ポケットWiFiとは? 仕組みや使い方|光回線と比べてどう?

  • Pocket
  • LINEで送る
誰でもわかるようにポケットWiFiを解説する先生と喜ぶ女性

家でも外でもポケットWiFiでネットが使えるようになるとはよく聞きますね!

でも、

  • ポケットWiFiってそもそもどういうもの?
  • 契約しないとネットは使えない?機器だけ買えばいいの?
  • ポケットWiFiを使うには毎月いくらかかる?
  • 本当に快適なネットが使えるの?データ量に制限はない?
  • とにかくポケットWiFiが使いたい!どうしたらいい?

など、調べれば調べるほど疑問が出てくるのではないでしょうか?

ですので当ページでは、ポケットWiFiを検討する前に知っておくべき全知識を正しい順番でまとめました。

悩む女性

ポケットWiFiは調べても情報がバラバラだから、なかなか全体像がつかめないのよね…。

説明する男性

 安心してください!ポケットWiFiについて知っておくべき知識を “正しい順番で誰でもわかるように” まとめています。
 読み終わるころにはモヤモヤがすべてなくなっているでしょう。

ポケットWiFiとは?初心者でもわかる簡単な仕組み。

本題に入る前に、

  • ポケットWiFi
  • モバイルWiFiルーター

の違いってわかりますか?

実は、同じものではないんです。

当ページでは両者の違いをハッキリさせながら、「ポケットWiFiとは?」をサクサク解説していきます。

騙されるな!ポケットWiFiなんて機器は存在しない!

まずはじめに、絶対に知っておくべきことは「ポケットWiFi」という機器は存在しないということです。

そう、みなさんは以下のような機器をポケットWiFiだと思っていませんか?

WiMAX(ワイマックス)の機種「W05」

これは、「モバイルWi-Fiルーター」という機器であり、ポケットWiFiではありません。

では、ポケットWiFiとは一体何者か?

ソフトバンクが売っているモバイルWiFiルーター

2009年から発売されていて、現在ではソフトバンクグループが売っている商品・サービス名です。

正式には「Pocket WiFi」という商品・サービス名です。

ここからが本題:ポケットWiFiを正しく知ろう。

上記で解説したモバイルWiFiルーターという機器は何なのかと言うと、

飛んできた電波をキャッチして、WiFIを飛ばすモバイルWiFIルーター

飛んでくる電波を受け取って、WiFIを飛ばす機器のことです。

何も受信できなければ、役立たず

ですので、モバイルWiFiルーターという機器だけを手に入れても絶対にネットを使えるようになりません。

一方で、ソフトバンクグループが提供するサービス「Pocket WiFi」は、

ソフトバンクグループからモバイルWIFIルーターをレンタルしてくれる

モバイルWiFiルーターという機器をレンタルしてくれる上に…、

ソフトバンクグループはモバイルWiFiルーターに電波も飛ばしてくれる

モバイルWiFiルーターがWiFiを飛ばすのに必要な電波も送ってくれます。

つまり、Pocket WiFiというサービスは、

  1. モバイルWiFiルーターという機器をレンタルしてくれる
  2. レンタルしてくれたモバイルWiFiルーターに、ソフトバンクが持っている基地局から電波を飛ばしてくれる

という2つの作業をセットで提供してくれるサービスのことだと言えます。

(サービスの仕組み自体はみなさんがお使いのスマホと全く同じです。)

そして、ここで押さえて頂きたいのは、

  • モバイルWiFiルーター:ただの「機器」でしかない
  • Pocket WiFi:機器&電波を提供してくれる「サービス」
    またはサービスを受けて提供される商品

ということです。

今でいう「ポケットWiFi」はこういう意味!

ソフトバンクが提供するサービスが「Pocket WiFi(ポケットWiFi)」で、機器&電波を提供してくれることは前述しました。

しかし、このサービスがあまりにも便利だったため、わたしたちは勝手に言葉を作ってしまったのです。

「機器&電波」を貸し出してくれるサービスはすべて「ポケットWiFiだ!」

本来であればPocket WiFi(ポケットWiFi)は旧イーモバイル(現在はソフトバンクグループ)のサービス・商品名だったにも関わらず、

「ポケットに入るサイズの機器でWiFiが飛ばせるようになるサービスはすべて “ポケットWiFi” と考えよう」となったのです。

ですのでポケットWiFiとは、

「機器&電波を提供してくれるサービスの総称」(またはネットが使えるようになっているモバイルWiFiルーターのこと。)

だと考えておけばややこしくなることはありません。

では次に、ポケットWiFiを持つと(サービスを契約すると)具体的にどんなことができるようになるのでしょうか?

