光回線の工事

光回線が工事不要になる「無派遣工事」の全知識|光コラボ(ドコモ光など)・フレッツ光に完全対応!

光回線サービスの中には工事が不要になる「無派遣工事」が存在することをご存じですか? 例えば、光コラボ(ドコモ光・ソフトバンク光・楽天ひかり etc…)や、フレッツ光では無派遣工事になる可能性があります。 無派遣工事が存在する光コラボの例 ドコモ光、ソフトバンク光、ビッグローブ光、@TCOMヒカリ、So-net光プラス、@nifty光、楽天ひかり、DTI光、enひかりなど これらのサービスはNTTが持つ光回線とコラボして提供されており、俗に「光コラボレーションサービス(光コラボ)」と呼ばれています。 当ページではそんな無派遣工事について知っておくべき全知識をまとめました。 読み終わるころには、 そもそも無派遣工事ってなに? 無派遣工事になるのはどんな人? 無派遣工事の注意点やメリット いつからインターネットが使える? インターネットを利用するまでの手順や接続方法 上記のような疑問に感じやすいポイントがすべて分かるようになるでしょう。 乗り換えの人は要チェック ※光コラボから光コラボへの乗り換えでは元から工事は不要です。無派遣工事は関係ありません。 無派遣工事とは?派遣工事との違いも解説 無派遣工事とは、光回線を利用し始める際に行われる工事の一種で、 お住まいの建物内に光回線の設備が既にある場合に行われる工事のことを言います。 設備が既に整っているので、NTT側の工事だけで完了します。 そのため、工事担当者が自宅を訪問することもありません。 なお、「光回線の設備が既にある」というのは以下のようなケースが挙げられます。 以前の住人が使っていた設備が残っている マンション建築時に工事済み 無派遣工事になると、工事が簡単に済むので工事費が安く、ネットが早く使えるなどのメリットを受けることができます。(詳しくは後述しています) 一方で、お住まいに光回線の設備がない場合は、工事担当者が自宅に訪問する「派遣工事」が行われます。 派遣工事の場合は、光回線の設備を新たに導入する必要があるので、無派遣工事の場合と比べて費用と時間がかかります。 無派遣工事になるのはこんな人! 1.部屋に光コンセントがある人 「光コンセントがある=光回線の設備が既にある」ということになります。 そのため、わざわざ派遣工事をする必要がありません。 ちなみに、光コンセントは主に情報コンセント(テレビ線やLANの差込口)と一緒になっていたり、エアコン付近に設置されていることが多いです。 ※コンセント部分に「光」「光コンセントSC」という記載があれば光コンセントで間違いありません。(種類や設置場所、使い方などについて詳しくは以下のページで解説しています。) 関連記事 2.VDSLの人 部屋に光コンセントがないにも関わらず、無派遣工事になるケースもあります。 その場合は、恐らく電話回線を利用するVDSL方式であると考えられます。 VDSL方式では光コンセントの代わりに、電話回線用のモジュラージャックを利用します。 「VDSL方式=無派遣工事」ということではありませんが、もし光コンセントがないにも関わらず無派遣工事になった場合はVDSL方式に該当すると言えるでしょう。 ※VDSLについては以下のページで詳しく解説しています。 関連記事 無派遣工事で知っておくべき5つの注意点とは? 無派遣工事を選ぶことはできない 無派遣工事だと分かるのは申し込み後 無派遣工事にできるのは「NTT系の光回線サービス」のみ 光コンセントがあるのに無派遣工事にならないケースもある 接続設定は自分でする必要がある 順番に確認しておくことで、無派遣工事でインターネットを利用し始める際に失敗することがなくなるでしょう。 注意点1.無派遣工事を選ぶことはできない 光回線サービスを申し込む際に「無派遣工事にしたい」といった要望を出すことはできません。 なぜなら、申し込み者の部屋で無派遣工事が行われるか、派遣工事が行われるかは光回線サービス側が判断するからです。 