【2019最新】人気光回線9社の速度比較|実測値データは裏切らない!

  • Pocket
  • LINEで送る
光回線の速度比較に自信のある男性と感心する女性

突然ですが、当記事に来られた方はおそらく「インターネットの速度が遅い…」という苦い経験をしたことがあるのではないでしょうか。

中には「最速の光回線を使っているにも関わらず、速度が遅くて困っている」という人もいるかもしれません。

しかし安心してください。

当ページでは各光回線サービスの、

  1. 公式速度(bps)
  2. 絶対的な速度データ(from 通信速度集計サービス)
  3. 速度に関するリアルな口コミ(from 実際の利用者)

といった3項目を徹底的に分析することで、速度で悩まされないサービスを比較 + ランキング化しました。

当ページを読み進めていただくだけで、

  • インターネット上における検索や画像の読み込みを思うようにサクサクできる
  • 動画・映画視聴時に止まったりすることがなくなり快適になる
  • オンラインゲームやアプリでの動作が快適になることでラグや待ち時間に悩まされなくなる

そんなサービスがすぐにわかるようになります。

いい感じのポーズをとる男性

まずは結果から見ていきましょう!

【決定版】大手光回線9社を速度比較した結果はコレだ!

  1. 公式速度(bps)
  2. 絶対的な速度データ(from 通信速度集計サービス)
  3. リアルな速度に関する口コミ(from 実際の利用者)
任せてというジェスチャーをする男性

上記の3つのポイントを比較して最も速度が安定している光回線はどれなのかランキング形式にしてみました。

※比較調査の過程は全て後述しています。

うまく見れない場合はスライドが可能

順位 サービス名 公式速度 速度
データ
口コミ
1位 NURO光 2G ◎+
2位 auひかり 1G
光コラボの平均的な速度:118.07(Mbps)
ドコモ光 1G
ソフトバンク光 1G
OCN光 1G
ぷらら光 1G
ビッグローブ光 1G
@nifty光 1G
So-net光プラス 1G

光回線の速度ランキングは上記の通りになりました。

冒頭でも記載した通り、ランキング結果は

  1. 公式速度(bps)
  2. 絶対的な速度データ(from 通信速度集計サービス)
  3. リアルな速度に関する口コミ(from 実際の利用者)

を調査した上で作成しています。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

その1.光回線の速度比較を「公式速度」を元に分析したらこうなった。

説明する男性

光回線の中でも人気サービスである9社を厳選し、公式ページに記載されている公式速度(bps)をそれぞれ比較しました。

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス名 通信速度
ドコモ光 1Gbps
auひかり 1Gbps
ソフトバンク光 1Gbps
ビッグローブ光 1Gbps
So-net光プラス 1Gbps
ぷらら光 1Gbps
OCN光 1Gbps
@nifty光 1Gbps
NURO光
(エリア限定)
2Gbps

各光回線の公式ページに記載されていますが、現在使われている光回線の通信速度は主に上記の通り1Gbpsで違いは見られません。

ただ、NURO光だけが2Gbpsになっている点には注目です。

つまり、公式速度だけで比較してみると、NURO光の速度が一番速く、その他のサービスは基本的に全く同じだという結果になるのです。

とはいうものの、NURO光は一部エリアでしか利用ができません。

全国エリアで利用できる光回線は基本的に1Gbpsの公式速度だということも覚えておく必要があります。

【注意】公式速度は絶対に信じてはいけない理由

さきほどご覧になられた1~2Gbpsという数値は、各光回線サービスの公式ページに記載されている「公式速度」と呼ばれる数値となります。

例えば光回線の公式サイトを見ていると「1Gbps!」「光の速さ!」といった言葉が出てきますよね。

しかし、実際にはこれらの公式速度を出すことは99%不可能だと言っても過言ではありません。

不安になる女性

へ?光回線なら全サービス同じ速度が出ると思っていたけど間違いなの…?