※ポケットWiFiを使い始めるための方法は3つありますが、これについては後述していきます。

ポケットWiFiの使い方・活用方法・メリットとは?

ポケットWiFiの主な使い道(1.スマホ 2.パソコン 3.タブレット 4.プリンター 5.テレビゲーム)

この章では、みなさんが実際にポケットWiFiを契約して持ち始めてから、

  1. どんなシーンで使えるか?
  2. 具体的に何ができるようになるか?

が分かるようにお伝えしていきます。

※ちなみに、これから使う「WiFi」という言葉は「無線でネットに接続できるようになるもの = 無線のネット環境」という意味です。

ポケットWiFiがあれば家でも外でもWiFiがつかえる

基本的にポケットWiFiがあれば家でも外でも24時間インターネット接続(WiFi環境)に困ることがなくなります。

ここでは具体例をいくつかご紹介していきます。

テーブルの上でポケットWiFiを使いながらパソコンを利用
自宅はもちろん、カフェ・職場・学校などで、パソコンをネットにつないで使える。
外出先でカバンにポケットWiFiを起動させておくだけで、スマホにWiFIが繋がり続ける
自分の近くにポケットWiFIを置いておくだけで、スマホがWiFiにつながる。(スマホのデータ量が減らない・通信制限にかからない)
スマホ・タブレット・パソコンで動画再生
データ容量の制限なしで、スマホ・タブレット・パソコンで動画または映画視聴が楽しめる。
ポケットWiFiを使って無線でプリント
プリンターにもWiFiを繋げば遠隔プリントが可能(コードレス)。

ポケットWiFiの一番大きな特徴は自宅外でもWiFiが使えるようになるというところです。

データ容量の制限なしでインターネットを使うとなれば、自宅に引く固定回線(光回線)をイメージされる方も多いのですが、最近ではポケットWiFiの方が契約数の伸びは良いです。

注目すべき点は「外でもWiFiが使える=スマホのデータ量が減らなくなる」ということ。

外出先でカバンにポケットWiFiを起動させておくだけで、スマホにWiFIが繋がり続ける

外出先でパソコンが使えるようになることは大きなメリットですが、その次に注目すべきは「スマホのデータ量が減らなくなる」というところです。

そう、スマホの契約は使うデータ容量が大きくなればなるほど毎月の料金も上がってしまいますよね。

しかし、ポケットWiFiを持ち歩くことで常にWiFi接続が可能になるため、スマホのデータ容量を使わなくても済むのです。

詳しくは後述しますが、「ポケットWiFiをできるだけ安く手に入れたい!」という人は、スマホの契約プランを見直して、ポケットWiFiの料金に回せば実際に負担する額はほとんどなくなるとも言えるのです。

説明する男性

次に、

  • ポケットWiFiを実際に使い始めるにはどんな方法があるのか?
  • どれぐらい毎月料金がかかるのか?
  • どの方法が最も選ばれているのか?

を解説していきます。

ポケットWiFiを使い始めるための3つの方法と、一番の選び方

まず、ポケットWiFiを使い始めるための方法は3つあります。

  1. サービスを契約する方法:
    サービスを申し込むと、機器が届いてポケットWiFiでネットが使えるようになる
  2. 電波(SIM)だけを契約する方法:
    モバイルWiFiルーター(機器)を一括払いで購入してしまって、電波(SIM)を契約して使えるようにする
  3. 短期レンタルサービスを契約する方法:
    サービスを申し込むと、一定期間だけポケットWiFiが利用できる。

結論からお伝えすると、大多数の人は基本的に1の方法を選んでポケットWiFiを契約しています。

一方で、特殊な利用用途(出張先や旅行先・海外での利用)をする人は2.3も視野に入れるべきでしょう。

ご自身の状況に合わせてお読み頂ければと思います。

1.サービスを契約する方法(ポケットWiFiを使い始める一番人気の方法)

ポケットWiFiのサービスを提供する会社と契約する

ポケットWiFiのサービスを申し込んで契約すると、

  • モバイルWiFiルーターが送られてきて、
  • 送られてきたモバイルWiFiルーターに、基地局から電波を飛ばしてくれる。
  • つまり、申し込むと機器が届いてすぐにWiFiが使うことができるようになります。

また、この方法は安くて簡単で回線品質も良いので、ポケットWiFiを使い始める上で一番人気の方法です(ほとんどの人がこちらの方法でポケットWiFiを使っています)。

また現在、ポケットWiFiを提供する主な会社は以下の5社となっています。

  1. UQコミュニケーションズ(KDDIグループ)
  2. Y!mobile(ソフトバンクグループ)
  3. docomo
  4. SoftBank(ソフトバンクグループ)
  5. au(KDDIグループ)

大手企業が提供するサービスなので安心して契約することができます。

一方で上記以外の大手ではないサービスを選んでしまうと「料金が高い・品質が悪い」などといったリスクが目立ち、快適に使えなくなるケースもあるので注意してください。

料金はいくらかかる?

