VDSL方式とは?気になる速度は遅い!?光配線(1Gbps)との違いも合わせて全解説。

  • Pocket
  • LINEで送る
VDSL方式について解説する男性

” よし!光回線のサービスを申し込んで1Gbpsの高速インターネットを使おう! ”

あれ…?

マンションタイプ「VDSL方式」

(通信速度は最大100Mbps)

VDSL方式とは一体…?しかも速度はたったの100Mbpsだって!?

困る男性

このように光回線サービスをいざ使おう!という時に最大速度100MbpsのVDSL(方式)になり戸惑ってしまうケースが全国各地で発生しています。

公式サイトには大きく「1Gbpsの光!」などと記載されているので少し裏切られた気持ちになってしまう人もいるのではないでしょうか。

当記事ではそんな人のために、

  • 光回線サービスのVDSL方式って一体なに?
  • VDSL方式の速度は遅いの?
  • 1Gbpsで光回線サービスを申し込みたいけど、どうすればいい?

などといった「VDSL(方式)」で気になる項目を必要な流れに沿って全て解説していきます。

説明する男性

以下の流れで読み進めていくことでVDSL方式に関する内容を漏れなくチェックすることができます。

任せてというジェスチャーをする男性

さっそく、一緒に見ていきましょう。

VDSL方式とは?|光との違いや仕組みを解説!

電線の画像

VDSL(方式)とは、インターネット使う部屋まで光回線を繋ぐ方法(配線方法)のことを指します。

例えば、あなたが「〇〇光」といった光回線サービスを申し込んだとします。

すると、インターネットを使えるようにするためのケーブルを部屋まで繋ぐ必要がありますよね。

そして、どんな方法を用いてあなたの部屋までケーブルを引き込むか?という話になります。

Aの札を掲げる男性

このときに使われる配線方式の1つとしてVDSL方式が存在しているのです!

VDSL方式は「光」じゃないの?光配線との違いは一体なに?

個人で光回線サービスを申し込んだ場合、

  1. 光配線方式 [1Gbps(1000Mbps)]
  2. VDSL方式 [100Mbps]

上記2種類のうちどちらかの方法を用いてネット回線が自宅まで配線されることになります。

VDSL方式も、光配線方式(1Gbps)も同じ光ケーブルを使用していることには変わりないのですが、光ケーブルの使用方法に違いがあります。

説明する男性

一見ややこしい光配線方式とVDSL方式。ですので、両者の違いはイラストでわかりやすく解説していきます!

まずは、「光配線方式(1Gbps)」の仕組みから確認してみましょう。

光配線方式の仕組み

光配線方式の仕組みがわかるイラスト

一般的に光の速度を体感できるのはこちらの光配線方式(1Gbps)となります。

光配線方式は上記のイラストのように自宅まで光ケーブルがそのまま繋がっていることが特徴です。

VDSL方式の仕組み

VDSL方式の仕組みがわかるイラスト

一方でVDSL方式は、光配線方式のように自宅まで光ケーブルが繋がっているわけではありません。

イラストのように、建物内の共用スペースに置かれている MDF室までしか光ケーブルは繋がってい
ません。

そして一番大切なポイントになるのが、MDF室からわたしたちの部屋まで繋がっているのが電話回線用ケーブルだということです。

つまりVDSL方式では、わたしたちの部屋まで光ケーブルが繋がっているというわけではないのです。

ここまで見ると、VDSL方式と光配線方式の違いが以下のようにわかります。

  • 光配線方式では1本の光ケーブルをそのまま利用。
  • VDSL方式では、1本の光ケーブル(光回線)を電話回線用ケーブルでシェアする。
説明する男性
  • 光配線方式は、光ケーブル → 自宅
  • VDSL方式は、光ケーブル → 電話回線用ケーブル → 自宅

という仕組みになっているのです。

ここで勘の良い人はお気づきかもしれませんが、(1Gbpsの高速品質である)光インターネットを利用できるケースはというと、

「光回線サービスを申し込んで、光配線方式(1Gbps)でインターネットを利用できるケース」だけとなります。

悩む女性

違いはよくわかったわ。でも、VDSL方式が実際のところ快適に使えるのか気になるわね。

とはいってもVDSL方式による光回線を使ったインターネットは現在多くの物件で活躍しているのが事実です。

光配線方式(1Gbps)と比べると混乱させられてしまいがちですが、実際にVDSLを使うと快適なのかどうか?というポイントを確認する必要があります。

次に「VDSLは使いモノになるのか?」を通信品質面から見ていきましょう。

VDSLの速度は遅い?口コミや実際に使える利用用途を解説!