サービス側は申し込み者の部屋に光回線の設備が整っているかどうかをシステムでチェックすることができます。そして、 あなたの部屋が無派遣工事で済みそうであれば「無派遣工事」 工事担当者を派遣する必要があるなら「派遣工事」 というように、どちらかを適切に判断してくれるのです。 注意点2.無派遣工事だと分かるのは申し込み後 注意点1で「サービス側は申し込み者の部屋まで光ケーブルが引き込まれているのかをシステムでチェックすることができます」とお伝えしました。 しかし、このチェックはあなたが光回線サービスを申し込んだあとに行われるものです。 そのため、申し込み時点で無派遣工事になるかどうかの確認はできないのです。 もし、申し込み前に「無派遣工事になりますよ」と言われても無派遣工事になると確定したわけではないため注意してください。 無派遣工事になるかどうかに関しては、光回線サービス側の判断を待つようにしましょう。 注意点3.無派遣工事にできるのは「NTT系の光回線サービス」のみ 実は「無派遣工事」というのはNTT系の光回線サービスだけにある工事内容です。 つまり、以下のようなサービスを選んだ人だけがインターネットの開通工事で無派遣工事になる可能性があるのです。 サービス名提供エリア光回線の種類ドコモ光47都道府県NTT系列の光回線ソフトバンク光ビッグローブ光@TCOMヒカリ@nifty光楽天ひかりGMOとくとくBB光エキサイトMEC光enひかりフレッツ光…etc 一方で、auひかり・NURO光・電力系の光回線サービスを選んだ場合は「無派遣工事」にはなりません。 サービス名提供エリア光回線の種類auひかり全国(ホームタイプは地域限定)KDDINURO光地域限定ソニーコミュファ光中部中部電力eo光近畿関西電力ピカラ光四国四国電力メガエッグ中国中国電力BBIQ九州九州電力 上記のサービスを選んだ場合は、たとえ部屋に光コンセントがあってもインターネットの開通工事が必須となります。 ですので、部屋に光コンセントがあるのであればNTT系の光回線サービスを選んでおくのがおすすめです。 ※サービス選びに迷ったら、以下の光回線ランキングを確認してください。 関連記事 また、引越しなどで短期間のうちに解約する可能性がある人は契約期間に縛りがないサービスを選んでおくのが安心です。 なぜなら、縛りなしのサービスはいつ解約しても違約金が0円なので、解約時に高額な費用を負担するリスクがないからです。 関連記事 注意点4.光コンセントがあるのに無派遣工事にならないケースもある 光コンセントがあれば無派遣工事になるとお伝えしましたが、光コンセントが使いモノにならないケースがあります。 光コンセントが古く劣化している 光コンセントに繋がっているケーブルが断線している 光ケーブルは撤去済みなのに光コンセントだけ残っている 光コンセントがあるにも関わらず派遣工事になってしまった人はこのケースに当てはまります。 珍しいケースではありますが、こういった事例があることも覚えておきましょう。 補足: たまにサービス側のミスで、光コンセントが正常に動くにもかかわらず派遣工事が必要だと言われることがあります。 ですので、できるだけ申し込み時は光コンセントがあることを伝えるようにしましょう。 なお、サービスによっては光コンセントの有無を尋ねてくれる場合もあります。 システム上のみの判断ではなく、お客さんの目視確認も兼ねて行われるものです。 注意点5.接続設定は自分でする必要がある 無派遣工事になると必ず自分自身で光コンセントにONU(またはホームゲートウェイ)を繋げる必要があります。 ※VDSL方式の場合は電話回線用モジュラージャックにVDSL宅内装置を繋げます。 場合によっては「面倒くさいなぁ…」「機器をつなげるなんて難しそう」と感じる人もいるかと思いますので唯一のデメリットと言えるかもしれません。 ただ、接続設定の方法は送られてくるマニュアルに沿って行えば初心者でもできるようになっているので安心してください。 ※事前に確認したい人向けに、接続設定については後ほど説明します^^ 無派遣工事の注意点まとめ 光回線の工事で無派遣工事を選択することはできない 無派遣工事が確定するのは申し込み後 無派遣工事にできるのは「NTT系の光回線サービス」のみ 光コンセントがあるのに無派遣工事にならないケースもある 機器の接続設定は自分でする必要がある 無派遣工事になることで得られる4つのメリットはコレだ! 無派遣工事になると以下4つのメリットが得られるため、より手軽に光回線サービスの利用を始めることができます。 申し込みから早くて1週間でインターネットが開通する 工事費用がたったの3,300円だけになる 工事に立ち会う必要がない 充実した契約特典が貰える メリット1.申し込みから早くて1週間でインターネットが開通する 無派遣工事の場合、光回線サービスを申し込んでからおおよそ1週間~10日後にインターネットが使えるようになります。 一方で、派遣工事の場合はおおよそ2週間~1ヶ月の期間がかかります。 無派遣工事の場合は光回線サービスが利用できる設備がすでに整っている状態なので、その分インターネットの開通も早いのです。 メリット2.工事費用がたったの3,300円だけになる 工事の種類工事費用派遣工事22,000円~28,600円無派遣工事3,300円 派遣工事の場合、22,000円~28,600円の工事費がかかりますが、無派遣工事の場合は基本的に3,300円だけで済みます。 (無派遣工事では2万円ほど工事費で得していることになるのです。) 関連記事 メリット3.工事に立ち会う必要がない 無派遣工事の場合は指定された日に届いた機器を自分で接続するだけで済みます。 そのため、工事に立ち会う必要がありません。 一方で、通常の工事(派遣工事)の場合は工事担当者による作業が必要になります。 作業時間はおおよそ30分~2時間で、作業が終わるまでの間は工事に立ち会わなくてはなりません。 メリット4.充実した契約特典が貰える 光回線サービスを契約すると、「派遣工事」「無派遣工事」に関わらず以下のような契約特典を受け取ることができます。 NTT系光回線サービス契約特典ドコモ光ソフトバンク光ビッグローブ光@TCOMヒカリGMOとくとくBB光 無派遣工事になるからといってキャッシュバック額が下がったり、特典の充実度が落ちることはないのは嬉しいポイントです。 関連記事 無派遣工事のメリットまとめ 最短1週間でインターネットが使える。⇒ 派遣工事の場合は2週間~1ヶ月かかる。 工事費が3,300円だけで済む。⇒ 派遣工事では22,000円~28,600円がかかる。 工事に立ち会う必要がない。⇒ 派遣工事では、30分~2時間の立会いが必須。 充実した契約特典が貰える⇒ 無派遣工事であっても、派遣工事と同じ契約特典が受け取れる。 無派遣工事でインターネット利用を開始する方法・手順 光回線サービスを申し込む 無派遣工事の連絡が届く NTTから接続機器が届く 機器を接続する インターネット開通! パソコン・スマホで設定をする ※以下の内容は光コンセントを利用する場合の手順を解説しています。VDSL方式の場合でも大差はありませんが、詳しくはマニュアルをご確認ください。 1.光回線サービスを申し込む まずは、光回線サービスを申し込みます。 なお、無派遣工事でインターネットを利用し始める際は、以下のようなNTT系の光回線サービスから選ぶようにしましょう。 携帯会社光回線サービスdocomo・ドコモ光au・ビッグローブ光・@TCOMヒカリSoftBank・ソフトバンク光その他・GMOとくとくBB光・エキサイトMEC光 なぜなら、上記サービスから選ぶことで、 最短1週間でインターネットが使える 工事費が3,300円だけで済む 工事に立ち会う必要がない 契約特典を受け取ることができる 携帯会社と合わせるとセット割引が適用できてお得 といったメリットを受けることができるからです。 なお、auひかり・NURO光・電力系のサービスを選ぶと無派遣工事にならないので注意しましょう。 ※万が一、サービス選びで迷ったら以下のランキングを参考にしてみてください。 関連記事 2.