Aの札を掲げる男性

はい。通信速度の記載には「ベストエフォート方式」という基準が採用されているからです。

ベストエフォート(方式)を一言で表すと、「記載している通信速度(1Gbps)を出せるように最大限の努力を行いますが、保証はできません」という内容になります。

※プロバイダー、光回線自体の品質、利用者数によって大きく異なる。

悩む女性

ベストエフォート方式は正直言って無責任ね…。

説明する男性

その通りです。その上、どんなサービスであってもベストエフォート方式が採用されているため避けて通ることはほぼ不可能です。

※ベストエフォート方式(型)が気になる人は、「ネットのベストエフォート型ってなに?通信速度が出ない理由を解説。」をご覧ください。

上記に記載したことは、光回線の速度を比較するうえでの必須ポイントとなりますので必ず覚えておきましょう。

「でもそれなら実際に速い光回線サービスを選ぶにはどうすれば良いのか?」

任せてというジェスチャーをする男性

ここからが本題の調査内容です!

「どの光回線サービスが結局のところ安定して速いのか?」を確認していくために以下の2項目を徹底調査してみました。

  1. 絶対的なデータでみる実際に出る回線速度
  2. 口コミで見る実際に出る回線速度

その2.光回線の速度比較を「データ」を元に分析したらこうなる!

この項目では各サービスの速度を把握するときに最も信頼できる「データ」を使って比較をしました。

立ち振る舞う女性

実際にサービスを使っている人が計測した速度データを比べれば、どのサービスの速度が速いのか一目瞭然だということね!

まず、光コラボレーションサービス7社を比較しても大差はほとんどないという結果

以下は「RBB SPEED TEST」のデータを元に取得した数値をグラフ化したものとなります。

人気サービスの通信速度をグラフで確認
人気光回線の通信速度グラフ(11月25日更新)
人気サービスの通信速度を数値で確認

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス名 平均
速度
(Mbps)
11/25 11/19 11/11 11/4 10/28 10/21 10/7 10/2
ぷらら光 208 203 205 209 238 253 229 188 218
So-net光プラス 176 152 149 - - 221 202 234 435
@nifty光 175 150 99 249 155 200 99 76 183
ドコモ光 151 182 149 132 167 133 125 144 121
ビッグローブ光 147 169 - 256 331 278 253 203 227
ソフトバンク光 132 89 137 109 131 116 103 122 97
OCN光 118 78 70 147 97 180 117 78 70

※おおよそ1週間ごとに1つ1つ手作業で入力してデータを取っています → 2018/3より追加更新中

Aの札を掲げる男性

結果的に、NTTの光回線を利用している(俗に光コラボレーションサービスと呼ばれる)サービス各7社に関しては回線速度に大きな違いはありませんでした。

立ち振る舞う女性

平均速度で見れば少し異なるようだけれども、各社とも時期によって回線速度の速い時期があったり、遅い時期があったりするのね。

Aの札を掲げる男性

その通りです。サービス名が違っても、各サービスでは全く同じNTTの光回線が使用されているので大差は出ないのです。

※ 差が出る理由として、利用者の環境や時期によるプロバイダーの設備増強の都合が考えられます。

しかし!auひかりだけは安定して速かった!

「RBB SPEED TEST」にはauひかりの平均速度データが詳しく公開されていないため、auひかりの速度を知るために「The Netflix ISP Speed Index」という速度データ集計サイトを分析してみました。

ちなみに「The Netflix ISP Speed Index」ではゴールデンタイム(ネットの混雑時間帯)に実際に計測された速度データを集めており、運営元は動画配信サービス大手のNETFLIX(ネットフリックス)です。

【※auひかりは一番上のオレンジ線です。】

プロバイダの速度比較をグラフで確認

光回線サービス(1Gbps)の回線速度を1年間収集したデータを元に作成したグラフ(auひかりが断トツで速いことが明らか)

説明する男性

こちらのデータは1年分の速度データとなります!

立ち振る舞う女性

光コラボレーションサービス同士に速度の違いはほとんど見られないけれど、auひかりは時期問わず安定の速さを記録しているのね!

まとめると…

ここまでで、今一番主流である1Gbpsの回線速度を持つサービスを比較してきました。

結果:「auひかり が速く、その他の7社に関してはデータ上において大差はない」となります。

一方で、地域限定の光回線も含めると2Gbpsの「NURO光」が速い

上記で解説してきた1Gbpsが一般的である光回線サービスとは別に、NURO光という地域限定で使える超高速光回線サービス(2Gbps)が今人気になってきています。

「RBB SPEED TEST」で公開されているデータによると、

うまく見れない場合はスライドが可能

計測された機器 回線速度
(Mbps)
計測数
スマホ(WiFi) 113.70 13,273
パソコン 457.68 9,643

となっています。

つまり、平均すると、286Mbpsという驚異の回線速度を実際に出していることになります。

立ち振る舞う女性

最新の技術が用いられているだけあって凄く速いわね!

