換えの場合はネットが使えない期間がある
  1. 新しく利用するサービスを申し込む
  2. 利用中のサービスを解約
    ⇛ ネットが使えなくなる
  3. 新しく利用するサービスの工事・開通

つまり、2と3の間の期間はインターネットが使えなくなる状態になります。

メリット3.光電話の番号を変えずに乗り換えることができる。

事業者変更では、お使いの光電話の電話番号を変更することなく、乗り換えることが可能です。

光電話は基本的に、お住まいの住所で利用中のサービスから新しいサービスに乗り換えると番号が変わってしまいます。

そのため、電話番号が変わることにより、

  • 離れて暮らす家族や友達に電話番号が変わることを伝えなければならない
  • 電話番号を登録しているサービスへ、番号変更の手続きをしなければならない

といった手間がかかります。

しかし、事業者変更の場合、サービスを乗り換えても今まで利用していた電話番号をそのまま使うことができます。

事業者変更をする前に知っておくべき2つの注意点

事業者変更をする際は、以下の注意点を把握しておく必要があります。

  1. 利用中のサービスで解約金などの費用がかかる。
  2. 工事費の残債が請求される可能性がある。

事業者変更後にリスクを負わないためにもしっかり確認しておきましょう。

注意点1.利用中のサービスで解約金などの費用がかかる。

事業者変更で新しいサービスへ乗り換えるということは、利用中のサービスは解約することになります。

そのため、乗り換えのタイミングによっては解約金が請求される場合があります。

乗り換えのタイミング?

はい。光回線サービスには基本的に2年もしくは3年の契約期間が設けられています。

ですので、この契約期間の途中で解約した場合に、以下のような解約金が請求されるのです。

サービス名一般的な
契約期間
マンションのアイコン
集合住宅
(マンションタイプ)
一戸建てのアイコン
戸建住宅
(ファミリータイプ)
ドコモ光2年4,180円5,500円
ソフトバンク光2年4,180円5,720円
ビッグローブ光3年3,000円4,100円
So-net光
プラス
2年3,480円4,580円
@nifty光3年3,630円4,840円
楽天ひかり2年4,180円5,280円

利用しているサービスの契約期間は確認しておいたほうがよさそうね。

注意点2.工事費の残債が請求される可能性がある。

解約金の他に利用中のサービスで工事費用を分割で支払っている人は、工事費の残債が一括で請求されます。

工事費の残債とは、支払い終えていない分割の工事費のことを言います。

解約金と工事費の残債の請求は合わせると高額になりやすいので、事業者変更前に必ず確認しておきましょう。

※後ほど詳しく紹介しますが、乗り換え先を上手に選ぶと解約時にかかる費用に負担を減らすことも可能です。

事業者変更のやり方(具体的な流れ・手続き方法)

以下の手順に沿って事業者変更のやり方を解説していきます。

  1. 事業者変更承諾番号の取得
  2. 事業者変更の申し込み
  3. 書類の受け取り
  4. 利用開始日

手順1.事業者変更承諾番号の取得

現在利用中の光コラボレーション事業者へ連絡して、事業者変更に必要な「事業者変更承諾番号」を取得します。

以下のお問い合わせに連絡をして、オペレーターの人に事業者変更承諾番号を発行してほしいと伝えましょう。

サービスお問い合わせ
ドコモ光一般電話:から0120-800-000
ドコモ携帯から:151
(9:00~20:00、年中無休)
ソフトバンク光186-0800-111-2009
(10:00~19:00)
ビッグローブ光一般電話から:0120-86-0962
携帯から:03-6385-0962
(9:00~18:00、年中無休)
@nifty光03-6625-3265
(10:00~17:00、平日のみ)
So-net光
プラス
0120-45-2522
(9:00~18:00、1/1・1/2除く)
OCN光0120-506-506
(10:00~19:00、年末年始除く)
ぷらら光一般電話から:009192-33
携帯から:050-7560-0033
(10:00~19:00、年中無休)
DTI光一般電話から:0120-830-501
携帯から:03-5749-8091
(10:00~17:00、平日のみ)
※上記に利用中のサービスがない場合は、契約書などやWeb上の公式ページなどでお問い合わせ先を確認してください。

ちなみに、事業者変更承諾番号はアルファベットと数字で以下のように組み合わせられています。

  • 東日本にお住まいの人
    ⇒ 「F」 + 10桁の数字
  • 西日本にお住まいの人
    ⇒ 「T」 + 10桁の数字
事業者変更承諾番号は11桁の英数字であることを説明するイラスト

手順2.事業者変更の申し込み

STEP1で事業者変更承諾番号を取得することができたら、15日以内に変更したい光コラボレーション事業者へサービスの申し込みをします。

事業者変更承諾番号は15日が有効期限となっているので、取得できたらできるだけ早く変更したいサービスを申し込みましょう。

※事業者変更先としておすすめの光コラボレーションサービスは、当ページの最後に紹介しています。

手順3.書類の受け取り

約1週間ほどで、申し込んだサービスから必要書類が送られてきます。

契約内容や利用開始日が記載された書類ですので大事に保管しておきましょう。

手順4.利用開始日

利用開始日になると、申し込んだ光コラボレーションサービスの利用を開始することができます。

また、利用開始日を持ってこれまで利用していた光回線サービスは自動的に解約となります。(解約手続きの必要なし)

