ちょっと待った!So-net光の工事費は無料にできる!

  • Pocket
  • LINEで送る
So-net光の工事費を解説する男性

So-net光(ソネット光)の工事費について調べていると、

  • 複雑でわかりにくい
  • 工事費は結局かかるの?
  • 無料キャンペーンがあるとかないとか、どっちなの?

などと疑問に思ってしまいがちですが、実質的にSo-net光の工事費用は無料にすることが可能です。

当記事ではそんなSo-net光の工事費用に関して押さえるべきポイントを以下の流れに沿って解説していきます。

説明する男性

実質的にSo−net光の工事費用が無料になるとは言っても、知っておくべき大切な項目はあるので確認していきましょう。

So-net光の工事費について解説!

So-net光(ソネット光)の工事費について、以下の順序で解説していきます。

  1. So-net光でかかる工事費
  2. 工事費の支払い方法
  3. 「追加工事費」について
任せてというジェスチャーをする男性

まずはSo-net光の工事費について上記の3つの項目に分けてお伝えしていきます。

そもそも工事費はいくらに設定されている?

So-net光の工事費は通常「24,000円」です。

また、So-net光には「マンションタイプ」と「ファミリータイプ」の2つのタイプが存在しますが、工事費はどちらの場合でも同じ「24,000円」です。

立ち振る舞う女性

どんなときでも工事費は通常24,000円で変わらないのかしら?

Aの札を掲げる男性

珍しいケースですが、建物にある設備の関係上で工事費が変動するケースもあります。しかし、大多数の人は24,000円の工事費になることが多いです。

工事費の支払い方法は30回の分割払いのみ!

So-net光の工事費の支払い方法は「30回の分割払い」のみで一括払いはできません。

つまり24,000円の工事費を開通月の翌月から30ヵ月間にわたって毎月支払うことになります。

説明する男性

『24,000円÷30回払い=800円』ですので、毎月800円の工事費が月額料金に上乗せされて請求されます。

【注意】追加工事費について

土日祝日に工事を希望する場合や、工事を希望する時間帯によっては追加で工事費がかかる場合があります。

不安になる女性

工事日の選び方によってはプラスで料金がかかってしまうこともあるのね!

説明する男性

そうなんです。説明を聞き漏らし、知らないうちに「追加工事費」の請求がされていたという人は多いので注意しましょう。

土日祝日に工事を希望した場合

基本的な工事費24,000円とは別に「3,000円」の追加工事費がかかります。

また、この工事費は分割ではなく開通月の翌月に一括払いで請求されます。

夜間、深夜に工事を希望する場合

夜間や深夜に工事を希望する場合は以下の追加工事費がかかります。

いい感じのポーズをとる男性

西日本、東日本で料金が異なるので注意しておきましょう!

うまく見れない場合はスライドが可能

西日本 東日本
夜間料金
(17:00~22:00)
工事費✕1,3倍+18,000円 工事費✕1,3倍+20,000円
2 深夜料金
(22:00~8:30)
工事費✕1,6倍+28,000円 工事費✕1,6倍+30,000円
悩む女性

深夜にも工事はしてもらえるのね。でも高すぎるわ…。

説明する男性

そうですね。夜間・深夜料金は高額になりがちですので、できる限り避けるべきだと言えます。

年末年始(12/29~1/3)の場合

年末年始に工事を希望すると追加工事費として、8:30~17:00の時間帯も夜間料金となります。

※ 夜間料金は上記の表で確認できます。

工事の訪問時間を指定する場合

工事の訪問時間を細かく指定する場合は11,000円の追加工事費がかかります。

説明する男性

追加工事費を避けるためにも、平日の9:00~17:00に工事を行ってもらうようにしましょう!

So-net光の『工事費を無料にする方法』とは?

これまでお伝えしてきたSo-net光でかかる「24,000円」の工事費を無料にする方法があります。

任せてというジェスチャーをする男性

それは、So-net光特設ページ(公式)にて30,000円キャッシュバックを受け取る方法です。

立ち振る舞う女性

特設ページ?

Aの札を掲げる男性

はい。実はSo-net光は30,000円のキャッシュバックを受け取ることができる特設ページ(公式)を公式に公開しているのです。

立ち振る舞う女性

そうなのね。工事費用は24,000円だからキャッシュバックで全部補うことができるというわけね!

So-net光の工事費を実質無料にするときの注意点3つ

工事費を実質無料にするには、以下の3つの項目に注意する必要があります。

  1. 必ずSo-net光特設ページ(公式)から申し込みをすること
  2. 11ヶ月後に届くメールから手続きをすること
  3. So-net光を30ヶ月利用すること

その1:So-net光特設ページ(公式)から申し込みをすること

30,000円のキャッシュバックを受け取るためには、必ずSo-net光特設ページ(公式)から申し込む必要があります。

困る男性

その他で申し込んだ場合はキャシュバックの受け取りはできません。

そして、受け取り損ねた場合はキャッシュバックで工事費を無料にすることができなくなるため注意が必要です。

その2:11ヶ月後に届くメールから手続きをすること

So-net光公式サイトには30,000円キャッシュバックの受け取り手続きに関する以下の記載があります。

キャッシュバックは、お申し込みから11か月後の15日にSo-netよりキャッシュバックお手続きのメールをお送りしますので、メールに沿って45日以内にお手続きいただきますと、お振込みとなります。

つまり、キャッシュバックを受け取るためには11ヶ月後に送られてくるメールからの手続きが必須だということになります。

説明する男性

受け取り手続きは送られてくるメールに従えば簡単にできます。ただ、11ヶ月後に送られてくることだけは忘れないようにしましょう。

その3:So-net光を30ヶ月利用すること

キャッシュバックの受け取り条件として、30ヶ月の継続利用を約束する必要があります。

とはいえ、So-net光の契約は基本的に30ヶ月の契約期間となっているため、そこまで気にする必要はないでしょう。

また、30ヶ月の継続利用を約束すると、30,000円のキャッシュバック以外にも、

などの月額料金割引キャンペーンも適用することが可能です。

立ち振る舞う女性

月額料金が毎月割引されるのは、お得ね。

キャッシュバックの受け取りが面倒な人は「So-net光(auひかり)」



※一戸建ては4,200円

上記でご紹介した方法はSo-net光でかかる工事費用24,000円を、受け取ったキャッシュバックを使って実質的に無料にする方法でした。

しかし、So-net 光 (auひかり)というサービスあれば工事費用を初めから実質無料にしてくれます。

ですので、わざわざキャッシュバックを受け取る必要もありません。

立ち振る舞う女性

So-net 光 (auひかり)ってSo-net光とは違うの?

説明する男性

So-netだけではなく、KDDI(au)もコラボして提供するサービスなのでまた違います!

このサービスはSo-netとKDDI(au)がコラボして提供しているためauユーザーにとってはお得なサービスになっています。

キャッシュバックの受け取りが面倒な場合はSo-net光(auひかり)を選ぶようにしましょう。

【まとめ】So-net光の工事費を無料にするには…

いい感じのポーズをとる男性

最後にSo-net光の工事費について押さえておくべきポイントを全てまとめました。

  • So-net光の工事費は24,000円で、30回に分けて毎月支払う。
  • しかし、So-net光特設ページ(公式)でSo-net光を申し込んだ場合には、30,000円のキャッシュバックが貰えて工事費が実質無料になる。
  • 「追加工事費」がかかると勿体ないので、申し込むときに出す工事希望日は「平日の9:00~17:00」に指定しよう。
  • Pocket
  • LINEで送る