本当に損しない?enひかりの評判・料金・速度を徹底調査した結果。

  • Pocket
  • LINEで送る
enひかりの評判・料金が大丈夫かどうか説明する先生と不安になっている女性

enひかりは、業界最安値水準の料金 + 契約期間なし(縛りなし)の光回線で今注目のサービスです。

しかし、いざ検討してみると「本当にenひかりは大丈夫なの?」「損しないの?」と、疑問や不安を感じている人も多いのではないでしょうか?

ですので、当ページでは

  • enひかりの料金は本当に安いのか?(月額料金・工事費用)
  • enひかりの回線速度は大丈夫か?
  • enひかりにデメリットはないのか?

を、口コミ・評判も合わせて解説していきます。

説明する男性

読み終わるころにはenひかりを契約すべきか、すべきでないかが分かるようになります。

enひかりの月額料金って本当に安いの?他社光回線との比較でわかる事実。

うまく見れない場合はスライドが可能

enひかりのロゴ
マンションタイプ
(集合住宅)
ファミリータイプ
(一戸建て)
月額料金 3,300 4,300
説明する男性

まず、結論からお伝えすると、enひかりの月額料金は業界最安値水準の安さです。

以下にて、他社光回線サービスと比較し、enひかりが他社よりどのくらい安いかわかるようまとめました。

enひかりの月額料金を他社光回線サービスと比較

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス名 月額料金
マンション
月額料金
ファミリー
ドコモ光 4,000 5,200
ソフトバンク光 3,800 5,200
auひかり 3,800 5,200
ビッグローブ光 3,980 4,980
So-net光
プラス
4,480 5,580
@nifty光 3,980 5,200
OCN光 3,600 5,100
ぷらら光 3,600 4,800
DTI光 3,600 4,800
各社平均額 3,871 5,118

下矢印

月額料金
マンション
月額料金
ファミリー
enひかり 3,300 4,300
平均との差額 571円安い! 818円安い!
Aの札を掲げる男性

上記の表の通り、enひかりの月額料金は他社サービスよりも圧倒的に安いということがわかります。

enひかりは工事費用は15,000円。無料にならない…?

説明する男性

enひかりでかかる工事費用を他社光回線の工事費用と比較してみましょう。

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス名 工事費
マンション
工事費
ファミリー
enひかり 15,000円 15,000円
ドコモ光 0円キャンペーン中 0円キャンペーン中
ソフトバンク光 24,000円 24,000円
auひかり 実質無料 実質無料
ビッグローブ光 実質無料 実質無料
So-net光プラス 24,000円 24,000円
@nifty光 15,000円 18,000円
OCN光 15,000円 18,000円
ぷらら光 15,000円 18,000円
DTI光 15,000円 18,000円

※ 2019年4月現在

光回線サービスの工事費用の相場は、

  • マンションタイプ:15,000
  • ファミリータイプ:18,000

ですので、enひかりの工事費は、ほぼ相場通りと言えます。

悩む女性

でも、工事費用が実質無料になるサービスがあることを考えると、enひかりの工事費は高く感じるわね…。

説明する男性

その通りです。

しかし実は、今だけ期間限定で工事費用がお得になるキャンペーンが実施されています。

【期間限定】enひかりの新規工事費半額キャンペーンについて

enひかりを2019年5月31日までに新規で申し込んだ人限定で、工事費が半額になるキャンペーンを実施しています。

ちなみに、enひかりの工事費用は工事内容により以下のように異なります。

工事内容 工事費
派遣工事
(屋内配線新設あり)
15,000円
⇒7,500円
派遣工事
(屋内配線新設なし)
7,600円
⇒3,800円
無派遣工事 2,000円
⇒1,000円
説明する男性

工事内容がどれになるかは申し込み後でないとわかりませんが、キャンペーン期間中は最大7,500円の工事費で済みますのでお得です。

※ちなみに、enひかりの工事費用の支払いは一括払いのみとなっています。

enひかりの回線速度(品質)は大丈夫?口コミ・評判を調査してみた。

結論から言うと、enひかりは光回線サービスなので有名なドコモ光やソフトバンク光といったサービスと回線速度や品質に大差はありません。

ただ、(プロバイダーによって)多少の差は出てくるものです。

そのことを踏まえて、実際の利用者の口コミや評判をもとに快適に利用できているのか確認していきましょう。

中には満足できてない人もいたが、速度が速いという声が多かった。

enひかりの速度に関して遅いという口コミはほとんど見られません。

口コミを見ていると、基本的に50Mbps以上は出ていることからどんな利用用途でも快適に使えることが多いでしょう。

インターネットの利用で必要な回線速度の目安
利用目的 回線速度の目安
Webページの閲覧 100Kbps~3Mbps
音声通話 10~100Kbps
ビデオ通話 300Kbps~2Mbps
動画・映画の視聴
(高画質)
3~5Mbps
アプリのダウンロード 1~5Mbps
オンラインゲーム 128Kbps~4Mbps

※上記の数値は各公式ページに記載されているものがメインですので、データとしては信憑性が最も高いです。

【詳細ページ:回線速度の目安はどのぐらい?快適な通信速度を目的別に確認しよう!