パソコンが通信している画像

説明する男性

VDSL方式の最大速度は100Mbpsで、特殊な利用用途を除けば十分に快適だと言えます。

一方で、光配線方式の最大速度は1Gbps(1,000Mbps)で、VDSL方式の10倍の速さとなっています。

なぜ、このように最大速度に差があるのかというと、VDSL方式で一部利用される電話回線用ケーブルは、電話の利用のために作られたケーブルだからです。

とはいっても、VDSL方式も途中まで光ケーブルを用いているため、一概に遅いわけではありません。

説明する男性

あくまで光配線方式とVDSL方式を比べた結果「遅い」と感じてしまうことが多いだけです。

現在では10Mbpsの回線速度が出れば一般的な利用用途(動画視聴やネット検索)は十分に利用できてしまうのが事実で、ただbpsが高ければ高いほど速度を実感できるというわけではありません。

説明する男性

光配線方式が登場するまでの時代では、電話回線用ケーブルのみでインターネットを利用していたぐらいですからね!

※実際に光配線方式の1Gbpsの高速回線を十分に活かしきれている人は10人いれば1人ぐらいでしょう。

ここまでお読みになられた人は、

  • VDSLの回線速度
  • (10Mbpsほどあれば十分だという)回線速度の目安

について分かって頂けたかと思います。次に実際に利用している人の口コミはどうなっているのか確認していきましょう。

VDSL方式を実際に利用している人の口コミを調査してみた。

いい感じのポーズをとる男性

それでは実際に、VDSL方式でインターネットを利用している人の声を確認してみましょう。

説明する男性

速度が10Mbpsも出ていないということですので、日常的な利用であっても支障が出ているケースです。インターネットが混み合う夜の時間帯であることも原因の1つかと思われます。

説明する男性

30Mbpsもの回線速度が出ています。このケースは十分快適な回線速度をVDSL方式で実現できているため、動画や映画視聴・検索などの日常利用はもちろん、ビジネス用途でも十分に快適です。

※30Mbpsの回線速度で遅いと感じてしまう人はインターネットを利用する機器自体に問題があることが多いです。

説明する男性

50Mbpsの回線速度が出ていれば、(特殊な利用用途を除いて)これ以上速度を求める必要はないレベルです。

実際にVDSL方式でインターネットを利用している人の口コミを見ると、VDSL方式の100Mbpsより下回っていることに気づいたかも知れません。

なぜなら、わたしたち個人が利用できるインターネットではベストエフォートというものが採用されているからです。

難しい言葉に見えますが、公式サイトなどで記載されている回線速度(100Mbpsや1Gbps)は実際には出ないということです。

つまり理論値(目標値)として設定されているだけなので、上記のように口コミなどを見て実際に出る回線速度を確かめるのが一番良い方法です。

説明する男性

VDSL方式も光配線方式も同じですが、最大〇bpsというのは、ベストエフォートといって「最大限その速度に近づくよう努力します」という数値となります。

では話を戻しますが、VDSL方式を実際に使っている人の口コミを見てみると、回線速度が遅いケースも、十分快適に利用できているケースも見られましたね。

当ページに記載している口コミ以外も調査した結果、VDSL方式は、実際にはおおよそ10〜50Mbpsの速度を出すことができると考えられます。

Aの札を掲げる男性

これは日常的な利用では問題なく使えるレベルです!

悩む女性

そうだったのね。1Gbpsの光配線方式と比べてしまうと遅くて使いモノにならないと勘違いしていたわ…。

でもこんな人にはVDSL方式のインターネットをおすすめできない。

日常利用ではVDSLでも十分快適に使えるのですが、一部の利用用途ではあまりおすすめできません。

例えば、

  1. ゲーム機やパソコンでオンラインゲームをする人
  2. FXや株などの取引をする人

となります。

なぜならオンラインゲームはプレイするゲームによって回線速度以外のping値というものが大切になってきます。そして、FXや株などは通信速度が落ちてしまった際に損失が出てしまうからです。

とはいっても、光配線方式が利用できないとなると他にping値が高いものや通信速度が高速なサービスはありません。

なんとかしてVDSL方式ではなく光配線方式(1Gbps)でインターネットを使えるようにしたいところだと言えます。

※VDSL方式と判定されたものの、光配線方式(1Gbps)でインターネットを利用する手段は後述します。

いい感じのポーズをとる男性

ネット検索(ネットサーフィン)・メールやLINE電話・動画視聴・映画視聴などの利用用途においては10Mbps~50Mbpsの範囲内で十分快適に利用可能です。

VDSL方式の速度は環境にも左右される?