無派遣工事の連絡が届く 申し込み後、無派遣工事であることが確定したら、必ず以下のようなご案内がショートメール(電話番号へのメール)もしくは書類にて送られてきます。 「当日の工事への立ち会いは不要です」 「当日のご在宅は不要です。」 「工事担当者は伺いません。」 「お客様自身で機器の設定をお願いします。」 これが来て初めて「無派遣工事だ!」と確定したことになります。 この時に送られてくるメールもしくは書類には必ず無派遣工事による開通日も記載されています。 忘れずに覚えておきましょう。 3.NTTから接続機器が届く 無派遣工事の開通日までに、NTTから上記のような機器類が送られてきます。 送られてくる機器類の一覧 装置ONUと呼ばれる装置でモデムと呼ばれることが多い機器。※光電話を契約している人はホームゲートウェイという装置になります。 電源アダプターONUに電気を送るために使われる電源アダプター。片方をONU、もう一方をコンセントにつないで使います。 LANケーブルパソコンやノートパソコンをONUと繋いでインターネットを使えるようにするためのケーブル。(※自分で準備する必要あり) 光コードONUと光コンセントを繋ぐ線です。片方をONU、もう一方を光コンセントにつないで使います。 電話線【ひかり電話の利用者のみ】固定電話と装置(ホームゲートウェイ)をつなぐための線。電話を機能させるために用います。 なお、3のLANケーブルは事前に自分で用意しておく必要があります。 購入の際は「カテゴリー6a(CAT.6A)」と書かれた種類を選ぶようにしましょう。 ※LANケーブルはAmazonや家電量販店で購入できます。 4.機器を接続する 無派遣工事の日(開通日)になったら、いよいよ機器を繋いでいきます。 ※開通日前に繋いでおいても問題ないですが、開通日にならないとインターネットは利用できません。 接続方法に関しては以下の動画で確認することができます。 【動画で確認】ネットのみ契約の場合 『フレッツ光 自分で設置・設定』《機器の設置》ひかり電話なし※YouTubeに飛びます(音はありません) 【動画で確認】ネット + 電話を契約の場合 『フレッツ光 自分で設置・設定』《機器の設置》ひかり電話あり※YouTubeに飛びます(音はありません) また、動画だけでなく下記に具体的な手順も解説していますので参考にしてみてください。 ステップ1:ONU(ホームゲートウェイ)のカバーを開ける ステップ2:ONU(ホームゲートウェイ)に光コードを接続する カバーをあけると、中に光コードの接続口があります。 ※接続口にキャップがついている場合は必ず外しておきましょう。 接続口の奥まで光コードをしっかりと接続します。 このようになれば問題ありません。 ステップ3:光コードを光コンセントに接続する 次に、ONU(ホームゲートウェイ)に接続した光コードの反対側を光コンセントに接続します。 このようになれば問題ありません。 この時点でONU(ホームゲートウェイ)と光コンセントが(光コードで)繋がっています。 ステップ4:ONU(ホームゲートウェイ)に電源アダプターを接続します。 ONUの背面に電源アダプターの差込口があるので、そちらに接続します。 このようになれば問題ありません。 最後に電源アダプターの反対側をコンセントに接続すれば完了となります。 5.インターネットが開通する! 無派遣工事日になると、NTT側で「局内工事」というものが行われます。 そのあと、開通日にインターネットが繋がる仕組みになっています。 無派遣工事では、この時点でインターネットが開通するのです。 見逃し注意 6.最後にパソコンやスマホにインターネットが繋がるように設定しよう! 無派遣工事日が来て部屋までインターネットが開通したといえど、インターネットを実際に使い始めるためにはインターネットの設定が必要になります。 これはスマホ・ノートパソコン・デスクトップパソコンそれぞれでインターネットを使えるようにするためには必須となる作業です。 なお、パソコンやスマホにインターネットを繋げる接続設定は以下の2パターンに分かれます。 