申し込むサービス・会社によって料金は異なりますが、基本的に以下の料金を参考して頂ければ問題ありません。

月額料金 契約期間 参考元:
無制限プラン 3,281円 2年 UQ WiMAX
(GMOとくとくBB)
7GBプラン 2,681円 2年 UQ WiMAX
(GMOとくとくBB)

※プランごとにおおよそ最安値となります。詳細な料金比較や選び方は後述するページ内で解説しています。

ちなみに、サービスを契約してポケットWiFiを使い始める前には利用頻度(データ量)に合わせてプランを選んでおく必要もあります。

具体的には、

  1. 月間データ容量が無制限のプラン
  2. 月間で使えるデータ容量が決められたプラン
    (7GBまでが主流)

の2種類が主流となっています。

どうやって選べば失敗しない?

  1. データ容量無制限でWiFiをたっぷり使いたいですか?
    → Yesなら、無制限プランを選ぶ!
  2. 毎月少しだけWiFiが使えれば十分ですか?
    Yesなら、月間データ容量が決められたプランを選ぶ

上記を参考にして頂ければ間違いありません。

もし、月間どれだけ使うか分からないという人は、迷わずに無制限プランを選ぶことをおすすめします。

なぜなら月間容量7GBのプランを選んでネットを使いすぎてしまった場合、スマホでもよくある「通信制限」にかかってしまい、ネットが使えなくなるからです。

料金に大差があるわけでもないので、毎月たっぷりと使える無制限プランの方がコスパは良いのです。

無制限プランで一番安いサービスを確認してみよう。
データ量が決められたプランごとで一番安いサービスを確認してみよう。

※恐れ入りますが、こちらは近日公開予定となっています。

説明する男性

次に解説する方法(2.3)は「特殊な利用用途(出張先や旅行先・海外での利用)」向けとなりますので、該当しない方は読み飛ばして次の章へ進むようにしてください。

ちなみに次の章では、

  • ポケットWiFiの速度
  • 他と比べたポケットWiFiの料金の高さ
  • 管理の手間

の3点を今主流のインターネット契約(光回線)と比較しながらお伝えすることで、デメリット・メリットを確認して頂きます。

2.電波(SIM)だけを契約する方法

モバイルWiFiルーターを一括購入し、SIMカードを契約する

これは、

  • モバイルWiFIルーターを通販などで購入し、
  • 格安SIM会社(MVNO)からSIMカードを契約し、
  • 届いたSIMカードをモバイルWiFiルーターに挿入してWiFIを使う

という方法で、ちょっと手間がかかります。

※あまり初心者の方にはおすすめできない方法で、さらにコスパも良くないため読み飛ばして頂いても問題ありません。

かかる料金はいくら?

揃えるもの 料金
1.モバイルWiFiルーター 7,000円~10,000円
(一括払いで購入)
2.データ専用SIM
(無制限プラン)
2,200円/月

モバイルWiFiルーターが一括購入になるので一時的な負担は大きいのですが、毎月かかる料金は3つの方法の中で一番安く済みます(2,200円ほど)。

メリット・デメリット

メリット
  • 毎月の料金が安い
  • 契約期間の縛りがない
デメリット
  • 通信速度がとてつもなく不安定
  • モバイルWiFiルーターを購入する手間がかかる・負担が大きい

致命的なデメリットとして、ポケットWiFiの命である「通信の不安定さ」が目立ちます。

つい最近、管理人は安さに魅了されてこの方法でポケットWiFiを使いはじめました。

カフェにノートパソコンを持っていって、「よし、パソコンで仕事!」とコーヒーを購入して座るまでは良かったのです。

しかし、ネットが全く動かない… 1時間まっても動かない…

そんな日々が続きました。

諦めが悪い管理人は格安SIMの会社が悪かったと思い、違うSIMカードを契約しました。

もちろん結果は変わりません。(DTI、U-mobile、BIGLOBE mobileという大手3社を試しましたが、結局ダメでした。)