例えば、集合住宅の戸数が多くインターネットの利用者が多ければ多いほど、回線が混み合うため速度が遅くなると言われています。

特に、

  • 朝の通勤時間
  • 昼の休憩時間
  • 夜の帰宅後の時間
    夕方から夜の時間帯が最も多い!

などが代表的でしょう。

しかし、これはVDSL方式に関わらず光配線方式(1Gbps)の場合でもその他のインターネットサービスでも同様のことです。

その上、集合住宅内でインターネットの利用者が何人いるのか、地域でどのぐらい混雑しているかなどは一概に判断できないので速度の判断基準にするのは難しいでしょう。

「VDSL方式」になるのはどんなケース?

外国人が指をさしている画像

ここまでお読み頂けた人であれば、VDSL方式の正体やVDSL方式の回線速度についてよくわかって頂けたかと思います。

そして、ここまでお読みいただけた方はおそらく既にVDSL方式を利用されている人か、光回線を申し込んだらVDSL方式だった。という人が多いかと思います。

「でも、どうして自分はVDSL方式だと判定されてしまったのか?」

悩む女性

理由が気になるわ…。

Aの札を掲げる男性

それは、お住まいになられている建物の構造上的な問題や大家さんの都合が大きく関係しています。

その1.住んでいる建物の構造上的に光ケーブルを部屋まで引き込むことができないケース

まず、部屋まで光ケーブルを入線するためには配管を通す必要があります。

しかし、光ケーブルは繊細なケーブルであるため、折り曲げに非常に弱いです。

光回線(光ファイバーケーブル)

説明する男性

伝わりますか?上記の画像のように光ケーブルは本当に繊細です!

そのため、配管の状態や位置関係によって導入できない問題が起ってしまいます。

例えば大家さんが物件に光配線方式を導入したくても、できないケースがあるということです。

その一方で、VDSL方式は建物内にもとからある電話回線用ケーブルを利用するので建物の構造を気にすることはありません。

ですので光配線方式が導入できない時の解決策としてVDSL方式が採用されるのです。

その2.大家さんがコスト削減のためにVDSL方式を採用しているケース

建物の構造上的に光ケーブルを各戸まで入線すること(光配線方式にすること)が可能な物件であっても、大家さんがVDSL方式をあえて採用しているケースもあります。

なぜなら、VDSL方式を採用した方が導入コストが安く済むからです。

VDSL方式の仕組みがわかるイラスト

こちらは先ほど見て頂いた、VDSL方式の仕組みが分かる画像です。

見ていただけると分かる通り、既存の一般電話回線(共用スペース)までしか光ケーブルを使用していません。

この場合、光ケーブルを全戸まで届けるよりも(大家さんにとっては)コストが安く済んでしまいます。

つまり、大家さんから見てコストパフォーマンスが優れているという理由から、VDSL方式しか採用しない場合もあるのです。

まとめると、

  1. 建物の構造上、光配線方式(1Gbps)を導入できなかった
  2. 既存の電話回線を利用することで、大家さんがコスト削減を狙った

といった理由から、物件によっては光配線方式ではなくVDSL方式が採用されています。

つまり、このような物件に住んでいる人はVDSL方式の判定を受けてしまいます。

立ち振る舞う女性

なるほど、物件によって光配線方式(1Gbps)なのかVDSL方式(100Mbps)なのかは既に決まっているのね。

しかし、もしあなたが光配線方式で申し込みたい!と思う気持ちがあるのであれば諦めるのはまだ早いです!

1Gbpsの光配線方式で申し込む方法

数字が記載されている青い画像

実は、VDSL方式と判定されても申し込む光回線サービスを変えるだけで1Gbpsの光配線方式で光回線サービスを申し込むことができる場合があります。

なぜなら光回線を所有しているのは大きく2社に分かれているからです。

それは、NTTと地方の電力会社の2つです。(両社ともに電柱を所有しているため独自に光回線も所有しています。)

そう、「〇〇光」という名前でも、実は会社によって使っている光回線自体が異なるのです。

となると「NTTの光回線を使っているサービスでVDSL方式だと判定されたけど、電力会社の光回線を使っているサービスを申し込んだら光配線方式になった!」というケースがあります。

逆に、「電力会社の光回線を使っているサービスではVDSL方式だと判定されたけど、NTTの光回線を使っているサービスを申し込んだら光配線方式になった!」といったケースもあります。

Aの札を掲げる男性

ですのでVDSLだと判定されてしまったときは提供判定をしたサービス以外の光回線サービスを申し込むことで解決できるときがあります。

立ち振る舞う女性

なるほど!えっと、それじゃあどの光回線サービスに申し込んだら光配線方式を使える可能性があるのか調べないといけないわね。

説明する男性

大丈夫です。下記にわかりやすくまとめてみました。

ステップ1:NTT系の光回線サービスで光配線方式(1Gbps)になるかどうか確かめてみよう!