説明する男性

はい。この回線速度であればどんな利用用途でも今後困ることがなくなると言えるでしょう。

データを元にした光回線速度ランキングをまとめてみた。

うまく見れない場合はスライドが可能

順位 サービス名 速度データ
1位 NURO光 ◎+
2位 auひかり
3位 ぷらら光
So-net光プラス
@nifty光
ドコモ光
ビッグローブ光
ソフトバンク光
OCN光

光回線で実際に出せる回線速度が知りたいという人にとって、データによる分析は一番効率の良い方法です。

そして、このデータによる回線速度調査をまとめると、

  • NURO光が使えるエリアにお住まいの人は「NURO光」がベストな選択
  • NURO光が利用できないなら「auひかり 」がベストな選択
  • 光コラボレーションサービスから選ぶ人は速度面で大差はないので料金を重視すべき

となります。

もし今まで光回線サービスを使っていたけれども「遅い」と感じたことがある人は是非上記の内容を元に選んでみてください。

これからはインターネットの回線速度に困ってしまうような事態を避けることができるようになるでしょう。

では次に、実際に利用している人からの口コミも調査してみました。

速度に関する口コミや評判に関してはデータよりも信頼性が低く、曖昧な一面もあるのですが、気になってしまう人も多い項目なので調査してみました。

その3.光回線の速度比較を「口コミ・評判」を元に分析したらこうなる!

説明する男性

口コミや評判を以下のように「◎〜△」で表し、ランキングとしてまとめてみました。

  1. ◎=「速い」という口コミが圧倒的多数
  2. ◯=「速い」という口コミが多数
  3. □=「遅い」という口コミはあるものの、気にするレベルではない
  4. △=「遅い」という口コミが目立ち、少しためらってしまう評判

うまく見れない場合はスライドが可能

順位 サービス名 口コミ
評判
1位 NURO光
2位 auひかり
3位 ドコモ光
3位 ソフトバンク光
OCN光
ぷらら光
ビッグローブ光
@nifty光
So-net光プラス

ここでは上記各9社の評判・口コミを過去数か月~1年分を調査した結果をもとに、光回線の業界人として分析しながら解説していきます。

また、具体的な口コミは代表的なものを筆頭に掲載しました。

So-net光(通信速度の評判・口コミ)

口コミから分析した速度の目安=△「遅い可能性あり」

説明する男性

So-net光の口コミ・評判を見る限り、あまりポジティブな意見が見られませんでした。

データ面では問題なかったため、大手SONYグループが提供するSo-net光に対する期待感が大きすぎたとも言えるかも知れません。

@nifty光(通信速度の評判・口コミ)

口コミから分析した速度の目安=△「遅い口コミが目立つ」

説明する男性

「夜になると遅くなる」という声が非常に多かったのが@nifty光。

つまり、混雑時間帯では回線速度が低下してしまい、インターネットの繋がりが悪くなると考えられます。

※基本的に夜のゴールデンタイム(混雑時間帯)においてはどの光回線サービスでも回線速度は低下する傾向にあります。

ビッグローブ光(通信速度の評判・口コミ)

口コミから分析した速度の目安=△「遅い口コミが目立つ」

説明する男性

ビッグローブ光は口コミ自体が他社と比べて非常に少なかったのが印象的です。

悪い評判ほど表に出てくるという性質を考えればビッグローブ光の口コミの少なさは良い意味で捉えて頂いても大丈夫かと思います。

ぷらら光(通信速度の評判・口コミ)

口コミから分析した速度の目安=□「遅い口コミはあるが、気にならない」

説明する男性

まずまずの口コミですね。

  • 光回線の通信速度が遅いという声
  • 光回線の通信速度が速いという声

どちらも同じぐらいの数だけ確認できました。

OCN光(通信速度の評判・口コミ)

口コミから分析した速度の目安=□「遅い口コミはあるが、気にならない」

説明する男性

OCN光に関する速度の口コミでは、

  • 光回線の通信速度が遅いという声
  • 光回線の通信速度が速いという声

が同じぐらいの数だけ確認することができました。

SoftBank光(通信速度の評判・口コミ)