ちなみに、ポケットWiFiについて調べるとこの方法に出会ってしまう人もいるかと思いますが、好奇心だけでこの方法を実践するとリスクの方が大きいです。

「時間・お金・精神的なゆとり」を無駄にしたくない人は、やめておきましょう。

3.ポケットWiFiを短期レンタルする方法

ポケットWiFiをレンタルする

  • 旅行先でネット(WiFi)環境が欲しい。
  • 海外に旅行へ行く

という人向けの方法もあります。

サービスを申し込むと、ポケットWiFiが送られてきて、決められた期間だけ利用することができるのです

送料などの兼ね合いで料金は少し割高になりますが、一度きりの利用が必要だという場合はこの方法が最もおすすめです。

光回線と比べてわかる!ポケットWiFiのデメリット・メリット

ご存知の方も多いかと思いますが、私たちが契約できる最も主流のインターネットサービスは主に以下の2種類です。

  1. 光回線サービス
  2. ポケットWiFi

ここではポケットWiFiを検討する人が、

  • 料金の比較
  • 速度の比較
  • 管理の手間を比較

といった重要ポイントを確認しながらポケットWiFiのデメリット・メリットを知って頂ける内容にまとめました。

また、光回線サービスはデータ容量無制限なので、それに合わせてポケットWiFiも無制限プランとして比較していきます。

【料金の比較】ポケットWiFiも光回線も大差はない。

光回線の料金はマンションと一戸建てで異なるため、ここではお住まいごとに解説していきます。

お住まいがマンションの人

表はあくまでもデータとして載せていますので、結論だけ見て頂いて大丈夫です。

具体的な
サービス名
月額料金 工事費用 契約特典(最大)
ポケット
WiFi
UQ WiMAX (GMOとくとくBB) 3,281円 工事なし
  • 24ヵ月間月額割引
    ※表中は割引適用済の記載
  • セット割引(最大1,000円割引)
    ┗ auスマホが対象
Y!mobile 4,380円 工事なし
  • 1~3ヵ月だけ685円割引
  • セット割引(500円割引)
    ┗ Y!mobileスマホが対象
光回線
サービス
3,300円 15,000円 なし
ドコモ光 4,000円 15,000円
  • 15,000円キャッシュバック
  • セット割引(最大1,600円割引)
    ┗ docomoプランで変わる
ソフトバンク光 3,800円 24,000円
  • 32,000円キャッシュバック
  • セット割引(最大1,000円割引)
    ┗ SoftBankスマホ台数分
auひかり 3,800円 実質無料
  • 45,000円キャッシュバック
  • セット割引(最大2,000円割引)
    ┗ auスマホ台数分

正直なところ、ご利用のスマホ会社によってセット割引があるので、比較しづらいかと思います。

しかし、ポイントだけまとめると、

  • ポケットWiFiは工事(費用)なしで月額料金が安い
  • 光回線は工事(費用)があるが、家族で同じ携帯会社を使っている場合は毎月のセット割引額が増えて安くなり、契約特典も多い。

となります。

ですので、マンションで一人暮らしをしている場合はポケットWiFiの方がお得な料金で使える傾向があるが家族で暮らしている場合は光回線の方が最終的に安くなることが多い。

というのが結論です。

しかし、表中の月額料金を見ていただいても分かる通り、料金面ではそこまで大差がないため、料金だけで比較するのはおすすめできません。

お住まいが一戸建ての人

表はあくまでもデータとして載せていますので、結論だけ見て頂いて大丈夫です。

具体的な
サービス名
月額料金 工事費用 契約特典(最大)
ポケット
WiFi
UQ WiMAX (GMOとくとくBB) 3,281円 工事なし
  • 24ヵ月間月額割引
    ※表中は割引適用済の記載
  • セット割引(最大1,000円割引)
    ┗ auスマホが対象
Y!mobile 4,380円 工事なし
  • 1~3ヵ月だけ685円割引
  • セット割引(500円割引)
    ┗ Y!mobileスマホが対象
光回線
サービス
4,300円 15,000円 なし
ドコモ光 5,200円 18,000円
  • 15,000円キャッシュバック
  • セット割引(最大1,600円割引)
    ┗ docomoプランで変わる
ソフトバンク光 5,200円 24,000円
  • 32,000円キャッシュバック
  • セット割引(最大1,000円割引)
    ┗ SoftBankスマホ台数分
auひかり 5,200円 実質無料
  • 50,000円キャッシュバック
  • セット割引(最大2,000円割引)
    ┗ auスマホ台数分