説明する男性

まずは上記の提供エリア確認ページより、お住まいの住所で「光配線方式が使えるのか、VDSL方式が使えるのか」を確認してみましょう。

上記の判定を行って、下記のような判定が出た場合は、NTT系の系の光回線を1Gbpsで利用することができます。

フレッツ 光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼

をご提供しているエリアです。

なお、ご提供時期は弊社設備等の調査後ご回答します。

ちなみにNTT系の光回線サービスの具体例は以下の通りです。

フレッツ光、ドコモ光、ソフトバンク光、OCN光、ビッグローブ光、So-net光、@nifty光、DTI光、ぷらら光、AsahiNet光、エディオンネットIoTパック、IIJmioひかり、enひかり、DMM光など

選び方は以下の記事を参考にして頂ければ失敗することはないでしょう。

もし、VDSL判定だった人は、次のステップに進みましょう!

下矢印

ステップ2:電力系の光回線サービスやauひかりで光配線方式(1Gbps)になるかどうか確かめてみよう!

NTT系の光回線サービスを申し込み・もしくは提供判定をしたところ、結果が「VDSL方式」だったとします。

そんな人は「他の光回線サービス」を申し込むことで光配線方式(1Gbps~)にすることが可能です。

具体的には「auひかり」 or 「電力系の光回線サービス」となりますが、手っ取り早い選択肢としては「NURO光」があります。

それぞれの選択肢の特徴や注意点をまとめましたので確認してみましょう。

【選択肢1】電力会社が提供している光回線一覧から選んで申し込んでみる

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス名 提供エリア 系列
コミュファ光 中部地方 中部電力
eo光 近畿圏 関西電力
ピカラ光 四国 四国電力
メガエッグ 中国地方 中国電力
BBIQ 九州地方 九州電力
ひかりふる 沖縄 沖縄電力
説明する男性

基本的に電力会社は地域ごとに1社ずつしかありません。選べるサービスは決まってくるでしょう。もし、該当サービスがなければ電力会社系列の光回線以外を検討する必要があります。

【選択肢2】電力会社の光回線を利用している「auひかり」を申し込んでみる

auひかりは地域によってNTTの光回線と電力会社系列の光回線を使い分けている全国エリア対応の光回線サービスです。

そういった意味では少し特殊な光回線ですが、光配線方式になるかどうか必ず確認しておくべき大人気サービスです。

【2018最新】みんなが選ぶ光回線おすすめランキング決定版で解説していますが、auひかりは今人気の光回線サービスTOP3に入ります)

【手っ取り早い選択肢No.1】地域限定だが確実に2Gbpsが使える「NURO光」を申し込む

地域限定サービスなのですが、もしNURO光を利用できる人であれば確実にVDSL方式になるのを避けることが可能です。

なぜなら、NURO光のサービスにはVDSL方式自体がないからです。

ちなみにNURO光はNTTが持つダークファイバーと呼ばれる光回線を使用する光回線サービスで、回線速度は2Gbpsとなります。

Aの札を掲げる男性

都心部で人気が出てきているサービスで、テレビCMも展開されています。注目の光回線だと言えるでしょう!

うまく見れない場合はスライドが可能

NURO光 提供エリア(都道府県一覧)
関東地方 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県
東海地方(NEW!) 三重県・岐阜県・愛知県・静岡県
関西(近畿)地方(NEW!) 大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県

ちなみに大手SONYグループのソニーネットワークコミュニケーションズが運営しています。

※光回線に固執しないならポケットWiFIが一番おすすめな理由

もし、「VDSLで速度が遅いのは嫌だ」「光回線への固執はとくにない」という人はポケットWiFiを選ぶべきだと言えます。

なぜなら、通信速度が速い上に便利だからです。

通信速度 利用場所
光回線(VDSL方式) 100Mbps 自宅のみ
ポケットWiFi 440Mbps
~758Mbps
家でも外でも

あくまでもファミリーで利用される場合は光回線の方が使い勝手がよいですが、1~2人の利用シーンを検討されている人にはポケットWiFiの方がおすすめです

また、月額料金も全体的に見て光回線よりも安いので気になる人は以下をご覧ください。

\ 無制限で外でも使える /
VDSLよりも速い!
説明する男性

最近では外出先でも使えるポケットWiFiが光回線の契約数を上回ろうとしているデータもあります。

【まとめ】VDSL方式の内容・気になる速度・光配線(1Gbps)との違い

任せてというジェスチャーをする男性

いかがでしたか?