無線(Wi-Fi)でインターネットを接続する 有線(LANケーブル)でインターネットを接続する インターネットを接続する方法は上記のように無線か有線かということになります。 もちろん「どちらも利用する」ことも可能です。 「2.有線(LANケーブル)でインターネットを接続する」場合は契約したサービス側から送られてくるインターネット接続マニュアルに設定方法がわかりやすく記載されていますので、当ページでの説明は割愛させて頂きます。 当ページでは「1 無線(Wi-Fi)でインターネットを接続する」際の流れと注意点を記載しておきます。 無線(Wi-Fi)でインターネットを接続する際の流れ 一般的に無線(WiFi)でインターネットを利用するには「無線LANルーター」という機器を購入する必要があります。 無線LANルーターは3,000円ほどあれば家電量販店やAmazonなどで購入することができます。 ※ 無線LANルーターの詳しい選び方は「光回線で必要とされるWiFiルーターの選び方&おすすめ3選はコレだ!」にて詳しく解説しています。 無線LANルーターを購入してからインターネットを使い始めることができる流れは以下のようになります。 購入した無線LANルーターをONU(もしくはホームゲートウェイ)に接続する プロバイダー情報を入力し、インターネットを設定する(※) お持ちの端末でインターネットが使えるように! (※)インターネット設定の方法について 無線LANルーターを使ってインターネットを利用する場合、設定方法がメーカーによって異なります。 したがって当ページでは詳しい説明を割愛させて頂きます。 詳細は無線LANルーターの取扱説明書・設定マニュアルに記載されています。 【注意】無線LANルーターを購入する前に確認すべきこと インターネットの契約時に「無線LAN系のオプション」をつけている人は無線LANルーターの購入の必要はありません。 代表的な例をご紹介すると、 全サービス共通⇒「無線LAN」カードを利用する場合 ソフトバンク光⇒ BBユニット + Wi-Fiマルチパック となります。気になる人は必ず送られてきた契約書をご覧の上、無線LANルーターが必要かどうかを確認しておきましょう。 無派遣工事で届いた機器を接続したのに繋がらないなど~よくある疑問と回答集~ 「無派遣工事で届いた機器の設定をマニュアル通りしたのに、ネットが繋がらない…」という経験される人は多いです。 そういったケースやその他の「よくある質問・疑問」をまとめましたので、自分の状況に合わせてご覧ください。 Q1.同封されていた説明書通り機器の設定をしてもすぐにインターネットが使えるわけではないの? 基本的に無派遣工事日が来るまでインターネットは使えません! 申し込んだ光回線サービスから「無派遣工事の開通日」に関するお知らせが必ず送られてきています。 記載されている無派遣工事日に初めてインターネットが繋がるので、事前に機器の設定を行ったとしてもインターネットが繋がることは一般的にありません。 例外として、「事前に機器の設定・接続を行ったらインターネットが使えた!」という人もおられますが、珍しいケースで該当することはあまりないでしょう。 Q2.ONUやホームゲートウェイ(黒い装置)のランプがうまく点灯しないけれど、どうすればいい? ランプ状況の診断(フレッツ光公式サイト)にて、問題が解決できるようになっています! 「ランプ状況の診断」では簡単な基本情報を入力し、どのランプが点灯しているのか、していないのかを入力をすれば問題が解決できるようになっています。 フレッツ光の公式ページに飛びますが、無派遣工事のある光回線サービス(NTT系の光回線サービス)で使用する機器はフレッツ光と全く同じですので問題ありません。一度確認してみてください。 Q3.無線(Wi-Fi)でインターネットを使いたいけれど、どうすればいい? 無線(Wi-Fi)でインターネットを利用するには無線LANルーターという機器が必要になります。 