口コミから分析した速度の目安=○「速い」という口コミが多数」

説明する男性

光コラボレーション契約者数2位のソフトバンク光。

回線速度に関する口コミや評判を分析してみると、

  • 光回線の通信速度が遅いという声
  • 光回線の通信速度が速いという声

どちらも同じぐらいの数だけ確認することができました。

補足すると、SoftBankユーザーはセット割引を適用するとプラン内で「光BBユニット」が使えるようになっています。

「光BBユニット」は最新のインターネット接続方式IPv6を無料導入することが可能ですので、SoftBankスマホをお使いの人であれば回線速度向上が見込めると言えるでしょう。

ですので「SoftBankユーザー = ソフトバンク光」で〇の評価となります。

3位:ドコモ光(通信速度の評判・口コミ)

口コミから分析した速度の目安=○「速い」という口コミが多数」

説明する男性

光回線業界No.1シェアを誇るドコモ光。

回線速度に関する口コミや評判を分析してみると、

  • 状況によって回線速度が遅い
  • GMOとくとくBBで回線速度が向上する

という結果になりました。

補足しておくと、ドコモ光はプロバイダー会社を数多くの中から選ぶことが可能になっています。

そして、その中でも大手インターネット会社GMOが運営するプロバイダーを選ぶと、

  • 高性能無線LANルーター(WiFiルーター)が無料で使える
  • 最新のインターネット接続方式「IPv6」が無料で使える

という恩恵を受けることができます。

(実際にGMOが運営するプロバイダー【GMOとくとくBB】でドコモ光を利用している人の声は非常に「良好〇」になっています。)

もし、ドコモ光で高い通信品質を求めるのであれば、「GMOとくとくBBのドコモ光公式サイト」にて申し込むことで高品質通信を逃すことなく実現できるようになるでしょう。

※docomoユーザー以外の人は上記のメリットを受けることができません。

無料利用できる高性能WiFiルーター

BUFFALO製高性能WiFiルーター(WXR1750DHP2)

2位:auひかり(通信速度の評判・口コミ)

口コミから分析した速度の目安=〇「速い口コミが多数」

いい感じのポーズをとる男性

独自回線を使っているauひかりの通信速度は評判が良かったです。

口コミを分析してみても、

  • 速度が速いという声が多い
  • ネガティブな声は、ほとんど無し

という結果になりました。

ちなみにauユーザーはセット割引を活用することで「auひかり 」を格安で利用することができます。

その上、セットで利用することによって、

  • WiFi機能付きの機器が利用可能(無料)
  • 最新のインターネット接続方式が初期装備IPv6(無料)

というメリットを受けることが可能になっています。

つまり、auひかりを申し込んでから面倒な手間や準備なく高速のインターネットをすぐに利用することができるようになるのです。

auひかりで使えるWiFi機能付きの機器

auひかりのホームゲートウェイ

1位:NURO光(通信速度の評判・口コミ)

口コミから分析した速度の目安=◎「速い口コミが圧倒的多数」というレベルの速度

光回線の中で最速と言われる「NURO光」。

Aの札を掲げる男性

NURO光はデータ面でみても速度No.1でしたが、口コミ面でも通信速度はたいへん高評価です。

この理由としては、

  • NURO光は開通と同時に高性能WiFi機能付きのONUが誰でも使えるようになっている
  • 最新の独自技術によって公式速度が2Gbpsで速くなっている

などが挙げられます。

ですので、どんなユーザーにとっても始めから高速のインターネットがつかえるようになっているのです。

NURO光で誰でも使える高性能WiFI機能付きONU

NURO光のONU(光回線終端装置)

≪注意点≫ 光回線の速度に関する口コミを比較する際に大切なこと

光回線の口コミは一見して正しいように思えますが、あくまで口コミです。ネガティブな口コミこそ表立つという側面も忘れないでおきましょう。

いい感じのポーズをとる男性

とはいうものの、光回線にシッカリと向き合っている人であれば口コミを分析することで、メリットやデメリットも見えてくるようになることは確かです。

【2019最新】速度で失敗しない光回線ランキングBEST4選!

