光回線の営業パートナーが凄い!経歴問わず好きな時間に稼げる仕組み

  • Pocket
  • LINEで送る
光回線の営業パートナーについて解説する先生とビジネス上手になりたい女性

自宅のインターネット環境を作りたい人や見直したい人に、光回線を使ったインターネットサービスを紹介するお仕事。

それが、「光回線の営業」です。

現在、自宅で使われているインターネット(固定回線)の7割以上が光回線を使ったインターネットサービスなので、認知度が高く、営業しやすいサービスであることは間違いないでしょう。

2018年6月末時点における光回線(FTTH)の契約数シェア(固定回線部門)

※当ページでは、光回線を使ったインターネットサービスのことを「光回線(サービス)」と呼んでいきます。

また、儲かるか儲からないについて気になっている人も多いと思うので先に結論からお伝えしておくと、

正しい方法を身に着けて実践すれば未経験でも確実に稼げる仕事(ビジネス)と考えています。

その上、学歴や経歴関係なしで営業スキルを磨けば上限なく収入を上げていくことが可能な仕事です。

若い男性の顔

【大学生の場合】

月収:11万円/月

稼働日数:12日/月

勤続:1年目

月間新規開通:6件

ビジネスをする男性の顔

【20代前半の場合】

月収:38万円/月

月間新規開通:20件

稼働日数:20日/月

勤続:2年目

中年男性の顔

【30歳の場合】

月収:47万円/月

月間新規開通:25件

稼働日数:20日/月

勤続:3年目

※実際の光回線営業マンを参考にして作成した月収モデルとなります。上記は超えられるものとして考えてください。

また、光回線の営業を行う時間は基本的には自由なので、

  • 専業でガッツリ稼ぎたい。
  • 大学生だけども、空いている時間に効率よく稼ぎたい。
  • 副業で稼ぎたい。

といった人にはピッタリのお仕事になります。

立ち振る舞う女性

「学歴や経験は関係なく誰でも好きな時間に働ける仕事」ということね。でも、光回線の営業って実際にどんなことをするの?

光回線の営業はどんなことをするの?

光回線の営業は「新規開拓営業」が基本となります。

ここでは光回線営業の中でも1からリスクなしで取り組みやすい訪問営業について解説していきます。

  1. 訪問
  2. ヒアリング
    話を聞いてニーズがあるかを確かめる
  3. 提案
  4. 成立

の4ステップで行います。

1.訪問

お客様宅に伺う光回線営業マン

まず、営業先となるお客様宅へ伺います。

※営業エリアは全国(47都道府県)です。なぜなら光回線インフラは日本全国(47都道府県)の集合住宅&一戸建てで整っているからです。

2.ヒアリング(ニーズを聞く)

光回線の営業マンに話す女性

訪問先で光回線の導入や料金の見直しに興味があるかどうかを聞きます。

3.提案

女性に提案する光回線の営業マン

ヒアリングにてお客様の状況を把握し、状況に合った提案を行います。

4.成立

営業マンに光回線の契約を依頼する女性

こちらの提案にお客様が納得して頂ければ、交渉成立となります。

まとめると、

一般の人々に光回線サービスの提案をする仕事が「光回線の営業」となります。

1つしかない自社の光回線サービスを強引に勧誘したりするなど、悪質な営業が存在するのは確かですが、

今から光回線の営業を始める人であれば、様々なサービスの中からお客様にとって最適なサービスを提案できる環境があります。

つまり、お客様の状況に合わせてサービスを提案するだけで交渉が成立するとも言えます。

また、そうすることで多くの契約獲得につながるため、稼ぎも日に日に伸びていく仕組みです。

難しいことは一切不要。未経験でもできる理由。

上記でご覧いただいた通り、光回線の営業はあくまで光回線サービスの紹介です。

※紹介:光回線サービスを運営している会社と人々を繋ぐこと

ですので、成約したあとの光回線導入工事など、専門知識が必要なことは工事担当者の方がやってくれます。

また、実際にお客様が光回線サービスを使い始めてからの疑問解決などは、基本的に光回線サービスを運営する会社が担当してくれます。

つまり、光回線の営業で行うのは、お客様と光回線サービスをつなげることだと言えます。

説明する男性

もちろん、サービスを紹介できる知識は必要となります!ただ、他の職種と比べて圧倒的に簡単な内容ですので未経験でもすぐに覚えることができます。

営業パートナーの仕組みを活用しよう!光回線の営業を始める2つの方法。

光回線の営業を始める方法には、

  1. パートナー契約をする
  2. 代理店の従業員になる(雇ってもらう)

上記の2つがあります。

ここで面白いのは、必ずしも雇われて勤務する必要はないということです。

詳しく順番に解説していきますね。

1.パートナー提携・契約をする

光回線サービスのパートナー関係

  • 将来的に起業したいと考えている人
  • すでにビジネス仲間がいて、みんなでビジネスがしたい人
  • 既に光回線の代理店で勤務しているが、1件単価が少ない人
  • 法人・個人事業であり、光回線サービスを販売したい人
  • とにかく新事業を立ち上げたい人

上記すべての人におすすめなのが、パートナー提携をして光回線の営業を行う方法です。

光回線のパートナー提携で稼ぐ仕組みを分かりやすく解説。

ビジネスマン

ボクは営業をしてお金を稼ぎたい。でも売る商品やサービスがない。

企業

私の会社では、取り扱っている光回線サービスの契約数を増やしたいと思っています。

上記のように、自分が光回線サービスという商品を持っていなくても、光回線サービスを既に販売している会社があります。

話は簡単ですね! 光回線サービスを販売している会社とパートナーになればよいのです。

ビジネスマン

では、あなたの会社の光回線を販売することに協力します!ですので、報酬として1件成約したら〇万円頂けませんか?

企業

わかりました! それではあなたが営業活動を始められるように必要な資料は準備しますね!

あまり知られていませんが、上記の形で光回線の営業が行えるようになります。

営業先は無限大。

当ページでは光回線の営業方法として訪問営業を代表例として挙げました。

しかし、このパートナー契約を結べば、光回線サービスを売る相手に決まりはありません。

自宅で一番人気のインターネットとなれば友人や知り合いでも需要はありますし、

もし、顧客をすでにお持ちであればついでに契約を取ってきても大丈夫です。

自分が使うなら自分で契約しても大丈夫です。

販売経路は自由で、自分が好きなように好きなときに光回線サービスの契約を取ってきて、報酬がもらえるようなビジネスの1つだと考えてください。

2.代理店の従業員になる(雇ってもらう)

※キャラクターはあくまでも例です。

光回線サービスを取り扱う代理店に営業マンとして加わる

  • 起業の予定はなく、従業員として稼ぎたい人
  • 学生のうちに営業スキルを身につけて、正社員並みに稼ぎたい人

上記の人におすすめなのが、従業員として光回線の営業を行う方法です。

今すぐ始めよう!光回線サービスの営業活動。

光回線の営業を始めるのに学歴や経歴は関係ありません。

なぜなら、実際に光回線の営業マンとして働いている人の多くが高卒でも大卒でも関係なく、稼げているからです。

また、光回線サービスは日本全国47都道府県でサービス提供されているため、営業活動はどこでも可能です。

もし当ページを読んで光回線の営業に可能性を感じたのであれば、すぐにでも教えて頂ければ嬉しく思います。

「ビジネスの一環として光回線サービスを取り扱いたい」といったケースでの活用はもちろん、

「営業の仕事を経験して実践的な力を身に着けたい」といった気持ちがある人なら特に重宝されることは間違いないでしょう。

  • Pocket
  • LINEで送る