もし、万が一遅くてもIPv6を使えば改善できる。

基本的にenひかりは光回線なので速いのは間違いありません。

しかし、契約後に万が一遅くても改善することも可能です。

なぜなら、enひかりでは最新のインターネット接続方式(IPv6)が利用できるからです。

※enひかりのIPv6に関しては詳しく後述します。

enひかりの口コミや評判からわかるその他の特徴

enひかりの月額料金・工事費・速度についてはお伝えしてきましたが、その他にもenひかりには以下3つの特徴があります。

  1. いつ解約しても解約金がかからない。(縛りなし)
  2. 最新のインターネット接続方式(IPv6)が使える。
  3. UQ mobileユーザーは毎月100円割引される。

特徴1.いつ解約しても解約金がかからない。(縛りなし)

説明する男性

enひかりは契約期間がない、縛りなしの光回線サービスです。

光回線サービスは、以下の通り2年契約や3年契約といった契約期間が設けられていることが一般的です。

うまく見れない場合はスライドが可能

サービス名 一般的な
契約期間
解約金
マンション ファミリー
ドコモ光 2年 13,000 8,000
ソフトバンク光 2年 9,500 9,500
auひかり 2年 7,000 9,500
ビッグローブ光 3年 20,000 20,000
So-net光
プラス
3年 20,000 20,000
@nifty光 2年 9,500 9,500
OCN光 2年 11,000 11,000

※基本的に各サービスとも上記の契約期間(最低)が設けられています。契約期間のないプランもありますが、選んでしまうと月額料金が大幅にアップする仕組みになっています。

また、上記のように契約期間が設けられている場合、期間中に解約すると7,000円~20,000円の解約金が請求されます。

しかし、enひかりは契約期間がないことはもちろん、解約時に解約金が請求されることもありません。

説明する男性

つまり、enひかりはいつ解約しても解約金が0円の光回線サービスなのです。

笑顔で安心する女性

契約期間に縛られることがないうえに、解約金を支払うリスクもないのは安心ね。

特徴2.最新のインターネット接続方式(IPv6)が使える。

enひかりでは最新の接続方式であるIPv6を利用することができます。

説明する男性

IPv6を利用することで、通常よりも速い回線速度を実現させることができます。

立ち振る舞う女性

最新のインターネット接続方式(IPv6)を利用するにはどうしたらいいの?

Aの札を掲げる男性

enひかりで最新のインターネット接続方式(IPv6)を利用するには、月額180円でオプションに加入する必要があります。

うまく見れない場合はスライドが可能

タイプ ①+②
月額料金(/月)
①基本料金 ②オプション料金
マンションタイプ 3,480 3,300 180
ファミリータイプ 4,480 4,300
説明する男性

オプション料金は180円/月と安いので、enひかりの基本料金と足しても、他社光回線サービスよりもお得です。

また、enひかりでIPv6の利用するために加入するオプションには、「v6プラス」と「transix」の2種類があります。

立ち振る舞う女性

「v6プラス」と「transix」って何が違うのかしら?

「v6プラス」と「transix」はIPv6が使える点や料金はどちらも同じですが、利用できる機器が以下のように異なります。

  • v6プラスを利用する場合
    └ NTT東日本/西日本のホームゲートウェイもしくは、v6プラス対応のルーター機器
  • transixを利用する場合
    └ DS-Lite対応のWiFiルーター機器

※必ず、申し込むオプションに合わせた機器を準備する必要があります。

説明する男性

つまり、enひかりではIPv6を2種類のサービスから選べるので、

  • v6プラスで満足できなかったら、transixを利用する
  • transixで満足できなかったら、v6プラスを利用する

といった利用が可能なのです。

ちなみに、2019年4月現在、enひかりの申し込みと同時にv6プラスを申し込むとv6プラス対応無線LANルーターをプレゼントしてくれるキャンペーンを実施中です。(~3/31まで)

説明する男性

ですので、enひかりでIPv6の利用を検討しているのであれば、まずは「v6プラス」のオプションを選ぶことでお得に快適なネット接続を体感することができます。

特徴3.UQ mobileユーザーは毎月100円割引される。

enひかりでは、UQ mobileユーザー限定で、enひかりの月額料金から毎月100円割引してくれる「勝手に割り」を実施しています。

うまく見れない場合はスライドが可能

タイプ ①-②
月額料金(/月)
①基本料金 ②勝手に割り
マンションタイプ 3,200 3,300 100
ファミリータイプ 4,200 4,300
立ち振る舞う女性

業界最安値水準で安い月額料金が、さらに安くなるわね!

説明する男性

そうですね。現在、UQ mobileを利用中の人も、これから利用を始める人もお得になる割引キャンペーンです。

【注意】enひかりで注意すべき2つのデメリットとは?

enひかりを検討している人は以下2つのデメリットを確認しておく必要があります。

  1. 長期利用(2年以上)では他社と比べて特典が少ない傾向にある。
  2. docomo・au・SoftBankユーザーのセット割引が活用できない。

デメリット1.長期利用(2年以上)では他社と比べて特典が少ない傾向にある。

enひかりでは2019年4月現在、工事費が半額になるキャンペーンを行っていますが、その他の契約特典やキャッシュバック特典などはありません。

一方で、光回線サービスの中には2年以上の契約期間があるものの、契約時に工事費が無料になったり、現金やゲーム機などの特典を受け取ることができるサービスもあります。

ですので、長期的な利用(2年以上)でインターネット契約を検討している人は、契約特典が多いサービスを選ばなければ、損をしてしまう可能性もあるのです。

デメリット2.docomo・au・SoftBankユーザーのセット割引が活用できない。

enひかりでは、docomo・au・SoftBankユーザー向けのネットとスマホのセット割引を適用させることができません。

説明する男性

例えば、docomo・au・SoftBankユーザーは、対象のネット回線を申し込むと以下のように毎月割引が適用されます。

うまく見れない場合はスライドが可能

携帯会社 セット割引
(/月)
ネット回線
docomo 最大1,600円
  • ドコモ光
au 最大2,000円
  • auひかり
  • ビッグローブ光 など
SoftBank 最大1,000円
  • ソフトバンク光
  • NURO光

しかし、enひかりではdocomo・au・SoftBankユーザーが適用できる割引はありません。

ですので、docomo・au・SoftBankユーザーで家族も同じ携帯会社を利用していたり、長期的にインターネットを利用する予定という場合は、セット割引の適用ができないenひかりは損をしてしまうこともあるのです。

【結論】enひかりがおすすめの人・おすすめできない人はこんな人!

最後に、enひかりに関する情報と評判をまとめたうえで、

  • enひかりがおすすめできない人
  • enひかりがおすすめの人

を確認できるようにまとめました。

まず、enひかりがおすすめできない人はこんな人!

  • インターネットを長期的に利用する予定のdocomo・au・SoftBankユーザー

enひかりには、docomo・au・SoftBankユーザーがお得にネット契約をするポイントにもなっている、スマホとネットのセット割引がありません。

つまり、docomo・au・SoftBankユーザーがenひかりを選ぶと、

  • docomoユーザー × ドコモ光
    = 最大1,600円/月の割引
  • auユーザー × auひかり
    = 最大2,000円/月の割引
  • SoftBankユーザー × ソフトバンク光
    = 最大1,000円/月の割引

といった毎月の割引を受けることができなくなってしまうのです。

また、実際にセット割引を適用させた実質的な月額料金と、enひかりの月額料金を比較してみると、セット割引のお得さは一目瞭然です。

セット割(最大/1人分)を適用した場合の実質月額料金とenひかりの比較
サービス名 マンション ファミリー
enひかり 3,300 4,300
ドコモ光
(docomo)
2,400 3,600
auひかり
(au)
1,800 3,200
ソフトバンク光
(SoftBank)
2,800 4,200
説明する男性

このように、docomo・au・SoftBankのいずれにしても、セット割引を適用するとenひかりの月額料金より実質的に安くなるのです。

ちなみに、このセット割引は家族も同じ携帯会社を利用している場合、家族の分も割引されるお得な仕組みになっています。

ですので、2年以上インターネットを利用し続ける予定のdocomo・au・SoftBankユーザーには、セット割引を適用することができないenひかりをおすすめすることはできません。

当てはまるのであれば、みんなが選ぶおすすめ光回線ランキングでセット割が適用できるサービスを確認しておきましょう。

※docomo・au・SoftBankユーザーでも、2年以内に解約をする可能性がある人は、enひかりがおすすめです。

enひかりがおすすめの人はこんな人!

  • 契約期間に縛られたくない人
  • 転勤がある人
  • 2年以内に解約する予定がある人

enひかりは、

  • 月額料金が最安値水準の安さ
  • 最新のインターネット接続方式(IPv6)の利用可能
  • 工事費割引やWiFiルータープレゼントのキャンペーンあり

といったメリットがあるうえ、契約期間がありません。(縛りなし)

ですので、長期的な利用が約束できない人や、転勤などを控えている人も安心して利用することができます。

説明する男性

月額料金が業界最安値・いつ解約しても解約金がかからないのは大きなポイントでしょう。

契約期間に縛られない快適なネット利用をするなら、enひかりは非常におすすめのサービスの1つだと言えます。

最低利用期間なし・業界最安値のenひかり

月額料金
3,300
4,300
工事費用
15,000円⇒7,500円
※5/31まで半額
4月
公式特典
v6プラス対応
無線LANルーター無料

※ キャンペーンの内容および期間は予告なく変更される場合があります。

縛りのないサービスでenひかりが1番か?

enひかりの最大のポイントは月額料金が安くて、契約期間の縛りがないところです。

ただ、もし契約期間の縛りがないサービスを検討しているのなら以下の記事を確認しておいてください。

光回線の中で契約期間の縛りがないサービスを取り上げて一番お得なサービスを選べるように解説しています。

  • Pocket
  • LINEで送る