事業者変更では、簡単な接続設定のみで新しく開通したサービスのインターネットを利用できるようになるのです。

なお、事業者変更の場合、担当者が訪問する工事などは行われません。

事業者変更するならコレ!おすすめの光コラボレーションサービスBEST4選

最後に、事業者変更におすすめの光コラボレーションサービスを4つ紹介しておきます。

1.ソフトバンク光

SoftBank光(ソフトバンク光)のロゴ

ソフトバンク光は、事業者変更でかかる、

  • 利用中のサービスの解約違約金
  • 利用中のサービスの工事費の残債
  • 利用中のサービスの撤去工事費
  • 事業者変更承諾番号の発行手数料

上記の費用をキャッシュバックしてくれる強力なキャンペーンを実施しています。

つまり、基本的な負担は0で、ソフトバンク光への乗り換えができるのです。

また、SoftBank・Y!mobileユーザーの場合、スマホとネットのセット割引を適用させることができます。

SoftBankユーザー
実質月額料金
Y!mobileユーザー
実質月額料金
マンションのアイコン
集合住宅
(マンションタイプ)
4,180円/月
3,080円/月
4,180円/月
2,992円/月
一戸建てのアイコン
戸建住宅
(ファミリータイプ)
5,720円/月
4,620円/月
5,720円/月
4,532円/月

ソフトバンク光はSoftBank・Y!mobileユーザーにとってベストな選択と言えるでしょう。

\ 無条件で誰でも対象 /

今、ソフトバンク光を契約すると
15,000円がもらえる!

今すぐ確認する

2.ドコモ光

ドコモ光のロゴ

ドコモ光は光コラボレーションサービスの中でも圧倒的な人気を誇るサービスです。

そんなドコモ光はdocomoのスマホユーザーに最もおすすめと言えます。

なぜなら、docomoユーザーはセット割引(最大1,100円/月×複数台)の適用も可能であるため、毎月お得にネット利用をすることができるからです。

セット割適用後の
実質月額料金
マンションのアイコン
集合住宅
(マンションタイプ)
4,400円/月
3,300円/月
一戸建てのアイコン
戸建住宅
(ファミリータイプ)
5,720円/月
4,620円/月

なお、ドコモユーザーがセット割引を適用できる光回線サービスはドコモ光のみです。

ドコモ光はドコモユーザーにとってベストな選択と言えるでしょう。

\ 無条件で誰でも対象 /

今、ドコモ光を契約すると
最大51,000円がもらえる!

今すぐ確認する

3.ビッグローブ光

ビッグローブ光のロゴ

ビッグローブ光は、提供エリアが全国であるうえ、3年プランで申し込むと何度引越しても工事費用が無料になるキャンペーンを行っています。

そのためビッグローブ光を選ぶと長く安心して利用できるというメリットがあります。

また、auユーザー・UQ mobileユーザーはセット割引(最大1,100円/月×複数台)の適用も可能です。

セット割適用後の
実質月額料金
マンションのアイコン
集合住宅
(マンションタイプ)
4,378円/月
3,278円/月
一戸建てのアイコン
戸建住宅
(ファミリータイプ)
5,478円/月
4,378円/月

ビッグローブ光は、引越しの可能性があるau・UQ mobileユーザーにおすすめの光コラボレーションサービスです。

\ 無条件で誰でも対象 /

今、ビッグローブ光を契約すると
40,000円がもらえる!

今すぐ確認する

4.GMOとくとくBB光

とくとくBB光のロゴ

GMOとくとくBB光が最もおすすめの人は「スマホのセット割引を活用しないユーザー」です。

なぜなら、GMOとくとくBB光はセット割が無くても月額料金が安い&契約特典が充実しているというメリットがあるため、お得に利用できるからです。

月額料金
マンションのアイコン
集合住宅
(マンションタイプ)
3,773円/月
一戸建てのアイコン
戸建住宅
(ファミリータイプ)
4,818円/月

契約特典で、高額キャッシュバックやWiFiルーターの無料レンタルが受け取れる点も見逃せません。

\ キャンペーン実施中 /

今、GMOとくとくBB光を契約すると
最大101,000円がもらえる!

今すぐ確認する

※ 短期間で解約する可能性がある人へ

1~2年以内に解約する可能性がある人は、最低利用期間が設けられていない縛りなしの光回線サービスを選ぶのがおすすめです。

縛りなしのサービスはいつ解約しても違約金が0円なので、解約時のリスクを心配する必要がありません。

また、月額料金も最安値級なので、月々お得にネット利用ができます。(毎月3,520円~)

まとめ

事業者変更は工事なし&工事費0円で他社光コラボへ乗り換えることができる便利な仕組みです。

ただし、乗り換えのタイミングによっては利用中のサービスで解約金が発生する可能性もあるので、

  • 解約金がかからない契約更新月に乗り換える。
  • 現金キャッシュバックや違約金キャッシュバックが貰えるサービスへ乗り換える。

といった点を意識しておくことは忘れないでください。

事業者変更でキャッシュバック特典が貰えるサービスについては以下のページで確認することができます。