一戸建てにお住まいの人は、光回線の方が月額料金は高く見えます。

しかし、複数の家族で同じ携帯会社を利用しているなら、スマホ × 台数分のセット割引が毎月適用できるため、「光回線もポケットWiFiも料金に大差はなくなる。」というのが結論です。

【速度の比較】どちらも速度は十分だが、用途によっては光回線の方が良い。

ジャンルごとにみなさんが使えるようになる目安速度(公表されている理論値・下り)を記載していきます。

また、比較の目安としてケーブルテレビのインターネット(固定回線)も含みました。

通信速度 ネトゲー利用
(速度よりもPING値が関係)
光回線(FTTH) 1Gbps
ポケットWiF 440Mbps
ケーブルテレビの
ネットサービス
~320Mbps

光回線は通信速度が最速で、ネトゲーに必要なPING(応答速度)も良好であるため、どんな利用用途でも対応しています。

※PINGはネトゲーに大きく影響しますが、通常の利用では通信速度が影響します。

一方でポケットWiFiでは、おおよそ光回線の半分の速度が出ます。

しかし、ここで押さえて頂きたいのは1つだけ。

光回線もポケットWiFiも日常利用で必要とされる通信速度は十分に出るということ。

うまく見れない場合はスライドが可能

利用目的 回線速度の目安
Webページの閲覧 100Kbps〜3Mbps
音声通話 10〜100Kbps
ビデオ通話 300Kbps〜2Mbps
動画・映画の視聴 0.5〜25Mbps
アプリのダウンロード 1〜5Mbps
オンラインゲーム 128Kbps〜4Mbps

詳しくは「回線速度の目安はどのぐらい?快適な通信速度を目的別に確認しよう!」にて調査しましたが、ポケットWiFiでも光回線でも日常利用で必要な速度は十分に足りていることがわかりました。

ただ、パソコンやプレステ等のゲーム機でネトゲーをする人は注意してください。

スマホアプリなどであれば大丈夫ですが、ネトゲーではPING(応答速度)が重要になるからです。

また、現存する個人向けサービスでPINGが良好なのは「光回線サービス」のみとなります。

上記を踏まえての結論は、

  • ポケットWiFiでも光回線でも通信速度は十分に足りている。
  • しかし、ネトゲーをメインにする人はポケットWiFiでは厳しい。
  • また、大容量のファイルを頻繁にダウンロードする予定の人はポケットWiFiでは厳しくなる。

と言えるでしょう。

※通信速度は必要な速度さえ満たしていれば十分です。なぜなら速ければ速いほど体感速度が速くなるとは言えないからです。

【管理の手間】圧倒的にポケットWiFiの方が良い。

光回線サービス
開通時
  1. 申し込んで工事日を決める
  2. 派遣工事のあと開通
契約中 家でネットが使える
引越し
  1. 継続手続きで工事日を決める
  2. 派遣工事のあと開通

自宅のみネットが使えるようになる光回線サービスは、申し込み時にオペレーターと工事日・開通日の日程を相談します。

そして、工事開通日当日になると、工事担当者が家に派遣されて工事が始まります(立ち合いの工事)。

工事が終わるとインターネットはすぐに開通しますが、引越しのときにまた同じ流れが必要となります。

→ 引越しの可能性がある人はちょっと大変です。

ポケットWiFi
開通時 申し込むだけで機器が届いて使える
契約中 家でも外でもネットが使える
引越し ネット上で住所変更

一方でポケットWiFiは工事が不要なので、申し込むと機器が届いてすぐにインターネットがつかえるようになります。

また、引っ越し時はネット上で住所変更をするだけでOKです。

管理が楽なうえに、家でも外でもネットが使える。

まとめ

Pocket WiFiはイーモバイル(現ソフトバンクグループ)が2009年に提供を開始したサービス・商品名でした。

そこから、ポケットサイズでWiFiが飛ばせる機器をわたしたちは「ポケットWiFi」だと呼ぶようになっていきます。

また、当時では割高なイメージがつきものだったのですが、現在では技術の向上や提供する会社が増えたことによって私たちは最高のコスパでポケットWiFiが使えるようになっています。

この機会に少しでもポケットにWiFiに興味を持って頂き、快適なネット生活を送られることを楽しみにしています。

\ 家でも外でも無制限! /
ポケットWiFi生活を始めよう!
\ 各社のサービス比較はこちら /
  • Pocket
  • LINEで送る