説明する男性

できるだけ高速な光回線を使いたい!という人のために「速度重視の光回線ランキング4選」を作成しました。

この項目ではデータや口コミで確認した内容に加え、それだけでは分からないお得情報も合わせて確認することができます。

1位:【エリア限定】速度での悩みが全てなくなる「NURO光」

NURO光は、初期費用実質0円で、SoftBankスマホとセットで毎月安い!
月額料金
4,743
4,743
セット割
SoftBankユーザーのみ
最大1,000円割引/月
工事費用
実質無料
12月
契約特典
設定サポートサービス無料
Web特典
35,000円キャッシュバック

※ キャンペーンの内容および期間は予告なく変更される場合があります。

公式速度が2Gbpsと高速であるうえ、データや口コミ調査でも最高の結果となっているNURO光は以下のエリア限定で利用できる光回線サービスです。

うまく見れない場合はスライドが可能

NURO光 提供エリア(都道府県一覧)
関東地方 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県
東海地方 三重県・岐阜県・愛知県・静岡県
関西(近畿)地方 大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県
九州地方 福岡県・佐賀県
【NEW!】その他 北海道
説明する男性

NURO光が圧倒的に速い回線である理由は、他の光回線サービスとは違ってNTTのダークファイバーと呼ばれる回線を使っているからです。

※現在、ダークファイバーを使って超高速通信を幅広いエリアで利用できる2Gbpsの回線は「NURO光」のみとなっています。

立ち振る舞う女性

でも回線速度が2Gbpsで高速となれば、それに見合ったWiFIルーターや機器を用意するのにまたお金が必要になるんじゃないかしら?

Aの札を掲げる男性

実は、NURO光では開通と同時に2Gbps対応のWiFi機能付きONUが設置されるため、余計な手間やお金はかかりません。

NURO光のONU(光回線終端装置)

立ち振る舞う女性

この機器が標準装備されているなら大丈夫そうね。

Aの札を掲げる男性

はい。普段のネット利用はもちろん、オンラインゲームをする人や4K動画を視聴する人であっても「NURO光」なら快適に動くこと間違いなしだと言えるでしょう。

エリア確認必須のため、以下の手順で申し込みましょう。

  1. 公式サイト(NURO光)でエリア確認をする。
  2. エリア内であればNURO光を申し込んで工事日を決める。
  3. 開通工事が終了すると、すぐに最大2Gbpsの高速インターネットが使えるようになる。

2位:1Gbpsの中でも安定の速さを求めるなら「auひかり」

auひかりは初期費用0円!auスマホとセットで毎月安い。
月額料金
3,800
5,100
セット割
auユーザーのみ
最大1,000円割引/月
工事費用
実質無料
12月
公式特典
違約金キャッシュバック
Web特典
最大52,000円
キャッシュバック

※ キャンペーンの内容および期間は予告なく変更される場合があります。

立ち振る舞う女性

どうしてauひかりは他の光回線サービスと同じ1Gbpsなのに速度が速い結果になるの?

Aの札を掲げる男性

良い質問ですね!auひかりが速いと言われる主な理由には、他社サービスとは違う独自回線を利用していることが挙げられます。

悩む女性

他社サービスとは違う光回線?同じ1Gbpsのサービスといえども、使っている光回線自体が違うってこと?

説明する男性

はい。実のところ光回線は「NTTの光回線」「KDDIの光回線」「電力会社系の光回線」の3種類に分かれているんです。

ドコモ光やソフトバンク光などはNTTの光回線とコラボして提供されているサービス(光コラボ)です。

しかし、光コラボは何百社と存在していることから混雑が起こりやすいです。

一方、auひかりはKDDI独自の光回線を使っています。

そのため、最大速度が光コラボと同じでも混雑しづらいと考えられるのです。

※ ちなみに電力会社系の光回線は、地方限定で提供されているサービスで使われています。

立ち振る舞う女性

なるほど。auひかりではKDDIの独自回線も使われているのね。

なお、auユーザーがauひかりをセットで利用する場合、追加料金なしでWiFi機能が使えるホームゲートウェイが設置されます。

そのため、事前にWiFiルーターを用意したり、ややこしい設定なしですぐにインターネットが利用できるようになります。

※ auユーザーではない人は有料ですので自分でWi-Fiルーターを用意する方がコスパが良いです。

auひかりのホームゲートウェイ

3位:SoftBankユーザーなら「ソフトバンク光」で安くて速い。

SoftBank光は、初期費用実質0円!SoftBankスマホとセットで毎月安い。
月額料金
3,800
5,200
セット割
SoftBankユーザーのみ
最大1,000円割引/月
工事費用
24,000円
12月
公式特典
  • 工事費実質無料
    (乗り換え・引越し限定)
  • あんしん乗り換えサポート
    (違約金/撤去費用キャッシュバック)
  • 開通前WiFi機器0円レンタル
Web特典
33,000円キャッシュバック