光回線サービスで契約した際に無線(Wi-Fi)LANルーター系のオプションを契約していない場合は、無線LANルーターを準備する必要があります。 無線LANルーターは家電量販店やAmazonなどの通販で購入することができます。 なお、無線LANルーターの選び方は以下のページにて詳しく解説しているので参考にしてみてください。 関連記事 ※無線LANルーターを購入する必要がない例外のケース インターネット契約を申し込む際に無線(Wi-Fi)でインターネットが利用できるようになるオプションを申し込んでいる場合、無線LANルーターを購入する必要はありません。 無線(Wi-Fi)でインターネットが利用できるようになるオプションの代表例は以下の通りです。 全サービス共通⇒「ホームゲートウェイ 無線LANカード」 ソフトバンク光⇒「BBユニット + WiFiマルチパック」 Q4.無派遣工事日になる前に機器を接続したらインターネットが使えた!大丈夫? 基本的には大丈夫です!しかしこれに関しては「自己責任での利用」となります。 無派遣工事日前に送られてきた機器を接続設定すると、開通日になっていないにも関わらずインターネットが使えることがあります。 これは光回線サービス側のミスというよりも、「事前に開通工事(局内工事)を行うことで遅延がないようにしている」と考えられるでしょう。 この場合、無派遣工事の開通日になるまでにインターネットを利用したという理由で「その分の料金が請求される」ということはほとんど見られません。 というのも、意図的にではなく誤って利用開始をする人もいるからです。 追加で料金を取られるケースはあまりないでしょう。 しかし、契約書には「利用開始日=無派遣工事日(開通日)」と書いています。何か問題が発生してもサービス側は責任を取ってくれないでしょう。 【解約】無派遣工事で契約した光回線サービスはいつ解約しても負担が少ない!?~工事費の残債・違約金~ 結論からお伝えすると、無派遣工事で利用し始めたサービスを解約する際は、 工事費の残債は「ゼロ」 ただし、短期間の解約で約3~5,000円の違約金はかかる と、なります。 工事費の残債は「ゼロ」 そもそも、工事費の残債とは解約時までに支払い終えることができなかった工事費のことを言います。 無派遣工事の場合は工事費(3,300円)を開通月の翌月に一括払いすることが一般的なので、工事費の残債は発生しないのです。 ※まれに、3,300円の工事費を分割払いできる光回線サービスもあります。この場合は、解約するタイミングによっては工事費の残債が請求されることもありますが、少額なので心配することはないでしょう。 短期間の解約で約3~5,000円の違約金がかかる。 光回線サービスには一般的に2~3年の契約期間があります。 そして、契約期間の途中で解約する場合は以下の違約金がかかります。 サービス名一般的な契約期間マンション一戸建てドコモ光2年円円ソフトバンク光2年円円ビッグローブ光3年円円@TCOMヒカリ2年円円@nifty光3年円円So-net光プラス2年円円 工事費の残債がかからない点は安心です。しかし、違約金を支払うリスクがあるのは注意が必要です。 解約時に違約金を支払うリスクをなくす方法 もし少しでも短期間で解約する可能性があるのであれば、契約期間の縛りがないサービスを選んでおくのがおすすめです。 なぜなら、縛りなしの光回線サービスなら、いつ解約しても違約金を負担するリスクがないからです。 サービス契約期間解約金エキサイトMEC光なし0円GMOとくとくBB光enひかりDTI光 ちなみに、上記のサービスは全てNTT系の光回線サービスなので、光コンセントがあれば無派遣工事でインターネットを利用し始めることができます。 ※ 縛りなしのサービス比較は以下のページで詳しく解説しています。 関連記事 解約時の負担まとめ 3,300円の工事費を契約時に一括払いしていれば、工事費の残債はかからない。 契約期間のあるサービスを選ぶと約3~5,000円の違約金が解約時に請求される。⇒ 縛りなしの光回線サービスなら違約金0円!