当記事ではVDSL方式を今主流の光配線方式と比べながら内容を確認した上で、気になる回線速度についても確認してきました。

キリの良いところでVDSL方式に関する内容をまとめておきたいと思います。

  • 光回線サービスは2種類の引き込み方法に分かれている。
    ┗そのうちの1つが「VDSL方式」。もう1つが「光配線方式」
  • VDSL方式では、1本の光ケーブルを電話回線用ケーブルを介してシェアする。
  • 光配線方式は、1本の光ケーブルをそのまま利用することができる。
  • VDSL方式も光配線方式も「光インターネット」というジャンルには入るが、光配線方式の方が通信品質は良い。
  • VDSL方式と光配線方式を比べると、光配線方式の方が通信品質はよくなるが、ただVDSL方式が劣っているというわけではない。
  • VDSL方式でも日常的なインターネット利用においては十分快適に使える。
    ┗だが、オンラインゲームやFXなどの特殊な利用用途ではあまりおすすめはできない。
  • VDSL方式だと判定される理由は主に2つのケース
    ┗1.建物の構造上的な問題
    ┗2.導入コストの問題
  • VDSL方式と判定されても、光配線方式でインターネットを使える可能性はある。
    ┗VDSL方式だと判定されたサービスとは違うサービスを申し込む
  • VDSL方式に悩まされていて、光回線に固執しない人は「ポケットWiFi」の方がコスパが良い。

最後に、VDSL方式に関する調査をしている時によく質問されている項目をピックアップしておきました。

まだ疑問が残っている人や気になる項目がある人のお役に立てば嬉しく思います。

【よくある質問と回答集】VDSL方式に関する疑問がサクッと解決!

任せてというジェスチャーをする男性

最後に、VDSL(VDSL方式)に関する、よくある質問や疑問を解決しておきます!

Q. 光配線?VDSL?自宅で使える配線方式を見分ける方法はありますか?

Aの札を掲げる男性

どちらが使えるかひと目で見分けるポイントは、光コンセントの有無です。

自宅に 光コンセントがある場合、光配線方式を利用することができます。

不安になる女性

ということは、光コンセントがなかったら光配線方式を使うことはできないのかしら?

説明する男性

いいえ!当ページの「1Gbpsの光配線方式で申し込む方法」で詳述していますが、申し込む光回線サービスを変えることで光配線方式(1Gbps)を利用できるケースがあります。

サクッとQ&A一覧に戻る

Q. VDSL方式のメリットは?

Aの札を掲げる男性

VDSL方式の最大のメリットは、工事が早く簡単に終わることです。

VDSL方式は、既存の電話回線を利用するため建物内に新たに設備を導入する必要がありません。

立ち振る舞う女性

電話線はどの家庭にも必ずあるものね。

説明する男性

その通りです。大掛かりな工事はなく、屋内での作業のみで終わるので比較的早くにインターネットの利用を開始することができるのです。

サクッとQ&A一覧に戻る

Q. VDSL方式の速度を上げる方法はありますか?

Aの札を掲げる男性

まずは以下を確認してみてください。

  • 接続している機器(パソコン、スマホ、タブレット、ゲーム機など)が古いなどの問題はないか?
  • VDSL装置やひかり電話対応ルーターが故障、劣化していないか?
  • 利用しているwifiルーターが故障、劣化していないか?

これらに問題がなければ、契約しているサービス(プロバイダー)を切り替えることで回線速度が向上する可能性があります。

新たな光回線サービスへの乗り換えを検討することも1つの手段です。

サクッとQ&A一覧に戻る

Q. 光配線方式が利用できない場合、他に速度を上げるためのインターネット回線はありませんか?

Aの札を掲げる男性

ポケットwifiやホームwifiであればVDSL方式より通信速度を上げることができるでしょう。

VDSL方式が最大速度100Mbpsに対して、ポケットwifiやホームwifiの最大速度は200Mbpsを超えています。

うまく見れない場合はスライドが可能

最大速度
ポケットwifi
(WiMAX)
最大758Mbps
ホームwifi
(SoftBank Air)
最大261Mbps

サクッとQ&A一覧に戻る

  • Pocket
  • LINEで送る