※ キャンペーンの内容および期間は予告なく変更される場合があります。

速度比較データでお伝えした通り、光コラボレーションサービス同士では回線速度に大差はありません。

データを見ると、平均速度的に速いサービスを選んだ方が良いとも言えますが、時期によって変動しているため最終的には当てになりません。

しかし、光コラボを選ぶときに安定した通信速度を実現するために重視すべきポイントが1つあります。

それは、次世代インターネット接続方式「IPv6 IPoE」への対応です。

光コラボ(NTTの光回線)は少し特殊で、NTTの基地局内にある網終端装置と呼ばれる箇所で混雑が起こりやすくなっています。

しかし、「IPv6 IPoE」に対応させれば網終端装置を回避してインターネットに接続できるようになるのです。

そして、ソフトバンクスマホをお使いの人がソフトバンク光を選べば「IPv6 IPoE」への対応を実質0円で実現することが可能になります。

その上、ソフトバンクユーザーはソフトバンク光でセット割引を受けることができて毎月の料金も安いです。

立ち振る舞う女性

なるほど。つまり光コラボから選ぶなら、IPv6対応が実質0円で導入できて、セット割引で安くなることが重要なわけね。

いい感じのポーズをとる男性

はい。ですので、最終的にはソフトバンクユーザーは「ソフトバンク光」が一番速くて安いという結論になります。

なお、ソフトバンクユーザーがソフトバンク光を契約すると、以下の「光BBユニット」が実質0円で使えます。

光BBユニット

この光BBユニットは以下の機能を実現します。

  • IPv6 IPoEへの対応
  • LANケーブルの接続が可能(有線ポート4つ有)
  • WiFiを飛ばす。
  • 開通工事後に設定不要ですぐに使える。

3位:docomoユーザーはドコモ光(GMOとくとくBB)で快適な通信。

ドコモ光は、docomoユーザーは間違いない!ドコモ携帯とセットで使うなら他社より安い!
月額料金
4,000
5,200
セット割
docomoユーザーのみ
最大1,000円割引/月
工事費用
工事費無料
12月
公式特典
10,000dポイント
Web特典
  • 15,00020,000
    キャッシュバック
  • 高性能WiFiルーター0円
    (14,300円相当)
  • 訪問設定サポート無料
  • セキュリティ1年間無料

※ キャンペーンの内容および期間は予告なく変更される場合があります。

先述しましたが、1Gbpsの光コラボレーションサービスを比較すると回線速度に大差はほぼありません。

ですので、docomoユーザーが光コラボを選ぶときに重視すべきは以下の2点です。

  1. IPv6 IPoEが0円で導入できるかどうか
  2. セット割引が使えるかどうか

これらを満たすのがドコモ光です。

補足として、ドコモ光を契約するときは必ず「GMOとくとくBB」というプロバイダーを選んで特典を見逃さないようにしてください。

特典とは主に以下の2つです。

  • IPv6 IPoE対応高性能Wi-Fiルーター0円レンタル(14,300円相当)
  • 15,000円キャッシュバック

普通にドコモ光を契約してしまうと、自分でIPv6 IPoE対応のWiFiルーターを有料で購入しなくてはなりません。

また、キャッシュバックも逃してしまいます。

そのため、必ずIPv6 IPoEが0円で導入できるようになる「ドコモ光(GMOとくとくBB)」で申し込むことを忘れないでください。

BUFFALO製高性能WiFiルーター(WSR2533DHP2)

※ 上記画像:0円で使えるようになるIPv6 IPoE対応のBUFFALO製Wi-Fiルーター(14,300円相当)

その他:光コラボレーション各5社について

ご紹介してきた光コラボは大手携帯キャリアを利用する人なら、安くて高速に利用できる有望なサービスです。(NURO光、auひかり、ソフトバンク光、ドコモ光)

一方で、格安SIMをお使いであれば高額なセット割引が使えないので、工事費が無料でIPv6 IPoEも0円で導入できるサービスを選ぶべきです。

そこでおすすめなのが、ビッグローブ光 です。

ビッグローブ光は工事費が実質無料である上に、契約時の特典でIPv6 IPoE対応のWi-Fiルーターもプレゼントして貰えるからです。

\ ランキングで再確認 /
\ IPv6が気になる人へ /
IPv6対応が良い理由と対応サービスも確認できます。
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA