auひかりはお得プランAで契約しないと損?標準プランと何が違う?

  • Pocket
  • LINEで送る
auひかりの標準プランとお得プランについて説明する先生と、不安がる女性

auひかりを契約するとき、2つのプランが選べるのでちょっと迷いますよね。

  1. 標準プラン
  2. お得プランA

名前を見る限りでは、明らかにauひかりがオススメしているのはお得プランAに思えます。

ただ、深く考えてみると何か自分が知らないデメリットやリスクもあるんじゃないのか?

そんな風にも思えてきますね。

当ページでは、そんな疑問やモヤモヤをスッキリさせるために、標準プランとお得プランどちらを選べば失敗しないのかを解説します。

auひかりの標準プラン・お得プランAの違いは?

初めに、auひかりの標準プラン・お得プランAの大きな違いは下記の3つです。

  1. 月額料金の違い
  2. 契約期間の有無
  3. おうちトラブルサポートの有無

それぞれどのように異なるのか、解説していきます。

【月額料金の違い】標準プラン VS お得プランA

お住まいのマンションに該当するタイプの月額料金を確認してみましょう。

うまく見れない場合はスライドが可能

契約タイプ お得プランA 標準プラン
タイプG
(16契約以上)
3,800円 4,900円
タイプG
(8契約以上)
4,100円 5,200円
都市機構G
(DX-G)
3,800円 4,900円
都市機構
(DX)
3,800円 3,800円
タイプV
(16契約以上)
3,800円 3,800円
タイプV
(8契約以上)
4,100円 4,100円
タイプE
(16契約以上)
3,400円 3,400円
タイプE
(8契約以上)
3,700円 3,700円
タイプF 3,900円 3,900円
ギガ 4,050円 4,050円
ミニギガ 5,000円 5,000円

※ ネット利用にかかる月額料金

※自分が該当するタイプは「提供エリアの検索|auひかり公式 」にて確認してください。

auひかりで Gが付くタイプ に当てはまる人は、お得プランを選ぶ方が月額料金が1,100円もお得になります。

一方で、それ以外の人は標準プランでも、お得プランAでも月額料金に差はありません。

現時点では、ほとんどの人がGが付かないタイプだと思うので、さらに見ていきましょう。

※タイプGは2018年11月より提供開始 / 都市機構Gは2019年8月より提供開始

【契約期間の有無】標準プラン VS お得プランA

お得プランA 標準プラン
契約期間 2年契約 なし
解約金 7,000円 0円

お得プランAでは 2年の契約期間 があります。

これは、auひかりを契約してから「2年以内は解約やプラン変更せずに使ってね」という意味です。

万が一、途中で解約やプラン変更を行った場合は 7,000円の違約金 が請求されます。

なお、違約金なしで解約できる期間(契約更新月)は、23ヶ月目、24ヶ月目、25ヶ月目の3ヶ月間となります。

※契約更新月に解約しなかった場合、2年の契約期間が再度開始します(自動更新)

立ち振る舞う女性

つまり、お得プランAは2年契約になるのね。

説明する男性

はい。その一方で、標準プランの場合はいつ解約しても違約金がかかりません。

立ち振る舞う女性

途中で引っ越しがあるかもしれない人は、標準プランがいいわね!

【おうちトラブルサポートの有無】標準プラン VS お得プランA

お得プランA 標準プラン
おうちトラブル
サポート
あり なし

お得プランAでは「おうちトラブルサポート」と呼ばれるオプションが毎月ずっと無料で使えます。

一方で、標準プランの場合はオプションは付いてきません。(つける場合は別途400円/月)

Q. おうちトラブルサポートとは?必要か?

おうちトラブルサポートとは、日常生活でのお困りごとを解消してくれるオプションサービスです。

たとえば、

  • トイレが詰まった!
  • 鍵をなくした!
  • エアコンが故障した!
  • 扉が開けにくい…

などのトラブルがあった場合、一時的な応急対応を行ってくれます。

ただし、あくまでも一時的な応急対応がサポート範囲ですので、部品交換費用は私たちの自己負担となります。

勘が良い人は分かるかと思いますが、インターネットを使う上では無縁のオプションです。

悩む女性

ネットを使う上で必要なオプションではないのね。

「お得プランA」を選んだ方が良いのはこんな人!

  • 「タイプG」「都市機構G」に当てはまる
  • 月額料金を安く使いたい

「タイプG」「都市機構G」に当てはまる人は、お得プランAを選ばなければ月額料金が1,100円も高くなってしまうので注意が必要です。

また、おうちトラブルサポートも一緒に付いてきます。

「標準プラン」を選んだ方が良いのはこんな人!

  • 「タイプG」「都市機構G」に当てはまらない
  • 契約期間なしの方が良い
  • おうちトラブルサポートは不要

上記に当てはまる人は、標準プランを選ぶようにしましょう。

マンションに住んでいるのであれば、引っ越しの可能性もあるので契約期間なしの方が都合がいいと思います。

auひかりは引っ越し先でも継続して利用できますが、引っ越し先のマンションに設備がなければ解約しなければいけないからです。

そんなときのために標準プランを選んでおけば違約金7,000円のリスクをなくすことができます。

※ おうちトラブルサポートが必要ならお得プランAを選んでも良いですが、私はあまりオススメしません。

【注意】標準プランにすると契約者特典が貰えない可能性があるって本当?

ここまで読まれている多くの人は、auひかりを申し込むついでに契約者特典を逃さずに受け取る人が多いかと思います。

たとえばWeb上にあるキャンペーンページや、家電量販店でauひかりを契約することで受け取れる特典です。

  • 現金キャシュバック30,000円~
  • ゲーム機プレゼント
  • パソコン プレゼント
  • タブレット プレゼント

しかし、お得プランAにすると一部キャンペーンページでは契約者特典がもらえなくなってしまう可能性があります。

なぜなら、契約者特典を受け取るにはお得プランAに加入するという条件付きのケースも多いからです。

慌てる男性

このようなケースでは、「お得プランA」を選んだ方がお得になる時があります。

※ お得プランA限定という条件を事前に伝えないところも多いので注意してください。

最後に:業界トップクラスのキャンペーンページは絶対に見逃すな!

最後に、お得プラン・標準プラン問わず、契約者特典が受け取れる信頼のおけるページをご紹介しておきます。

自信を持って絶対に失敗しないと断言できるページです。

  • 受け取り手続きなし
  • 無駄なオプションなどの加入は一切必要なし
  • 最短1ヵ月という早さで受け取れる

※ 各キャンペーンは予告なく終了する可能性があります。

1.auひかりのキャシュバック

説明する男性

このキャンペーンページなら、auひかりの契約者特典で必ず40,000円が受け取れます。

2.ニンテンドースイッチプレゼント

3.プレステプレゼント

立ち振る舞う女性

auひかりの契約者特典でゲーム機も貰えるのね…!

4.iPadプレゼント

Aの札を掲げる男性

auひかりを申し込むときは見逃すことの無いようにしましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る